2020年08月08日

中国ドラマ〈独孤伽羅(原題 独孤天下)〉キャスト・あらすじ第33話


独 孤 伽 羅
(原題 独孤天下)


9C7162FA-E806-4B00-8E90-03E4030FE41F.jpg
©️中国 腾讯视频 2018



キャスト

独孤家三女 独孤伽羅 (隋 文献皇后) 
/胡冰卿 フー・ビンチン

独孤家長女 独孤般若(北周 明敬皇后) 
/安以軒 アン・アン 〈特别主演〉

独孤家二女 独孤曼陀(唐 高祖 李淵生母)
李依暁  リー・イーシャオ









隋文帝 楊堅/張丹峰 
北周 太師 宇文護/徐正溪
北周 武帝 宇文邕/應昊茗
北周 明帝 宇文毓/鄒廷威
八柱国 丞相 独孤信/黄文豪
隴西郡公 李昞(李淵 父) /盧星宇
北周 孝閔帝 宇文覚/李瑞超
楊麗華(歴史上 独孤伽羅 長女)/郜思雯 
北周 宣帝 宇文贇(宇文邕 長子)/劉帥 
驃騎大将軍 哥舒/趙毅新
北周 四品女官 王氏/張茜
北斉 女相 陸貞(高湛情人) /呂一 
北魏 孝武帝 元修/馬敬涵
八柱国 随国公 楊忠(楊堅 父)/盧慶輝 
北周 武帝皇后 阿史那云/黄梓熙
唐国公 李澄(李昞長子李淵 兄) /強宇
鄭榮/馬昂
鄭榮 妻 冬曲(伽羅侍女)/馬菲
独孤信 五男 独孤順/田渤 
独孤般若侍女 春詩/袁暁旭
独孤曼陀侍女 秋詞/于小琬
独孤曼陀侍女 王氏/張茜
独孤曼陀乳母 馬氏/劉莉莉
独孤家管家/姚建明
寧都王府侍女 春叶 /李昊阳
宇文邕従者 何泉/顧乙亮
清河郡主 太師夫人 /任媄熙 
八柱国 楚国公 趙貴 /施宁 
隴西郡公側室 馮氏 /尹姍姍
隴西郡公側室 裴錦娘/姜析源
尉遅康/周斌
北周 孝閔帝皇后 /楊采盈
京兆尹 杜校尉/郭偉
北周 宣帝妃  朱滿月(宇文闡 生母) /朱笛児
阿娜/彭思琪
北周 武帝妃 李娥姿(宇文贇 生母 )/張子璇 
独孤伽羅長子 楊勇/楊作燦
唐高祖 李淵/陳柯帆
八柱国 尉遲迥(宇文泰 甥)/于子寬
北斉 武成帝 高湛(陸貞情人)/王争
楊夫人/上官瞳
北周 文帝 宇文泰/蘇茂
姚夫人/譚琍敏
宇文護世子/王羿鵾
尉遅繁葉/李依曉





南北朝時代はまさに乱世。
西暦534年北魏の孝武帝は権臣 高歓を討とうとし失敗。大将軍 宇文泰を頼るため長安へ向かった。
途中襲撃に遭うが、間一髪の所で大将軍 独孤如願に助けられる。
孝武帝は立ち寄った寺の壁に書かれた文字に目を止める。それは関中の習わしで、占い用の竹のくじを引き壁に書かれている数字と照らし文字を並べると予言になると聞き、試してみる。
予言は『帝明はいまだ明けず 独狐の天下になる』と出る。
孝武帝は朕の前途はまだ暗いが、独狐将軍の助けさえあれば危機を乗り越え天下を統一すると解釈し、独孤如願に独孤信と新たな名を与える。




広告





【第33話】 
軍営。独孤家三女 独孤伽羅の夫 驃騎大将軍 楊堅は太師 宇文護の目を欺くため、放蕩者を装っていた。
鄭州 慕容氏が2万の大軍で城攻めをしていると将軍 徐安陸からの密書を読み、楊堅は裏に宇文護がいると考える。
攻撃された鄧州と平洲は楊家が守る地。
各地を巡回している楊堅の父親 柱国大将軍 楊忠が援軍を送り、敵に知られれば楊忠は戦死。
助かったとしても大敗し、楊家は守備軍の大多数を失う事に。楊堅は帝位欲しさに民を顧みず、戦を仕掛けるとはと怒る。
徐将軍は楊家が飼う速い伝書鳩を使った。宇文護に気づかれる前に宇文護が敵と通じた証しを掴むため、楊堅は従者 鄭栄と太師府に忍び込む。
太師府。宇文護の部屋を探すが何も見つからない。楊堅はふと衝立の『般若波羅密多呪経』の文字に目を止める。
若を押すと隠された引き出しが現れ、中から沙陀族 慕彦朔風との密書を見つける。
しかし宇文護腹心 哥舒に見つかり、楊堅は剣を交える事に。楊堅と鄭栄は何とか太師府から逃げ、独孤家の大工仕事を請負う済慈工房の朱敬宗に助けられる。
追っ手から逃れたものの楊堅は哥舒の剣に塗られていた毒が体に回り意識を失う。
楊府。楊堅は気がつくと伽羅が付き添っていた。文は?と楊堅は聞く。
楊堅が見つけた文の内容は宇文護が敵と通じた証しにはならず、伽羅は独断で義父 楊忠に伝書鳩で用心を促し、兄に援軍を頼んでいた。
おじ上が7日持ち堪えれば慕容軍は兵を退くと伽羅は楊堅に言う。
伽羅の師である斉 陸貞が慕容氏の王と親しかったため、伽羅は仲裁を頼んだ。伽羅から宇文護と同額を提示され、やむなく敗走すれば双方から賄賂が得られるため慕容氏は必ず取引に応じると伽羅は踏んでいた。師も戦さが嫌い。斉も新帝が立ったばかりで安寧を望んでると話す。
楊堅は伽羅の策を褒める。
伽羅は私は軍営育ちだから当然。兵書で文字を覚えたくらいと返す。
そして万一に備え、解毒薬も持っていた。
薬湯を運んで来た鄭栄は類稀なる良妻と伽羅を褒める。 
楊堅は伽羅が薬を飲ませようとすると照れて、子供扱いしないでくれと言う。そして治療代を払うためという理由をつけ、伽羅に私印を渡す。
太師府。哥舒は町で毒剣の傷痕がある者を大がかりに捜査するも見つからなかった。
宇文護は無事で何よりと哥舒を気遣う。
盗まれた文は10通以上。安州 陳思からの二通も含まれていたため、参内せよと命が下る。
宇文護はよりによって今 攻めてくるとはと言う。哥舒は恐らく曲者の黒幕は旦那様の政敵。宮中の者か楊家、侯莫陳崇など。朝廷での様子を注視して下さいと助言する。
朝議。青州を巡回中の楊柱国に援護に向かうよう命じては?と皇帝 宇文毓は進言されるが、すでに楊忠は鄧州へ向かっていた。皇帝は楊堅を元帥とし、北の国境の軍事を任せると勅命を下す。
宇文護は楊堅が元帥の位を得たため、昨夜の曲者は楊堅では?楊堅に謀られた。北の国境の軍事も掌握し、楊忠が勝利すれば面倒に。楊堅が朝議を欠席したのは哥舒に怪我を負わされたからと推測し、兵を率い楊家へ向かう。
楊府。伽羅と楊堅は宇文護が屋敷へ向かっていると報告を受け、一芝居うつ事に。
二人は激しく夫婦喧嘩している所を宇文護に見せ欺く。
伽羅は楊堅の手当てをした後 独孤家へ帰ろうとするが、楊堅は暫く芝居を続けた方がいいと理由をつけ引き止める。
蘭湖。楊忠は慕容氏の攻撃に苦戦していた。
そこへ伽羅から『7日以内に敵を退かせます』という文が届く。楊忠は天は楊家にいい嫁を賜ったと喜ぶ。
慕容軍営。北斉 陸貞の遣いが慕容氏に宝物を届け、これは我が国の主と陸侍中からと言う。
慕容氏は宇文護にどう釈明するか相談するため楊忠の使者との協議に応じる事にする。
朝議。慕容氏は伏俟まで兵を退き籠城。楊忠は鄧州などを奪還し、圧勝と戦況が報告され、宇文護は驚く。
宇文毓は周の爵位は郡公と県公が最高位。
楊忠はすでに郡公と柱国。特例とし国公の位を設け楊忠を随国公に封じ、食邑1万戸を与えると命じる。
哥舒が異を唱えると、同時に太師にも都にいながら国と民のために働いたとし、晋国公に封じ、同じく食邑1万戸を与え、さらに子息 宇文訓を崇業郡公にすると言う。
宇文護は嬉しくなさそうに有難き幸せと言う。
そして楊堅は前線の元総帥として大きな軍功を。
褒美として大興郡公に封じ西山軍営の指揮を任せると勅命を下す。
太師府。結局 奴らの思う壺だと宇文護は怒る。
楊忠が持ち堪えたのは運に恵まれただけかも知れぬが、楊堅の昇進は運のせいではないと言う。
哥舒が楊堅は中身のない男。恐るるに足りませぬと言うが、宇文護は奴を甘く見過ぎ。重要な西山軍営を放蕩者に任せるか?般若ならあり得ぬ。
同じく功を立てた独孤穆が召されぬ理由は1つ。般若は独孤家の男より楊堅を頼りにしていると言う。宇文護が一番腹を立てていた理由は宇文毓の皇帝気取りだった。
某家。伽羅は夫人の集まりに顔を出すと20歳未満で郡公夫人はあなただけと世辞を言われるが、姉 曼陀さんも先に隴西郡公夫人にと、宇文護に仕える長吏夫人に絡まれる。
一人は老人。一人は遊び人。お父上は見る目がない。ろくでもない婿ばかり。女は嫁いで第二の人生が始まる。国公夫人や郡公夫人の何が偉いの?先の皇后だって位を失った。夫婦で大切なのは睦まじくある事と言われる。伽羅はよその夫婦に口出ししないでと言い返す。
他の夫人が、自分の事は棚にあげるの?ある夫は月に二度しか妻の元を訪れず、側室の所を転々としているとかと伽羅を擁護する。
長吏夫人は負けじとさる方の奥方はお嬢様気質が抜けず夫を追い剣を持って紅香院へ。一族にとって災難と舌打ちし、恐妻家の烙印を押されたご主人は不運と言う。
そこへ私は満足していると楊堅がやって来る。
楊堅は我が奥方は丞相の娘で皇后の妹。国公の嫁で郡公の妻。誰より高貴。文句なしのお嬢様。
私はこの上なく幸せ。虐めや嫉妬は閨房で男の気を引く技。恐らくそなたは経験がないだろうとやり込める。
伽羅は人前で恥ずかしいと言い、立ち去る。
楊堅は恐妻家の大将軍だと囁かれ、他人に言われる筋合いはないと言う。
帰り道、楊堅は落ちてきた凧を見つけ凧揚げしようと伽羅を誘う。
二人は崖に凧揚げをしに行く。
楊堅はなぜ因縁をつけられ反論しなかったか伽羅に聞く。伽羅はあの女の挑発に乗れば宇文護に目をつけられると言う。
楊堅はすでに警戒されている。西山軍営が手に入るなら受けて立つ。私は林邑の街を落とし、柔然の左賢王を討った。無能ではないと言う。
伽羅は分かってる。都に来て花をばら撒いたあの日以外はと笑う。
楊堅はいい加減 実家ばかり気にかけず、暇があれば私の衣を仕立ててくれ。悪妻の汚名もそそげると言うが、伽羅は針仕事は苦手と返す。なら料理をと言われると料理人がいると返す。
楊堅は夫には従うものだと言う。
伽羅は姉上と陛下どちらが主導権を握ってる?ならあなたの父上と母上では?と返すが、楊堅は主導権は私と言う。
伽羅は良妻を望んでも私には一生無理。私も姉上も箱入り娘じゃない。男と同じ教育を受けた。裁縫 料理 歌舞や絵は苦手。でも兵書は読めるし剣術や商いも得意。配下には済慈軍もいる。この乱世であなたに必要なのは屋敷の奥で針仕事をする妻より共に戦える相手では?と問う。
楊堅は納得し、宇文護の圧力も増す。屋敷を頼むと伽羅に言う。
隴西公府。独孤家二女 独孤曼陀は王医師から、お子は男児と見立てられるが口止めする。
曼陀は楊家から届いた祝いの品で気が塞ぎ、侍女 秋詞は伽羅様は楊堅様と喧嘩ばかりで楊家には住んでいないとか。都中で有名だと話す。
すると曼陀の機嫌は良くなり、お礼の品を準備して。高価でなくても必ず曼陀羅華の花を添えてと言う。
秋詞は郡公からの寵愛を諦めたと仰せでしたが郡公側室 裴錦娘も去り、郡公も優しくなった。お子のためにも郡公と睦まじく暮らしては?と助言するが、曼陀は諦めないと返す。
確かに今の状況では李昞の本心かどうであれ、労わり合うしかない。でもごく僅かな寵愛と皇后の妹でも嫡男 李澄の地位は奪えない。独孤曼陀の息子は必ず隴西郡公にならねば。そのためには何だって利用する。だから楊堅の気を引き続けても何の問題もないと言う。
李澄の地位を奪うため、侍女 王氏が既に動いていた。秋詞は李澄様は善良だと言うが、李澄が部屋を間違えたせいで私は老人に嫁ぐ羽目に。私に何をされても自業自得。殺すわけじゃない。でもこれから経験する事は殺されるより辛いでしょうねと満足気に笑う。
曼陀と王氏は使用人を巻き込み、一芝居うつ。
隴西郡公 李昞は屋敷内の道に落ちていた大豆で転びそうになる。その後 王氏が使用人達を叱り、何かを李昞に隠しているような素振りをする。
李昞は叱られていた使用人を待ち、曼陀と王氏は私に何を隠しているのか問い質す。
侍女はご懐妊後 奥様は度々危険な目に。裴錦娘を疑いましたが、正気を失った身。お子が流れたら得をするのは若様だと皆が噂を。奥様は私達を叱り、若様は善良。あり得ない。陰口を叩いた者は追い出すとまで。王氏も若様は無関係。でも若様の周囲は邪魔に思う者かいるやもと。でも奥様も王氏も郡公に知られたくないと口止めしていると話す。
李昞は話しの真偽を調べよと命じる?









にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村


posted by LINA(lina.myfavorite@gmail.com) at 12:30| 独孤天下 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ー只今整理中ー ー只今整理中ー

ブログ内 作成中
韓国ドラマ 一覧 こちら                                     
各話  「ハベクの新婦」                                        
✳︎中国・台湾ドラマ一覧こちら                            
各話「花千骨」「旋風少女」「旋風少女 2」 「シンデレラはオンライン中! 」「四大名捕」  「あの星空。あの海。」「三国志〜趙雲伝〜」「諍い女たちの後宮」「王女未央」「皇貴妃の宮廷」「孤高の花」「麗姫と始皇帝」「恋はドキドキ!」「海上牧雲記」「独孤伽羅」「如歌〜百年の誓い〜」 「花と将軍」「 三国志 Secret of Three Kingdoms」「皇帝と私の秘密~櫃中美人」「寵妃の秘密〜私の中の二人の妃〜」「寵妃の秘密 2~愛は時空を超えて~」「カンブリア紀」「飛魚高校生」「三生三世十里桃花」「独孤伽羅」「楚喬伝」「萌妃の寵愛絵巻」「晚媚と影〜紅きロマンス〜」「霜花の姫~香蜜が咲かせし愛~」「瓔珞〈エイラク〉」「「蘭陵王妃」「扶搖 ~伝説の皇后~」「 酔麗花~エターナル・ラブ~」「刺客列伝 」「春花秋月~初恋は時をこえて~」「招揺」「白華の姫」「陳情令」ほか