2017年09月01日

シンデレラはオンライン中![24話]


[第24話 ]

娜娜が孟逸然(イーラン)と「動画が消えてるのよ。あなたが削除した?」と電話しながら真億テクノへ向かっていると会社の入口で、曹光(ツァオ・グァン)と二喜(アルシー)が話しているのを見かける。二喜が「やめてよ!」と大声で言い会社の中へ走って行く姿を見た娜娜は「なぜ あの2人が?」と呟く。

二喜は会社のトイレで大泣きしてからデスクへ。席に着くなり先輩達から次々に仕事を言いつけられる。仕事を始めようとした所へ貝さんが来る「部長がお呼びよ」と。二喜は甄少祥(シャオシャン)の所へ行く。

少祥は二喜の履歴書を見ながら待っていた。二喜が部屋へ来ると聞きたいことがある座ってと言う。そして二喜が座ると「君は本当に廬葦微微?」と聞く。二喜はいいえと答える。少祥がなぜ面接でウソを?と聞くと二喜は、私はゲームのプレイ経験がなかったのでルームメートのIDを使ったんですと答える。少祥はなるほどという顔をする。

二喜はまさかと思いながら「廬葦微微と言ったから採用に?」と聞くと、少祥はそうだ。彼女とはルームメート?と「彼女の名前は?」と立て続けに廬葦微微のことを聞く。二喜は答えず、立ち上がり「ご用がなければ失礼します」と言い部屋を出て行く。少祥は「慶大なのに理工大だとウソを?慶大の女子は皆 気が強いんだな」とひとりごとを言い、笑う。

席に戻ると先輩達が二喜に言いつけた仕事を「自分でやるわ」などと言い、引き上げる。二喜は自分が持っていたものは、ゲームの伴侶も楽な仕事もすべて微微のおかげだった・・・と思う。

貝微微(ウェイウェイ)は肖奈(シャオ・ナイ)にゲームの企画書を渡し「今日は早めに帰るわ」と言い帰る。暁玲の家に帰ると二喜が荷物をまとめていた。二喜は荷物を運びながら「学生寮に戻る。先輩の部屋に空きができたから」と言う。
微微「落ち着いて話そう」と言うが、二喜は乱暴に荷物を置き、勢いよく「なぜ曹光(ツァオ・グァン)に私が歓天喜地だと教えたの?」と。微微はあなたが歓天喜地とは言ってない。彼が自分で感づいたのかもと言う。

二喜は「ごめん、誤解してた」と。微微がそれじゃこれで仲直り?と聞くが、二喜は、私の仕事や会社での待遇 好きだった人 全部あなたと間違われて私に回ってきたと胸の内を話し、どう接していいか分からないと言う。そして、二喜は借りていたお金を微微に返して出て行こうとする。微微は「あなたは残って私が出る」そう言うと微微は家を出る。

二喜は玄関先で微微からケーキをもらった時のことを思い出して泣き、微微は雨宿りしながらさっき二喜に言われたことを思い返しながら泣く。

微微は肖奈に電話をして迎えに来てもらい部屋に着くと「もしかして仕事中だった?こんな夜遅くに迷惑じゃない?」と聞く。肖奈はそんなに気を使われると妙な気分だと答える。微微は1人で大丈夫よ。仕事を続けてと言う。肖奈は「分かった」と答える、奥の部屋に行く。 





少しして、微微は肖奈が仕事をしている所へ行く。床に座りソファに座っている肖奈の足にもたれかかる。肖奈は微微を心配そうに見てから仕事を続ける。
しばらくして肖奈は「何があった?」と聞く。微微は、二喜が私と一緒には住みたくないってと答えると肖奈は微微の頭を撫でる。肖奈はここに来て、正解だよ。さぁ何か食べようと言う。
微微は少し考えてから「肖奈。いずれ私たちもケンカを?」と聞く。肖奈はしないと答える。微微が「どうして?」と聞くと心が通じてるからケンカは必要ないと。微微が「それじゃ私が何をしようと怒らないの?」と。肖奈は怒らないと答える。微微は「いつまでも仲良しでいられる?」以前は思ってた。私と二喜もずっと親友だとと言うと、肖奈は「微微。彼女は君の人生の一部。俺は君のすべてだ」と、2人は見つめ合う。
肖奈は他人のために泣くな。俺も泣かせてないと。微微は泣かされたわ。夫婦対抗戦の決勝戦に来なかったからと言い、「悲しかった?」と聞かれうんと答えると肖奈は微微の頭にキスをする。

微微が「夕食 食べてないの」と言い、2人は一緒に麺を作り、食べ始めようとした時に微微が「あなたにお金を借りないと」ホテル代が足りないのと言う。肖奈はここに住め。今日は遅いから我慢して 明日 俺が実家にと。微微がいいのと言うと帰る必要はないってこと?分かったと嬉しそうに肖奈は言う。

微微が迷惑はかけたくないと言うと、肖奈はじつは・・・」と自分の欠点がバレそうだと話しだす。
微微が「欠点って?」と聞くと料理だ。麺をゆでるしかできないと答える。微微は笑って「あなたにも苦手なことがあるのね。完璧な人かと」と。
肖奈は、食べて皿洗いは頼む。得意だろ?と。了解と微微は笑顔になる。(微微を気遣い神対応な肖奈)

洗い物を済ませた微微の所へ肖奈が着替えを持ってくる「これを着て」(微微は今回はすぐ受けとる)歯ブラシは棚にある。他は俺の物をと。

バスルームから肖奈の服を着て出て来た微微に肖奈は「ピッタリだ」と言う。肖奈は、先に寝て俺はソファーで寝ると言う。微微が「私がソファーで寝るわ背が低いから」と言うと、肖奈は微微に顔を近づけ「うちのソファーじゃ2人で寝られない」と。微微固る。
「あの・・・お風呂 どうぞ。おやすみ」と言う。肖奈はもちろん超ご機嫌。 

微微はベッドルームを見まわし「これが男神のベッドか」とベッドを見てからクロゼットから毛布を出しソファー(キッチン前のソファーはソファーベッド)に置くが、ベッドに置いてある毛布と入れ替える。(普段使っているのと予備毛布と考えたのかな)そして肖奈がお風呂から出てくる前にと慌ててベッドに横になるが自分の頭の下にある枕にふと気づき「男神の枕は?・・・まさかこれしかないの?」と。枕をソファーに置いてくる。

ベッドルーム側の電気を消して再びベッドで頭まで毛布を被り丸くなる。肖奈がお風呂から出てきて、微微を見てからソファーの枕を見る。肖奈腕を組んで「枕は要らない?」と聞く。微微は枕は高すぎて慣れないのと答える。

肖奈は消すよと、キッチン側の電気を消す。さらにベッドルーム側のスタンドライトを消しに来ようとすると「私が消す」と微微が起き上がる。






微微はスタンドのスイッチを探して笠の下から覗いたりするがスイッチの場所がわからない。肖奈が足下にあるスイッチを踏んで消す。微微が立ち上がると目の前に肖奈が立っていた。2人は張りつめた空気の中 つめ合うが・・・肖奈は「おやすみ」と言いベッドへ。微微はほっとする

そしてそれぞれのベッドで横になる。微微は、なかなか眠れずごろごろする。

朝。微微は目が覚めるがどーしていいかわからず寝たふり。肖奈は微微が動いたのを見て「起きた?」と声をかける。超笑顔の肖奈が「顔を洗ったらジョギングに」と言うと微微は飛び起きウエアがないと言うが「あるよ」と肖奈は言う。

2人は公園でジョギング。微微が毎朝走ってるの?」私も前は毎朝グラウンドで走ってたのよと言うと肖奈は笑顔で「でも一度も君を見かけなかったな すれ違いか」と言うが肖奈、昔を思い出しながら?笑い、微微は私は見てた。と肖奈を見かけ逃げた時の事を思い出し笑う。

2人が走っていると李教授に会う。微微が誰か聞かれ、肖奈は嬉しそうに「彼女です」と紹介する。2人と別れた教授は息子に「お前いつ結婚するんだ?」と電話する。

肖奈が朝食はどうする?と聞くと、微微は「外で食べる」と。あなたの作った麺はイマイチなんだものと言う。肖奈は「もう俺に不満が?」と。
「行こう」と微微が肖奈の手をとると、肖奈は嬉しくてたまらないという顔をする。

肖奈と微微が出社すると「三男 やっと来たな」と郝眉が来て「KOがしつこいんだよ」と。微微がどういうふうに?と野次馬風に一部始終詳しく話して。お仕置きしてあげると言い、肖奈を見る。郝眉は「昔やってたゲームでペアを組めと」と話し始める。そして「三男 助けてくれよ」と。

肖奈は「悪くない。KOが辞めるのを心配してたがこれで安心だ」と言う。郝眉が「ひどいな従えと言うのか」と。すると肖奈は「ボーナスを出す」と言う。郝眉が「最低1000元」指を1本立てる。微微は驚くが、肖奈は頷く。

郝眉は「やった」と言いKOの所へ走って行き「KOペアを組もう。今晩 ごちそうする」と言う。






愚公は微微の服に目を止め、にやけながら話しかけてくる「昨日の服と同じだな(よく気がつく男)もしかして昨夜君たちは・・・」と肖奈の方を見る。微微は「先輩 これは私が・・・」愚公はまんべんの笑みで答えを待つ。微微は「貧乏だからよ」と言う。横に座っている永候(ヨンホウ)が飲んでいたお茶を詰まらせる。

会議でデモ版の進捗報告を各自し、肖奈がさらなる改善について話す。「プレゼンは1カ月後だ。時間は十分ある。今日から残業は不要だ」と。

甄少祥と小雨一族が食事をしている。綿綿が「理工大に廬葦微微らしい生徒はいないって」と言うと青青がやっぱりねと。大学生だと偽ってたのよと言う。少祥は、怪訝な顔をして聞いている。妖妖が「でもどうしてかしら大卒じゃなくても見下さないわよね?」と。廬葦微微の悪口を続ける。
少祥はグラスを乱暴にテーブルに置くと小雨一族は顔色を変える。

少祥は「お会計」と店員を呼び、会計を済ませると「これは送別会だ。妖妖 別れよう」と言い席を立つ。妖妖は驚き「なぜ急にそんなことを言うの?」と。青青が「廬葦微微のせい?」腹黒いと思ったとなぜか口を挟む。少祥はやめろと怒鳴る。
「朝から晩まで陰口をたたいて楽しいか?僕はウンザリだ。じぁあな」と言い、帰って行く。

妖妖が少祥を追いかけようとするが青青が止める。妖妖は「悪口ばかり言うから真水を怒らせた」と言うが、青青は「真水め、後悔すればいいわ」妖妖、泣かないで。あなたならもっといい人が見つかるわと。霏は、でも真水ほど完璧な人はそういないわと言うと、綿綿が窘める。妖妖は声を出して泣く。(欲しいbagがあったのに〜みたいな感じかなぁ・・・) 

レストランを出た少祥は会社に電話し、二喜の住所を聞く。履歴書に記載がないと聞くと、自分の名を出さずに調べるように指示をする。貝さんは二喜に記念品を送るからとウソを言い二喜に住所を書かせる。

少祥はメールで送られて来た二喜の住所を見て「宝桂ガーデン?すぐ近くだ」と言い車で向かう。

微微に暁玲から電話がかかってくる「二喜と何かあった?」と。微微は「冷却期間が必要なの」と答えると、暁玲は「そんなに深刻なの?」二喜は気まぐれな性格だから気にしないようにと。仲直りしてよと言われる。電話を切り、微微が考えこんでいる姿を肖奈が見る。



posted by LINA at 00:00| シンデレラはオンライン中! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ー只今整理中ー ー只今整理中ー

ブログ内 作成中
韓国ドラマ 一覧 こちら                                     
各話  「ハベクの新婦」                                        
✳︎中国・台湾ドラマ一覧こちら                            
各話「花千骨」「旋風少女」「旋風少女 2」 「シンデレラはオンライン中! 」「四大名捕」  「あの星空。あの海。」「三国志〜趙雲伝〜」「諍い女たちの後宮」「王女未央」「皇貴妃の宮廷」「孤高の花」「麗姫と始皇帝」「恋はドキドキ!」「飛魚高校生」ほか