2017年09月29日

シンデレラはオンライン中![27話]


[第27話 ]

孟逸然(イーラン)と娜娜は二喜(アルシー)から微微が二股をかけているという話を聞こうと、二喜にご馳走していると、偶然を装い微微(ウェイウェイ)がそのお店に来る。

二喜は「紹介するわ」と逸然と娜娜に微微を紹介して、食事をご馳走になってると話す。微微は「大食漢にごちそうするつもり?」と驚いた様に言う。逸然は苦笑いする。

娜娜が「失恋したのよね?」と二喜に聞くと、そうよとスマホの写真を見せ「いとしのベッカム。ヴィクトリアと結婚しちゃって」と言い、2人は驚く。そして、二喜は微微と肩を組み「私たちは親友同士よ」と言う。

「食べて」と二喜に言われ、他人の物には興味ないからと微微は言う。逸然は「失礼するわ」と店を出て行く。娜娜は逸然を追いかけ「仲直りしてるなんて知らなかったの」と言うが、逸然は怒ってタクシーに乗ってしまう。

微微と二喜は、注文した品を食べずにお店を出る。歩きながら「ケーキを買って帰りましょ」と。(肖奈のお誕生日この日あたり?)
微微は、阿爽が誰かの車に乗るのを見かけ「この時間は会社のはずなのに」と不思議に思う。

逸然はUターンして置いてけぼりにした娜娜の所へ戻るが「逸然なんてフラれて当然よ。お金があれば何でも思いどおりになるとでも?」と、信号を渡りながら娜娜が大声で言っているのを聞き、声をかけずに「行って」と言う。
そして走るタクシーの中から微微と二喜が楽しそうに歩いているのを見かける。

致一では肖奈(シャオ・ナイ)とKOは作業に苦戦中。昼食の配達が届く。会社の入口で郝眉が髪の毛を逆立てたヘアスタイルで座っている。
配達員がいつもこの変な人のことが気になって「御社は何の業務を?」と、微微に聞く。微微は「ゲーム制作よ」ここはパワースポットでインスピレーションが湧くの。このヘアスタイルは(郝眉の髪)「アンテナと同じよ」と話す。

微微は出前を社長室に持って行こうとするがためらい、永侯(ヨンホウ)に「あの2人こもりきりだけど大丈夫?」と聞く。永侯は三男は完璧主義すぎる。KOも似たようなタイプだろ?あの2人についていけないよと言い、昼食を食べ始める。

翌日、愚公は社長室の肖奈とKOを見て「2日間 社長室にこもりきりだ」と。微微は、昨夜からほとんど寝てないみたいね。昼に30分だけ仮眠してたと言う。愚公が「明日は上海へ移動だぞ」間に合うのか?と言うと、永侯は放っておけ。十分な軽量化もできてる。あとは納得するまで好きにやらせておけと言う。

微微が共用デスクで居眠りしている横で、肖奈は食事をする。微微が起きて「一段落した?」と聞くと肖奈は「行きたい所がある」と言う。微微がどこ?と聞くと「花市」と答える。微微がどうして?と。肖奈は行けばわかると言い、愚公に三男 外出か?と聞かれるが、答えず微微と出かける。



ショッピングモールに行き、肖奈は人が少ないなと言う。微微は平日だものと。すると肖奈が「今日は七夕だ」と言う。微微は「七夕?」と。微微はすっかり忘れていた。
肖奈は夏休みなのに仕事漬けだったと。微微が駆け込みデート?と聞くと「君が誘わないからだぞ七夕も忘れて薄情なもんだ」と言う。

2人はモールを歩くが、黙って歩く微微に「今日は無口だな」と肖奈が言う。微微は「脳にも休息が必要でしょと。そして微微は肖奈にお願い事をしようとするが疲れている肖奈を気遣い「今日の任務(クエスト)はなしにしておく」と言う。すると肖奈は「夫婦任務も?」と微微に近づき、顔を覗き込む。

肖奈は、お店に貼ってあるポスターに目を止め、そのポスターから発想を得た肖奈は、微微の手を取り走ってカフェへ行く。思いついたアイディアを微笑みながら紙にメモしていく。微微は横に座り肖奈に気遣いながら話さずケーキを食べる。

帰りの車で微微は寝てしまい、肖奈が微微を抱き抱えてベッドまで運び、おでこにキスすると会社に戻る。

翌日。微微が出社すると社長室の前に社員達が集まっていた。微微が「みんな集まってどうしたの?」と聞くと目標数値を達成してデモ版を走らせ確認中だと言われる。

メモリの使用量を当初の目標以下まで抑えられ、肖奈たちは喜ぶ。そして社長室から出て来て「無事 最適化を完了した」と、社員達に報告。肖奈は社員達に2週間の休暇を与える。

社員から会社の代表としてプレゼンに行くのに身なりには気を使ってくれと言われ、社員達を解散させた後、肖奈は「お前たちの最適化を行う」と言い、愚公達とスーツを買いに行く。

紳士服店に着くと大はしゃぎするメイ達に肖奈は呆れる。微微と肖奈はソファに座り、4人が試着するのを待つ。そして同じスーツを来て試着室から出てきた愚公・永侯・郝眉。
メイが微微に「誰が一番イケてる?」と義姉さんが審査員だと言う。微微が同じのにしなくてもと言うと、同じ服じゃないと誰が一番かわからないだろ?と。肖奈は呆れ、雑誌を読み始める。

「雰囲気も評価して順位を」と言われ、微微は上手く答える方法を考えていると一番奥の試着室から黒いスーツ姿のKOが出てくる。微微が思わず見とれ「KO先輩ステキ」と口にすると、肖奈が微微を見る。
郝眉はKOのスーツの着方を注意しながら整えてあげ(ゲームで郝眉とKOは夫婦)、それを見た愚公は含み笑いし違うスーツを選びに行き、郝眉もKOに選んでとスーツを選びに行く。

微微が「KO先輩ステキだったわね」と。肖奈は答えず、微微をじっと見る。微微が「何よ」と言うと肖奈は「意外と浮気っぽいんだな」と。
そして自分もスーツの試着をする。肖奈は試着室から出てくると、外で上着を着てからスーツを整えバッチリ決めた姿を微微に見せる。

阿爽は会社の非常階段で「最適化が完了した」と電話をかける。電話の相手は「こちらも抜かりはない」と返事をする。

買い物を終え、肖奈は「じゃ空港で会おう」と皆と別れる。肖奈が荷造りしにマンションに戻ると言うと微微も私も行かなくちゃと。肖奈は「友達の所?」と聞く。微微は明日から新学期よ「寮に戻るの」と答える。

マンションでそれぞれ荷造りを終えた時に玄関のチャイムが鳴る。家に来たのは肖奈の両親。肖教授はお宝の絵を心配して部屋に入って来る。続いて、林教授(ママ)も。
2人は微微が部屋にいるのを見て驚く。微微も戸惑うが、肖奈は「どうしたの?」と落ち着いて言う。そして微微に「お茶を頼む」と言う。微微は2人に会釈しキッチンに行く。

肖教授は絵が無事か確かめていると林教授は「息子の恋人にも目もくれず絵の心配ばかりなのね」と。微微はキッチンからこっそり様子を伺う。





林教授は肖奈に「固いことを言うつもりはないけど・・・」と話し始めると、肖奈は自分は会社で寝泊まりしていたと。今夜上海に行き微微は寮に戻ると話す。しかし林教授が、固いことを・・・とまた話し始めると肖教授は「賛成か反対か はっきりしろ」と口を挟む。うるさいわねと2人が言い合いになると肖奈は「2人の意見をまとめてよ」と言いキッチンに行く。

微微は「ふしだらな女だと思われたかしら」と心配するが、肖奈は楽しそうに「俺を責めてるよ」と。万一叱られたらさらわれたと泣きつけと言う。微微は「それも考えたわ」と。でもこんなに血色のいい顔じゃ、さらわれたように見えないと。肖奈は、血色が悪ければ被害者のフリを?と聞くと微微は「もちろんよ、お義母・・・」とつい言ってしまい、言い直し「誰でも第一印象は大切よ」と。肖奈は事情はちゃんと話した「お義母様にお茶を」と笑って言う。困っている微微に「早く」と笑顔で言う。

微微がお茶を運んで行き、挨拶すると林教授は微微を隣に座らせる。肖教授は論文を褒め、微微が肖奈の家にいる事情を説明すると林教授は「聞いたわ、気にしないで」と。そして微微を褒め、固いことを言うつもりはないから・・・と言う。微微は緊張し、肘掛に座っている肖奈の手を握る。

肖奈は「俺は空港へ行く。微微が寮へ戻るから帰るついでに送ってほしい」と言うと微微の手を林教授に渡す。微微は慌てて「待って」と、肖奈の手を掴み「私なら1人で大丈夫です」と言うが、林教授が遠慮しないでと笑顔で言う。肖奈は含み笑いし、微微を残して奥の部屋へ行ってしまう。

微微は肖奈の両親に寮まで送ってもらう。それを見た学生は「貝微微はは肖奈の両親を従えてのご帰還よ。親公認だと広めるため?」と囁かれる。
寮の前で林教授は「今度みんなでお食事を」と言い2人は帰って行く。
二喜達が玄関まで迎えに来て微微に、男神のご両親?、送ってもらったの?と聞く。

部屋で微微が肖奈と電話している様子を暁玲が見ていて微微を冷やかす。

翌日。新学期の手続きをしてから微微は、真億テクノに二喜のお給料を取りに行くにの付き合うことになる。二喜は学校のトイレに行き、そこで曹光と会ってしまう。


ーつづくー


にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村


posted by LINA at 17:00| シンデレラはオンライン中! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ー只今整理中ー ー只今整理中ー

ブログ内 作成中
韓国ドラマ 一覧 こちら                                     
各話  「ハベクの新婦」                                        
✳︎中国・台湾ドラマ一覧こちら                            
各話「花千骨」「旋風少女」「旋風少女 2」 「シンデレラはオンライン中! 」「四大名捕」  「あの星空。あの海。」「三国志〜趙雲伝〜」「諍い女たちの後宮」「王女未央」「皇貴妃の宮廷」「孤高の花」「麗姫と始皇帝」「恋はドキドキ!」「飛魚高校生」ほか