2017年12月31日

中国ドラマ・三国志 ~趙雲伝~[第6話〜10話 ]


三国志 ~趙雲伝~



9F1A6427-41D7-4210-A93F-1A7AEDE5745D.jpg

©️中国 湖南衛視





キャスト

趙雲・趙子龍/林更新 ケニー・リン
夏侯軽衣・馬玉柔/ユナ(少女時代)
高則 魏国の将軍/ジョンフン(John-Hoon)

柳言成/郭冬冬 
柳撃児/孫驍驍
李全/鄒兆龍 
李飛燕/趙韓櫻子 
周懷忠 /文皓程 
趙拾妹 /李明珠 
公孫瓚 /範雨林
公孫宝月/賈青 
呂布/高以翔 
貂蝉/古刀娜扎 
劉備/厳屹寛 
関羽 /李田野
張飛 /朱来成 
夏侯傑 /亓航
石硯 /孟子義 
耿純 /張赫 




あらすじ
【第6話  父の教え 師の教え】
山賊は退却したものの、趙子龍は高則と剣を交えるが敵わず高則の剣が子龍を刺そうとしたその時に師匠が倚天剣と青釭剣を携え助けに来る。
李仁定はやはり趙安の弟弟子の李全だった。李全は高則に父親 高洵は忠義の人だったが息子が国賊の片棒を担ぐとは。そして父親の代わりに親不孝者を討つと倚天剣を構えると、高則は私1人では物足りまいと4人の使い手に相手をさせるが李全は剣を抜くことなく相手を倒していく。
続いて七星陣が向かって行くが盾に磁石を仕込んみ、さらに上盾陣で李全を攻める。複数の矢が飛び李全は交わすも、足に矢が刺さる。李全の元に駆け寄った子龍は李全の声に合わせ2本の宝剣を重ねると光が発せられ官軍は倒れる。李全は高則に剣を向けるも見逃すと言う。
しかし高則は自分が負けたら洛陽に戻り、勝ったら宝剣を太師・董卓に献上するという条件をつけ一対一の闘いを子龍に申し込む。子龍は高則に青釭剣を渡し、自らは倚天剣を持ち対峙する。なかなか決着がつかず膠着状態の中、夏侯軽衣は子龍の元に行き耳元で高則の弱点を囁く。そして次の一太刀で子龍が勝利する。
李全は趙安と妻の墓の前で2本の宝剣を胸に2人を思い出す。
洛陽では王允貂蝉の美貌を利用し、呂布と董卓が反目するよう仕向けさせようとしていた。




【第7話  三人の師】
真定県の町で山賊から娘を救ったのが鉄面侠で町を騒がせたのは鉄面侠に扮した山賊だと銅羅を叩きながら役人が触れ回る。
常山太守 夏侯傑に袁紹と公孫から反董卓軍への参加を促す檄文が届く。夏侯傑はひとまず呼びかけに応じようと考え、武将 耿純は反董卓軍に疑心を抱かせぬよう高則を取り込むことを提案する。
柳言成は軽衣がなぜ高則の秘密を知っているのか不審がるが、子龍は軽衣の父親はすでに隠棲し父親の名前や官職を尋ねたが答えてくれなかったが軽衣は自分達の味方になってくれていると話す。
耿純は高則は将来の娘婿だと渋っている夏侯傑にお嬢様も反発して家出をと話し怒りを買うが、夏侯傑はお前が説得しろ但し殺さぬようにと言う。
李全は子龍たちに今後も国のために2本の宝剣を守るよう言い、剣を託した少帝陛下と李全の師匠、兄弟子夫婦(子龍の両親)の位牌に拝礼させ、今後も達人の下で修練を積まねばと言う。
子龍は李全に自分の両親を殺したのは誰か聞くが、李全も謎の面の男を見つけられずにいた。その時 李全が呼び寄せた3人の師、方安国・呂培壮・林悦が来る。しかし彼らは反董卓軍に合流するため期間は3日間だと言われ、子龍は3人から三者三様の武術を習う。夜 修行している子龍の前に白馬が突如現れ、そして消える。
町で軽衣は耿純を見かけ慌てて隠れる。そして軽衣は耿純が真定県の役所に武器を運んでいるのを見る。耿純が高則を殺そうとしている事を知り高則に知らせようと神仙浴場に行き、鉢合わせした子龍に協力してもらい高則を捜す。








【第8話  高則救出】
趙子龍は耿純が武装してここに向かっていることを高則に知らせ、高則を女装させて浴場から連れ出そうとするが耿純に気づかれるがどうにか脱出に成功する。一方、洛陽では王允が太師 董卓に近づこうと試みるも失敗する。
高則は助けてくれたのが夏侯軽衣と気づいていた。子龍に修練を積み私と互角になれと言い、子龍は再び戦う日を楽しみに待っていると答え2人は拳を合わせ約束する。部下たちが迎えに来て高則は洛陽へと帰って行く。
軽衣も高則を見送りに来ていた。子龍はなぜ高則を避けるのか聞くとただの幼馴染でそれ以上の関係になる気はないと軽衣は答える。そして2人は一頭の馬に相乗りして帰る。
王允は警戒心の強い董卓は呂布にしか心を許さず、宝剣にしか興味がないと貂蝉に話す。
桃四からの伝書鳩で王允が董卓と呂布に接近していると李全は知り、王允には何か考えがあると判断し協力しようと決める。そして2本の宝剣を王允に届けるため都に行くことを決め、子龍たちに話すと子龍は宝剣は自分が届けると申し出る。
李全はこの任に値するか力を試すと言い子龍は3人の師たちと戦うことになる。
高則は洛陽目前で呂布に捕らえられる。




【第9話  子龍、都へ】
洛陽。袁紹と曹操は30万もの一味を集め数日後には旗揚げするという。太師  董卓は華雄と徐宋に汜水関へ向かうよ命じ、呂布の助言で捕らえられた高則も同行することになる。
趙子龍は3人の師に勝ち李全から都に行く任をまかされ、王允に会ったらすぐ趙安の子だと素性を明かすよう言う。そして歓待を受けたら即刻去れ、煮え切らぬ態度ならしばし留まり、殺すと言われたら宝剣を渡すように言われる。柳言成に子龍が都に向かったと聞き夏侯軽衣は追いかけ、宿で酔っていた子龍を木に縛りつける。李全は世間知らずの子龍を案じ軽衣を同行させる。
洛陽に到着した子龍たちは、董卓の配下が民を虐げる姿を目にする。子龍は太師の甥 董璜が町で娘を拐おうとした所に助けに入る。そして董璜を脅し董卓の屋敷へ入り込み、董卓を殺そうとするが呂布が現われ子龍は追い込まれる。そこに仮面をつけた高則が現れ助けられる。
子龍たちは王允の屋敷を訪ねる。王允は殺すと子龍に剣を向け、子龍は王允に剣を差し出すがそこへ呂布が子龍たちを捕まえに来る。貂蝉が機転を利かせ2人は洛陽から無事脱出する。








【第10話  楽毅百戦術】
真定県へと戻る途中に夏侯軽衣は趙子龍に、自分は常山太守 夏侯傑の娘であり高則との婚姻をせかされ逃げ出したことを話す。
洛陽では王允が2本の宝剣を高僧に数日供養してもらった後に太師 董卓に献上すると話す。王允は貂蝉に董卓が屋敷に剣を取りに来ることを伝え策が実行できると言う。
真定県に戻った子龍は李全に呂布に敵わなかった事を話しもっと稽古に励むと言う。その時、反董卓軍は董卓の配下 華雄の率いる軍と汜水関関で激突していた。
李全は兵法の天才燕の名将楽毅が戦法と戦術をまとめた書「楽毅百戦術」を子龍に授けようとしていた。書は数百年 行方が分からなかったが李全の師匠が持っていた。兵法書は上下2巻あり、数十年前に書を狙うものが現れ師匠は下巻と共に姿を消し音沙汰がないと飛燕に話す。
戦況は華雄が敵陣に夜襲をかけ大将の祖茂を斬り、孫堅軍の士気が低下。孫堅と袁紹は対立し反乱軍の瓦解も近いと判断される中、将軍 呂培壮・林悦・万安国の3人は華雄に挑み斬られるが関羽が華雄を打ち取り首を陣営に持ち帰る。
夜 修行をする子龍の前にまた白馬が現れる。




ーつづくー



にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村
posted by LINA at 09:21| 三国志 ~趙雲伝~ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ー只今整理中ー ー只今整理中ー

ブログ内 作成中
韓国ドラマ 一覧 こちら                                     
各話  「ハベクの新婦」                                        
✳︎中国・台湾ドラマ一覧こちら                            
各話「花千骨」「旋風少女」「旋風少女 2」 「シンデレラはオンライン中! 」「四大名捕」  「あの星空。あの海。」「三国志〜趙雲伝〜」「諍い女たちの後宮」「王女未央」「皇貴妃の宮廷」「孤高の花」「麗姫と始皇帝」「恋はドキドキ!」「飛魚高校生」ほか