2018年01月07日

中国ドラマ・王女未央[第34話〜36話]


王女未央-BIOU-


01C000A0-1F4F-440C-AAD7-445C5C73D412.jpg
©️東方衛視 / 北京衛視




キャスト
李未央(馮心児)役/唐嫣 
拓跋濬(高陽王)役/罗晋 
拓跋余(南安王)役/呉建豪 
拓跋迪 役/陳鈺琪 
李蕭然 役/白凡 
叱雲柔 役/田麗 
李敏徳 役/梁振倫 
李長楽 役/李心艾 
李常茹 役/毛曉彤 
李常喜 役/彭豆豆 




あらすじ
【第34話】残酷な罠
李未央は奏状が欲しいければ一人で来いと書かれた匿名の文に従い外出し、紅羅は未央が出かけるのを見届ける。君桃は拓跋濬に未央が一人で出かけたと知らせに行き、拓跋濬たちが未央を捜しに行くと未央が太子府に来る。
太子妃は自分の嫁入り道具の宝飾箱を侍女に持って来させ未央に贈ろうとするが、未央は太子妃の胸を簪で刺す。未央が見つからず太子府に戻って来た拓跋濬は瀕死の太子妃から、李未央を信じないで。何かを得るため私を襲ったと言い拓跋濬の胸に抱かれたまま亡くなる。
町を歩いていた未央は捕まり、何が起きたかわからぬまま太子府に連行され太子妃が殺されたことを知る。未央は私ではないと言うが屋敷の者達が未央を目撃していた。未央は屋敷に呼び出された文があるといい拓跋濬と確認しに屋敷に戻るが、太子妃を殺せば奏状を渡すという文が見つかる。
拓跋濬は未央の持っている奏上を奪い取り、破ろうとするが必死に止める未央を見て母を殺された衝撃と状況から奏状を手に入れるため、偽りの愛で自分を惑わし太子妃を殺したのではないかと疑う。そして未央は太子妃殺害の罪で投獄される。
李敏徳と皇女は未央が無実の証拠を探すが、拓跋濬は両親の霊位の前で太子妃を刺した簪を握りしめ涙する。
獄中で未央は太子妃殺害の日、自分が目撃されたなら変貌術でないかと考える。一方、李長楽は変貌術で未央に化け殺した太子妃が枕元に現れる。
李常茹は閭昭儀を訪ね、涼の王女の肖像画を見せ未央の秘密を明かす。
南安王は未央が突然 太子妃を殺すのは妙だと考える。叱雲南は獄中の未央を暗殺しようとするが、未央はそれを利用し牢獄に火をつけ脱獄するも捕まり、太武帝の前に連行される。








【第35話】究極の選択
脱獄した李未央に激怒した太武帝は自ら尋問し、未央は身の潔白を訴える。李
敏徳と皇女が見つけた証拠を見せ、太子妃殺害の濡れ衣は晴らすが、左袖をめくられ痣を確認される。太武帝は肖像画を投げつけ、未央の正体は涼の逆賊の娘 心児だと言われる。未央はそれを凛とした態度で認め、父親の謀反の罪は叱雲南の策略だと話し、拓跋濬が馬太守の奏状を見せて太武帝は全ての事態を掌握する。父親の名誉回復を未央は訴えるが太武帝は臣下に欺かれていたと認めれば暗君だと嘲笑されると言う。そして未央に敵討ちか民の幸せのどちらが大切かと問う。太武帝は涼の奴隷を放ち、魏の民と同等に見なすと約束し高陽王と縁を切るよう言う。
拓跋濬は未央が嘘を言っているとは思えず承徳に再度 太子妃殺しを確認するように頼む。
敏徳から未央の状況を聞いた李常茹は禍恨を断つと再び策を講じる。
叱雲南は功績を認められ護国公に封じられ、幽州・天水・武威・安定4州18郡の統治を任され幽州へ赴くよう命じられ、その昇格と同時に虎符を返上させられ、兵権を失う。
叱雲柔は幽州へ発つ叱雲南に昇格させ兵権を奪ったのには何が思惑があるはず、道中気をつけるよう言う。叱雲南はおそらく陛下は李未央から河西王の件を訴えられ疑念が生じたと言い、未央が涼の王女だと叱雲家の者達に話す。
君桃は常茹の策により叱雲南を追い、道中 襲われ逃げて来た叱雲南を小舟に乗せ、自ら敵討ちしようと戦うが相討ちとなり二人とも川へ落ちる。
そして太武帝に安平皇女の護衛 君桃が暗殺したと報告され『涼の王女は李未央に名を変え都に潜り込み敵討ちを画策し、恩情をかけるも配下に叱雲南を刺殺させた』とし3日後死罪に処すと詔が下る。未央が涼の王女だと分かり李尚書は太武帝に跪き許しを乞い、李家ではただ者ではないと思っていたと温氏は言い、娘 常喜も鬱憤が晴れると言うが七姨娘と大奥様は未央を案ずる。
拓跋濬も太武帝に未央の無実を嘆願するも死罪は覆らなかった。




【第36話】愛ゆえの決断
李長楽は3日後に李未央が死罪だと床に伏す叱雲柔に話すと結局敗北したと咳き込みながら笑う。長楽が叱雲南が死に叱雲家が衰える事を懸念すると叱雲柔はこの機に高陽王を支え、再起は長楽にかかっていると話す。
凱旋した南安王を民は讃え、太武帝の歓待を受け諭功行賞を行うと言われるが拓跋余は国に尽くした者を労って欲しいと答える。しかし太武帝は望みがあれば必ず叶えると言う。
南安府。拓跋余は屋敷に戻ると奏状がなくなっていることに気づき、留守中の一連の騒動は李常茹が仕掛けたと知り激怒するが、常茹は真相を話せば殿下のことも露見すると脅す。
柔然 焦統領は李敏徳に今 戻れば危篤の可汗の臨終に間に合うと懇願する。敏徳は明後日柔然へ発つことを約束する。
拓跋濬は処刑される未央を助けてほしいと拓跋余に頼み、いかなる求めにも応じると言う。拓跋余は承諾するがひと月以内に李長楽を娶ること。未央には知られないようにと条件をつける。拓跋濬は未央を助けるために応じる。隠れて二人の話を聞いていた常茹は叱雲家が陛下に疎まれた今、李長楽を娶れば高陽王は誰からも支持されなくなり後継争いから脱落したと言う。
拓跋濬は処刑場に向かおうとするが、勅命で官兵に囲まれるが振りきる。一方、拓跋余は太武帝に未央は戦で功績があり罪を認めていない未央を死罪にすれば物議を醸すとし撤回を願い出る。未央は処刑の寸前に拓跋余が陛下の詔を届け処刑は免れ、奴婢とされる。
拓跋濬は未央の無事を見届けると立ち去り、処刑場から未央を連れ去ろうとしていた敏徳は焦統領の手で気を失わせられ山中で気がつき、未央の無事を聞く。そして未央が浣衣局で働いているの見届けると皇女に別れをつげて柔然へ。






にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村
posted by LINA at 15:00| 王女未央 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ー只今整理中ー

ブログ内
韓国ドラマ一覧 こちら                                     
各話  「ハベクの新婦」                                        
✳︎中国・台湾ドラマ一覧こちら                            
各話「花千骨」 「シンデレラはオンライン中! 」「四大名捕」  「あの星空。あの海。」諍い女たちの後宮王女未央