2018年04月28日

中国ドラマ〈 旋風少女 2〉 第23話



21EC75F3-B35F-46EC-89A3-2C8F52936C71.jpg


[第23話]
チャンアンは行方不明だったバイツァオを見つけ出し、ティンイーの事はお前のせいじゃないと言うがバイツァオは私のせいと返す。もう元武道を忘れたいと罪の意識に苛まれ苦しんでいた。

チャンアンはシャオチーと名乗るバイツァオと同じ会社で働き出す。シャオユエはチャンアンとはまさに運命とひとりで盛り上がる。

バイツァオはチャンアンに私がここを去ると話すとお前がどこへ行って何をしようが必ず見つけ出すと言われる。帰りたくないなら無理強いはしない。だがお前の側にいて傷つかないように守ると決めたと言う。そしてお前は普段通り過ごせ、邪魔はしないと言うと行ってしまう。

シャオユエが船上で躓きシャオチーにぶつかり、シャオチーは海に落ち、チャンアンが助ける。チャンアンはシャオチーを抱きかかえ、2人はプールでバイツァオが溺れチャンアンが助けた時の事を思い出す。シャオユエは2人の様子を見て、恋人同士だと勘違いする。

チャンアンはティンイーとの試合の映像をバイツァオに見せ、何度も見ているうちに気がついた。稲妻閃光蹴りを短期間で習得するには自分の限界を超えた過激な訓練が必要。訓練中、何度も頭から落下すれば脳へのダメージが蓄積されていくと話し、加藤百合との試合を見せてこの時点で脳に異変が起きたと話す。お前の右膝は麻痺し、スピードも遅いとティンイーが植物状態になったのはバイツァオのせいじゃなく、起こるべくして起こったと話す。しかしバイツァオは彼女に致命傷を与えたのは私「自分で自分を罰する」と決めたと泣く。

チャンアンを問いつめバイツァオの居場所を聞いたシャオインがバイツァオに会いに来る。シャオインはバイツァオを連れ帰ろうとするが、バイツァオは帰らないと言う。シャオインは強引に連れ帰ろうとするがチャンアンが止め、本人に決めさせようと言う。そこへシャオユエが来て、シャオインとシャオユエはバイツァオの取り合いに。

バイツァオはここではシャオチーと名乗っていたがその事を知らないシャオインは、彼女の名前はチー・バイツァオと言ってしまう。シャオユエは旋風少女と同じ名前だわと言うと、彼女がその旋風少女よとシャオインは返す。

シャオユエが周りに話してしまい、バイツァオはファンたちに追いかけられる事になる。

シャオインがグァンヤーと一芝居うち、バイツァオは岸陽 松柏館に1年ぶりに行くと松柏館は荒れ果てていた。シャオインはあなたやコーチ、イーフォンが去り試合に出ても負け続き。新弟子は集まらずお金も底をつき、皆んなには他へ移ってもらい、松柏館をついに閉めたと話される。

シャオインは松柏を守る責任があるのはルオバイ先輩やイーフォンやあなただけじゃない。その責任は私にもある。あなた達にとってただの道場かもしれないけど私には我が家そのものだと言う、

そしてバイツァオに、ここにいて。稽古なんてしなくていいからあなたや他のみんなが戻れば松柏館はもう一度やり直せると頼む。バイツァオはここは我が家。掃除をしましょと言う。



ーつづくー




にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村



posted by LINA(lina.myfavorite@gmail.com) at 08:30| 旋風少女2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ー只今整理中ー ー只今整理中ー

ブログ内 作成中
韓国ドラマ 一覧 こちら                                     
各話  「ハベクの新婦」                                        
✳︎中国・台湾ドラマ一覧こちら                            
各話「花千骨」「旋風少女」「旋風少女 2」 「シンデレラはオンライン中! 」「四大名捕」  「あの星空。あの海。」「三国志〜趙雲伝〜」「諍い女たちの後宮」「王女未央」「皇貴妃の宮廷」「孤高の花」「麗姫と始皇帝」「恋はドキドキ!」「海上牧雲記」「独孤伽羅」「如歌〜百年の誓い〜」 「花と将軍」「 三国志 Secret of Three Kingdoms」「皇帝と私の秘密~櫃中美人」「寵妃の秘密〜私の中の二人の妃〜」「寵妃の秘密 2~愛は時空を超えて~」「カンブリア紀」「飛魚高校生」「三生三世十里桃花」「独孤伽羅」「楚喬伝」「萌妃の寵愛絵巻」「晚媚と影〜紅きロマンス〜」「霜花の姫~香蜜が咲かせし愛~」「瓔珞〈エイラク〉」「「蘭陵王妃」「扶搖 ~伝説の皇后~」「 酔麗花~エターナル・ラブ~」「刺客列伝 」「春花秋月~初恋は時をこえて~」「招揺」「白華の姫」「陳情令」「春花秋月」「鳳凰伝」ほか