2020年03月16日

中国ドラマ・三国志 ~趙雲伝~[第48話〜50話 ]

 

三国志 ~趙雲伝~



9F1A6427-41D7-4210-A93F-1A7AEDE5745D.jpg

©️中国 湖南衛視




キャスト

趙雲・趙子龍/林更新 ケニー・リン
夏侯軽衣・馬玉柔/ユナ(少女時代)
高則 魏国の将軍/ジョンフン(John-Hoon)   

柳言成/郭冬冬 
柳撃児/孫驍驍
李全/鄒兆龍 
李飛燕/趙韓櫻子 
周懷忠 /文皓程 
趙拾妹 /李明珠 
公孫瓚 /範雨林
公孫宝月/賈青 
呂布/高以翔 
貂蝉/古刀娜扎 
劉備/厳屹寛 
関羽 /李田野
張飛 /朱来成 
夏侯傑 /亓航
石硯 /孟子義 
耿純 /張赫 
諸葛孔明/楊玏
孫尚香/高娜恩
馬超/張曉晨




【第48話  軍師が託した袋
桂陽。趙子龍師匠 李全の娘 飛燕は前常山太守 夏侯傑の配下だった耿純から李全は死んだと聞かされ、子龍の剣を抜き耿純を刺す。
父の死を知らされていなかった李飛燕は部屋を飛び出し、柳言成は後を追いかける。
その後 柳言成が耿純に成りすまし、城門を開けさせ、耿純と結託していた桂陽太守 趙範を殺す。
李飛燕は故郷を懐かしみ常山郡の唄を歌う。
故郷は国賊に奪われ城壁には『曹』の旗が。故郷に戻って子龍の父上や私の父のために墓を作り祀る事さえ贅沢な望みになったと悲しむ。
趙子龍はいつか常山郡の城壁に『漢』の旗を高く掲げてみせると誓う。
江夏城。趙子龍は劉備に桂陽での事を報告。
諸葛孔明はなぜ樊氏を娶らなかったのか?と子龍に聞き、子龍の答えを聞くと大義をわきまえた真の男と言う。
零陵と桂陽、長沙、武陵も落ち、関羽は弓の腕前が天下一と名高い老将軍 黄漢升を帰順させる。
劉備は天下三分の状況ができたと言うが、諸葛孔明はまだ呉の力が必要。漢王族を復興するには「任重くして道遠し」と言う。
南徐 大都督府。呉大都督 周瑜は主 孫権が南徐に到着。間もなく柴桑にと賛軍校尉 魯粛から報告を受ける。
周瑜は曹操より劉備の動向を気にかけ、荊州を返す約束は?と聞く。益州を取れば返すので荊州は貸してくれと劉備は言っていたと魯粛は答える。しかし周瑜は劉備を信用しておらず、今すぐ荊州を取り戻すと言う。魯粛は主公が合肥で敗れ、暫く戦はせぬ方がと助言し、思い留まらせる。
周瑜は劉備の所で甘夫人の葬儀が行われると聞くと荊州を取り戻すある策を思いつく。
江夏城。呂範が訪れ、孫権の妹 孫尚香と劉備の縁談話を持ちかける。そして孫権の母 呉国太の最愛の娘の婚儀は呉で行いたいと呂範は言う。
劉備は躊躇するが諸葛孔明は私は賛成と口を挟み、縁談話を進める。
呂範が帰ると周瑜の罠だと劉備は警戒するが、諸葛孔明は策には策で返すと言う。
西涼太守 馬騰の娘 馬玉柔は侍従 馬慶と趙子龍を訪ねて来る。屋敷の前で馬玉柔を見た李飛燕は夏侯軽衣だと思い声をかける。飛燕と共にいた諸葛孔明は牛玉と名乗った馬玉柔を観察する。
馬玉柔は屋敷へ通されると狭いと言い、李飛燕に子龍とはどんな関係?と聞く。
諸葛孔明は用件を聞く。
馬玉柔は挨拶に来たと答える。
子龍は呉へ向かったと諸葛孔明から聞いた馬玉柔は呉に行くと言い出す。そして危険ならうちの者に協力させる。すぐ用意出来るのは300人程と軽く言う。諸葛孔明は戦ではないので結構ですと丁寧に断り、呉に行くなら策を書いた文を渡して欲しいと頼む。
諸葛孔明は錦の袋を3つ馬玉柔に渡す(錦嚢の計)。緑の袋は直ぐに開け、年の暮れに黄色。赤は呉を出て危機に瀕した時に開けるようにと言付け、子龍は牛殿と会えれば危機を免れますと言う。名分ができ子龍に会いに行ける事になった馬玉柔は喜ぶ。諸葛孔明は衣は着替えて行くよう助言し、私の見立てが正しければあなたの姓は牛ではないと言う。
南徐。劉備たちは孫権の出迎えもなく宿に逗留していた。孫権の屋敷で4度も門前払いされ、趙子龍が魯粛か呂範を訪ねる事になる。
趙子龍は宿を出た所で馬玉柔に会い、避けようとするが、軍師の命でここに来たと馬玉柔は子龍に言う。
馬玉柔は劉備と会い、軍師の命だと言い張り行動を共にする事に。劉備に命じられ、子龍は仕方なく同じ宿に部屋の手配をする。
馬玉柔は諸葛孔明から託された3つの錦袋のうち1つだけ子龍に渡し、残りは必要な時に渡すと言う。子龍が怒りそうになると皇叔(劉備)も私を客人だと言ったと劉備を盾にする。
最初の錦袋には『まず声を上げて人心を得よ。次に人の和を通じ喬公を訪ねよ』と書かれていた。
銅鑼を鳴らし進む隊列が町を練り歩き、柳言成が「我が主君は漢王族の血筋 まもなく孫尚香様を娶る」と触れ回る。
馬玉柔は趙子龍を付き合わせ劉備の婚儀の準備を進め、香燭坊などで買物をする。
衣装店で花嫁衣装を目にした馬玉柔は気に入り身につけてみる。花嫁衣装を身につけた馬玉柔を見た趙子龍は夏侯軽衣を思い出し店を出て行く。
馬玉柔は趙子龍を追いかけ、私だって好きで似ているわけじゃない。八つ当たりはお断りと言う。そしてあなたに想われたいと馬玉柔は子龍への想いを話す。
諸葛孔明の策が功を成し、劉備と孫権の妹 尚香の婚姻は町中に知れ渡るが孫権は知らぬ顔を通す。諸葛孔明からのもう一つの指示『喬公を訪ねよ』に従い、劉備は喬国老を訪ねる事にする。
喬公は娘 大喬が孫策に小喬は周瑜に嫁ぎ、呉国太とは良好関係にあった。
喬府。喬国老は劉備を歓迎する。
劉備と孫尚香の縁談話があると聞くと喬公は実にめでたいと喜ぶが、婚儀のために南徐へ来たと話すと隠居の身で何も聞かされていないと言う。
趙子龍が到着しても出迎えも祝いの雰囲気もなく君主はなぜ吉事を隠されるのかと聞く。喬公は呉国太に口添えすると請け負う。



広告





【第49話 甘露寺での宴】
孫府。孫権の母 呉国太は喬公から劉備と娘 尚香の縁談話を聞き、江南6郡81州だけでは飽き足らず、荊州まで欲しがり、己の力で奪い取らず、勝手に縁談話を進めたと息子 孫権を咎める。
孫尚香も兄 孫権に抗議する。
趙子龍が鳴り物入りで結納を持ち屋敷へ来る。
孫権は仕方なく趙子龍を出迎え、咳き込んで病を装い風邪で出迎えられなかったと詫び、婚儀の準備が整い次第伺うと皇叔に伝えるよう言い、返礼品として酒を渡す。
劉備は喬公が孫権の屋敷を訪れている時 孫権が自分をむげにできぬよう結納品を届けさせていた。
喬公の助言もあり、呉国太は甘露寺に宴席を設け娘婿に相応しいか劉備を見極める事にする。
喬公から文が届いた夜、劉備は刺客に襲われる。趙子龍は刺客を追いかける。
庭で番頭 賈華(小説 三国志演義では甘露寺で劉備を暗殺しようとする架空の人物)に会う。
賈華は二度と刺客を入れぬようにすると趙子龍に言うが、子龍は賈華を疑う。
甘露寺。呉国太、孫権、喬公が待つ席へ遅れて劉備が趙子龍と柳言成を従え到着する。
喬公は劉備に「曹操は天子を擁し、諸侯に命を下し、劉皇叔は漢を守るべく彷徨い、諸葛亮や将軍達に助けられ襄陽と樊城を手に入れ足場を得た。今後の事は?」と尋ねる。
曹操の勢力は強大。今の私では太刀打ちできませぬ。しかし文には諸葛先生。武には関羽と張飛、子龍の助けがある。さらに呉と手を組めば曹操に抵抗でき、民を守れると答え、ゆえに孫将軍の招きに応じ南徐へ参りましたと言う。
そして4人は酒を飲みながら歓談する。
少しして将軍 丁奉が劉備暗殺を図る。
呉国太が気づき、盃を飛ばし矢が外れ、劉備は難を逃れる。
丁奉は逃走するが、こっそり来ていた馬玉柔が足留し、趙子龍に捕らえられる。孫権は関与を疑われるが知らぬふりをし、丁奉も私が勝手にやったと言う。
丁奉は死罪を言い渡される。
しかし劉備は「千軍は得やすきも一将は求め難し」。これまで丁将軍は孫将軍に付き従い戦功を立てた。許してやっては?と言う。
呉国太は危うく婿を失う所だったと言う。
そして皆に私は劉皇叔が気に入った。娘婿に決めます。手を出す者は私が許しませんと命じる。
宿に戻った趙子龍は丁将軍と争った際に怪我した馬玉柔に薬を持って行く。馬玉柔は手柄を立てたお礼に髪飾りを買ってと子龍に強請る。
幽州 公孫瓚の娘 公孫宝月は町の宝飾店で孫尚香の嫁入り道具を揃えに来た呉国太と偶然出会う。店主が呉国太に高値をふっかけているのを見て公孫宝月は口を挟む。店主は用心棒を呼び、公孫宝月を追い出そうとするが呉国太自ら用心棒を倒す。呉国太は公孫宝月を気に入り屋敷へ招く。
公孫宝月は趙子龍を捜すため誘いに応じ、孫権の屋敷へ。
呉国太は公孫宝月が公孫瓚の娘だと聞くと、名誉を守るため自害した英雄だと言う。そしてこれも何かの縁 養女に迎えると公孫宝月に言う。
公孫宝月が長刀の訓練をしている所へ孫尚香が剣を手に現れ、公孫宝月と手合わせする。



広告





【第50話 歓迎されぬ客】
孫府。孫権妹 孫尚香と公孫瓚の娘 公孫宝月は手合わせし、直ぐ意気投合する。
孫尚香は劉皇叔(劉備)の事を知りたいと言う。公孫宝月は子龍に会えるかも?と考え、屋敷に招いてもらい陰から様子を伺えば?と孫尚香に助言する。そして供の将軍が趙子龍だと確認し、主君への忠義心が強い将軍だと話す。孫尚香はあなたも年頃。その趙将軍に嫁いだらどう?と言う。
宿。西涼太守 馬騰の娘 馬玉柔は亡き趙子龍の恋人 夏侯軽衣が縫った戦袍を繕おうとし、子龍の怒りをかう。夏侯軽衣を忘れられずにいる趙子龍に馬玉柔はもっと周りを見たら?誰かを愛せるはずと言う。趙子龍は私を想うだけ無駄と返す。
馬玉柔はあなたが忘れるまで待つ。私にも機会を与えて欲しいと言う。
孫府。孫権は劉備を殺すどころか、劉備と妹 尚香の縁談に母上はすっかり乗り気だと大都督 周瑜に話す。周瑜は賈華を紹介し、劉備のいる宿に忍ばせていると言う。そして劉備に手を出せぬなら先に趙子龍を始末すると言い、策を話す。
公孫宝月は孫権の母親 呉国太に婚姻は買物と違い失敗できない。劉備を屋敷に招き屏風の陰から孫尚香が覗く事を提案する。孫尚香は公孫宝月の相手に趙子龍を勧める。
劉備は呉国太の誘いに応じ一人で屋敷を訪れる。孫尚香は侍女として呉国太の側に仕える。
呉国太は劉備に亡き2人の妻について尋ねた後、妻に対し何を求めるか聞く。
劉備は女の務めは夫に従い子を育てる事。ですが女も己の考えを持つべき。己で考え確たる己を持つべき。正直なのが一番だと答える。
呉国太、孫尚香 共にその答えに満足し、私の養女が良い娘。趙子龍との縁談を持ちかける。
宿。劉備は機嫌良く帰って来ると趙子龍に呉国太の養女との縁談話を話す。
趙子龍は戸惑い、馬玉柔は英雄に女難はつきものだと反対。柳言成は出世が望めるいい縁談だと言う。
趙子龍は主公が大業を成されるまで縁談など考えられませんと断るが、一度 呉国太の元へ参上し誠意は伝えねばと劉備は言う。
孫府。劉備は趙子龍を伴い呉国太を訪ねる。
趙子龍が縁談を断り、呉国太は怒る。公孫宝月は見兼ねて3人の前に出て行く。 
劉備と趙子龍が帰ると公孫宝月は騙すつもりはなかったと呉国太に謝る。そして子龍との事を話し、南徐には子龍を追って来たと明かし、子龍は想い人を亡くし傷が癒えていない。側にいるだけで満足だと話す。
孫尚香は劉備を気に入り嫁ぐ事を決める。
宿。劉備は曹操が荊州を狙っていると諸葛孔明から文を受け取る。
趙子龍は荊州へ戻るよう命じられるが、劉備の身を案じる。番頭 賈華が孫権様が守りを増強してくれたのでご安心をと口を挟む。
関羽と張飛は荊州にいる賈華が口を挟んだ事で趙子龍は罠だと気づくがあえて罠にかかる事に。
趙子龍は単騎で荊州へ向かい、襲撃に遭う。
そして宿では賈華が劉備を暗殺しようとするが子龍が助けに現れ、馬玉柔も加勢する。
そこへ呉国太と喬公が来て、お前の主と大都督を呼ぶようにと賈華に言う。
息子が荊州を奪うため周瑜と謀り、劉備を殺めようとし、僅かな土地のため人の道を踏み外すのか?子龍が気づかなければ大罪を犯していたと呉国太は息子 孫権に激怒する。
周瑜は私の一存と庇う。
人を害する事しか考えられぬなら諸葛亮の足元にも及ばぬと呉国太は言う。
呉国太は息子の非礼を劉備に詫び、うやむやにはできないと言い、賈華らを死罪にしようとする。両家の融和が大事と劉備が止め、喬公も婚儀の前に血を流す事は避けるべきと忠言し、処罰はせず、3日後に劉備と孫尚香の婚儀を行うと決める。
趙子龍は劉備を助け、再び怪我を負った馬玉柔に湯薬を持って行く。馬玉柔は薬が苦いと文句を言い、老舗のお菓子を強請る。
趙子龍と馬玉柔は町へ行き、店で金木犀の菓子、牛肉、焼いた鵞鳥とお酒を頼む。同じ店に偶然 公孫宝月と侍女 霜児が来る。公孫宝月は馬玉柔を見て夏侯軽衣だと思い、驚く。
馬玉柔と公孫宝月は牽制しあう。
趙子龍は公孫宝月になぜ呉国太の養女とし南徐にいるのか聞く。公孫宝月は他人の前では話せないと言い、子龍を表に連れ出し、これからは敵と一緒に戦いながらあなたの世話もすると言う。
馬玉柔が不貞腐れながら店で菓子を食べていると兄 馬超が来る。馬超は父親の命令で妹 馬玉柔を連れ戻しに来ていた。
馬玉柔は目的を果たすまで帰れない。お婿さんにしたい人がいると言う。そして兄上には心に想う人はいないの?と馬玉柔が聞くと馬超は目をそらす。






にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

ラベル:亓航
posted by LINA(lina.myfavorite@gmail.com) at 15:15| 三国志 ~趙雲伝~ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ー只今整理中ー ー只今整理中ー

ブログ内 作成中
韓国ドラマ 一覧 こちら                                     
各話  「ハベクの新婦」                                        
✳︎中国・台湾ドラマ一覧こちら                            
各話「花千骨」「旋風少女」「旋風少女 2」 「シンデレラはオンライン中! 」「四大名捕」  「あの星空。あの海。」「三国志〜趙雲伝〜」「諍い女たちの後宮」「王女未央」「皇貴妃の宮廷」「孤高の花」「麗姫と始皇帝」「恋はドキドキ!」「海上牧雲記」「独孤伽羅」「如歌〜百年の誓い〜」 「花と将軍」「三国志 Secret of Three Kingdoms」「皇帝と私の秘密~櫃中美人」「寵妃の秘密〜私の中の二人の妃〜」「寵妃の秘密 2~愛は時空を超えて~」「カンブリア紀」「飛魚高校生」「三生三世十里桃花」「独孤伽羅」「楚喬伝」「萌妃の寵愛絵巻」「晚媚と影〜紅きロマンス〜」「霜花の姫~香蜜が咲かせし愛~」「瓔珞〈エイラク〉」「「蘭陵王妃」「扶搖 ~伝説の皇后~」「酔麗花~エターナル・ラブ~」「刺客列伝 」ほか