2020年07月07日

中国ドラマ・酔麗花~エターナル・ラブ~[キャスト・あらすじ]第49話〜50話


酔 麗 花 ~エターナル・ラブ~
(原題 醉玲瓏)


FFF537E1-CA39-4CAE-862D-DC45EA872D20.jpg
©️中国 東方衛視 2017


キャスト

巫族聖巫女 鳳卿塵/劉詩詩
西魏第四皇子 元凌/陳偉霆

巫族長老 桃殀/韓雪
巫族大長老 昔邪/韓棟
巫族 執事巫女 冥魘/馬春瑞
巫族巫女 碧瑤/馬月 
西魏 皇帝 元安/劉奕君
西魏 皇太子 元灝/高一清 
西魏 第三皇子 元済/季晨 
西魏 第五皇子 元汐/王若麟 
西魏 第七皇子 元湛/徐海喬
西魏 第九皇子 元溟/張赫
西魏 第十一皇子 元澈/龔俊 
西魏 第十二皇子 元漓(九転玲瓏使)/徐嘉葦
阿柴族公主 朶霞/黃夢瑩
阿柴族大将 木頦沙/徐劍 
阿柴族王子 夸呂/古銘瀚
丞相 鳳衍/傅雋 
殷貴妃(元汐、元湛の母)/方曉莉
蓮妃(元凌の母・暗巫)/曾黎
湛王側室 靳慧/李呈媛
九転玲瓏使/鄭業成 
碧血閣 暗巫 武娉婷/湯晶媚 
鳳家三女 御前女官 鳳鸞飛/劉穎倫 
殷採倩/徐沐嬋 
梁皇子 蕭続/毛方圓
李麟/楊韜歌 
巫族前長老 定水(蓮妃)/鮑天琦 
巫族長老 莫不平(大常寺卿)/張弓




広告





【第49話】
洮陽城。第四皇子 元凌は阿柴族公主 朶霞が敵国 梁皇子 蕭続と結託した阿柴族将軍 木頦沙の元へ単身で乗り込んだと知り、配下に王妃を連れ戻せと命じる。
蕭続は木頦沙と阿柴族王子 夸呂が反目しているのを利用していた。阿柴族は分裂。我が手に落ちる日も近いと柴将軍に蕭続は話す。
柴将軍は木頦沙が兵権を掌握した後を懸念する。しかし蕭続は信義に背き一族を裏切るような奴。恐れる事はないと言う。
魏国 廃太子 元灝の率いる補給部隊がこの地にと報告が入ると蕭続はほくそ笑む。
蕭続は部隊を襲撃し元灝を捕らえよと命じる。
その頃、元灝は御林軍 秦辰からこの谷を抜ければ阿柴族の領内だと告げられ、あと数日もあれば四弟と合流できるなと思う。
洮陽城。朶霞公主が戻って来る。
朶霞公主は木頦沙は粗暴に見えるけど実はかなり周到な男と言う。
朶霞公主に従うのは2部族。玄甲軍でも木頦沙と蕭続の連合軍に立ち向かうのは容易でない。
第十一皇子 元澈も洮陽を守り抜くのは難しいと言う。元凌は策略を巡らし万全の対応をせねばと考える。
魏の補給部隊が梁軍に襲撃される。
元灝は撤退せず兵糧を守り突破するよう命じる。
巫族長老 莫不平は救出した巫族長老 昔邪の治療をし、よく養生し霊力は使わぬようにと言う。
昔邪長老はどうやって蓮池宮を探り当てた?と聞く。 莫不平は卿塵が探り当てたと言う。
卿塵とは何者だ?蓮妃も私の弟子だと言っていたと昔邪は言う。莫不平は卿塵について昔邪長老に教える。
そして卿塵が溟王に捕われたと報告が入る。
皇宮 牢獄。第九皇子 元溟は聖巫女 卿塵を尋問するが、卿塵は全て私が1人でやったと言う。
元溟が禁術で卿塵を攻撃し始めた時 莫不平が現れる。しかし二人は捕らえられる。
皇宮 致遠殿。皇帝 元安は莫不平を捕らえた元溟に褒美をと言うが、元溟は己の努めを果たしただけと断り、災いの種は根こそぎにすべき。巫族と結託し謀反を企てる事は重罪。元凌と元湛を追及するよう訴える。
皇帝は一方は軍の総帥。一方は九城兵馬司。どう処分しろと?と聞く。元溟はどちらの任も替えが利くのでは?と返すと皇帝は激怒。あやつらを選んだのは邪心がないゆえ。己の兄弟を殺める者には務まらないと言う。
そして事前に準備していた勅旨を孫太監に読み上げさせる。
『溟王は徳に背く言動を取り人としての道を踏み外した。庶民に落とした上 辺境に追放し都に入る事を永久に禁ずる事にする』と勅命が下され、元溟は驚き、父上のため巫族の殲滅に力を尽くしたと言う。
それは朕のためではない。そちの腹の内などお見通し。この帝位を誰に渡そうともそちにだけは渡さぬと皇帝は言う。
元溟はやはり父上は実の息子さえ容赦なく切り捨てる。いつの日か己が孤立した時 後悔しても遅いぞと返す。
皇帝は元溟をつまみ出せと命じるが、元溟は兵士らの手を振りほどき皇帝を睨みつけ立ち去る。
洮陽近郊  廃墟。梁軍に追われた魏軍 元灝たちは廃墟に逃げ込み、ここを死守し元凌に援軍を頼む事に。密かに部隊に加わっていた腹心 張束が元灝の前に現れ、元灝は安堵し笑顔を見せる。
梁軍は廃墟に当たりをつけ包囲する。
蕭続は数日経ったら生け捕りにせよと命じる。
洮陽城。元凌は洮陽の城門は4つ。私は1万の兵を率い東門へ。西と北は十一弟と羅玄に任せる。その隙に君達は最も手薄な南門を突破しろと朶霞公順に言う。朶霞公主は阿柴族だけ逃げるわけにはいかないと返す。
元凌は突破は逃走でなく城外で他の将兵達と呼応するため。兄君に援軍の要請を。さすれば木頦沙に打撃を与えられると言う。
元澈が大兄上が蕭続の軍に襲われ今100里先の廃墟に。援軍を送らねば長くは持たないと報告しに来る。
洮陽近郊  廃墟。梁軍が30里の地点まで迫り元灝は覚悟を決め、もうじき君に再会できるやもと亡き鸞飛を想う。
洮陽城。元凌は考えた末、敵の目を欺き水面下で事を進めると命じる。
皇宮 牢獄。卿塵は元凌から貰った玉の腕輪を手にあれが最後だと知っていたら胸の内を全て打ち明けたのにと弱気になるが、すぐ思い直し、牢を破ろうとする。しかし巫術が跳ね返される。
莫不平は結界が張られている。お前の体が持たぬと止められる。そして桃殀長老に知らせたゆえ待つのだと莫不平は言う。
梁 軍営。蕭続は元灝を廃墟に足止めした。元凌は洮陽の奪還で疲弊している。元灝を捕らえ兵糧を奪えば抵抗する力を失うだろうと木頦沙に話す。補給部隊の行軍は機密。漏らしたのは溟王。
溟王は身内を陥れてでも我らと組む気だなと木頦沙は返す。
蕭続は溟王は悪辣。我々も用心せねば。だが我々にとって都合がいい。溟王が兄弟を除く手助けをし、その機に乗じ魏国を叩き潰すと言う。阿柴族の全ての部族を私に従わせると木頦沙は言う
先ず元凌と玄甲軍からと二人の意見は一致。
凌王の死を願い二人は杯を捧げ、木頦沙は盃を投げ割る。
洮陽城。木頦沙たちは夜を徹して行軍し、廃墟に向かっていた。
元凌と元澈が策を協議する。
朶霞公主は万一があれば勝算はなくなる。私が招いた事態は自らの手で決着をつけるべきだと考え馬に乗る。
皇宮 牢獄。「双星現れ 風雲急を告げる」という言い伝えは事実か皇帝は卿塵に聞きに来る。
そしてそなたが片割れなら片方は誰だ?凌王か湛王か?言わぬならば2人とも殺すと皇帝は脅す。
卿塵は虎でも我が子は食わない。あなたにも親子の情があると。勘違いだったようねと返す。
皇帝は多くの者を殺めてきた。情に流されるようでは天下など掴めぬと言う。
因果応報。いつか天罰が下る。陛下の最期を見届けるわと卿塵が返すとそなたにはどんな結末も見届けられぬ。なぜなら明日 そなたと莫不平を斬首に処すからだと告げ、同時に巫族を根こそぎにする命も下してやると皇帝は言う。
湛王府。第七皇子 元湛は献上品の上納を阻止し、国庫の収入源を断つ。兵糧の供給は各州の殷家所有の商家に用意させればひと月は持つはず。そのひと月の間に父上と勝敗を決し、卿塵の命と献上品を引き換えにしようと考えていたが、
配下 李麟から明朝一番に卿塵さんと莫殿は斬首に処されるそうですと報告される。
元湛は咳き込みふらつくが、直ぐに参内する。
皇宮。元湛は参内するものの皇帝に謁見を断られ、その場に跪く。
一方、丞相 鳳衍は今後どうなさるおつもりで?と元溟に聞く。元溟はこのままではおかぬと返す。




広告






【第50話】
皇宮。皇帝 元安に謁見を求め跪く第七皇子 元湛の元へ第十二皇子 元漓が来て、ただ跪いているより方策を探さねばと言う。
巫族長老 昔邪は気を整えながら、巫族長老 莫不平からの知らせを待つ。
元漓が巫族長老 桃殀に助けを求めた事により、元漓も巫族と往来があったと元湛は知る。
桃殀は牢獄を夜襲するしかないと言う。
元漓は1つ方策があると返し、元漓は皇帝に会いに行く。そして甘えながら卿塵に別れを告げたいと頼む。
元湛と元漓は牢獄へ行き移形換影の術を使い、元湛と元漓が卿塵と莫不平に扮し、二人を逃す。
牢獄から脱出した卿塵は桃殀たちの元へ。莫不平は昔邪長老を迎えに行く。
その様子を陰から蓮妃は伺っていた。蝙蝠が莫不平の後を追う。
阿柴族公主 朶霞は配下 木頦沙の所へ行き、廃墟から兵を退き阿柴族の領地を奪還すればあなたに嫁ぐと取引を持ちかける。
木頦沙は二言はなしですぞと承諾する。
皇宮 牢獄。丞相 鳳衍が卿塵を尋問しに来るが、
牢の中にいたのは元湛と元漓だった。
元漓はなぜ私は牢獄に?と惚ける。
致遠殿。元湛と元漓は皇帝にどういう事だと問い質されるが、二人とも惚ける。皇帝は二人に対し、王府に軟禁し全ての職を解けと命じる。
この手で奪い取った天下を流言如きで奪われてたまるか。奴らの思い通りにはさせぬ。何としても卿塵を捜し出し、殺しても構わぬと皇帝は密命を下す。
莫不平は昔邪長老に卿塵はひと足先に桃殀長老と合流すると伝える。昔邪長老は城内は危険ゆえ観海崖で落ち合う事にと言い、霊蝶を放つ。
蓮池宮。蓮妃は蝙蝠から報告を聞き、観海崖ね。師兄、師姐。死別の苦しみを味わうがいいわと高笑いする。
第九皇子 元溟は胸の痛みに耐えながら繊舞の位牌に触れると位牌が燃え始める。元溟が燃える位牌に手を伸ばすが暗巫 武娉婷が止め、禁術は控えて下さい。命を落とします。閣主が死ねば誰が繊舞を懐かしむのですと言う。
そこへ蝙蝠が飛んで来て、巫族達の居場所を知らせる。元溟は配下を集結させよと命じる。
卿塵は桃殀と巫族 冥魘と合流し、昔邪長老からの伝言を受け取る。
桃殀はあなたは暗巫の禁術で内傷を負った。霊力は使わないで。さもないと焔毒が経絡に流れ、心の臓が止まると卿塵に忠告する。
観海崖へ向かう昔邪長老たちの前に暗巫が現れ襲撃する。莫不平は桃殀長老が危険。ここは私にお任せをと昔邪長老に言う。
桃殀は聖巫女の重責を担うあなたを全力を尽くして守る。師兄と落ち合ったら離境天にと卿塵に言うが、卿塵は凌王殿下を捜しても?と聞く。
遠すぎると桃殀は言う。
幽霊石で瞬間移動すると卿塵は返す。
昔邪長老は先を急ぐが、さらに現れた暗巫と戦う事に。卿塵たちの前にも元溟率いる暗巫達が現れる。
桃殀は攻撃を防ぎながら今日からあなたに巫族を託す。凌王を助けなさいと告げ、卿塵と冥魘を幽霊石で瞬間移動させる。
残った桃殀は1人で暗巫に立ち向かうが、元溟の禁術を受ける。そこへ昔邪長老が駆けつける。
昔邪長老は桃殀を治療するが、この想いは来世で遂げましょうと言葉を遺し、桃殀は昔邪長老の胸で息絶える。昔邪長老は桃殀を抱きしめる。
蓮妃が現れる。
全てを犠牲にしても巫族を滅ぼす気か?と昔邪長老は問う。蓮妃は私の秘密を知る者を消さねば。凌には父親である先帝の敵を討たせ、天下を奪わせる。巫族が凌の天下の礎を築くのよと言う。
昔邪長老はいつか凌王が母の所業を知る日が来るだろうと返すが、蓮妃はそんな日は来ない。事情を知る者を1人残らず始末するからと言う。
蓮妃は昔邪長老を殺そうとするが、隠れて様子を伺っていた元溟に気を取られる。
その時 莫不平たちが駆けつける。
元溟は逃げるが蝙蝠に後をつけられていた。
蓮妃はかの者だったのね。全て知られたならますます面白い事に。元安の帝位を巡り泥沼の闘いが起きると呟く。
洮陽城。卿塵と冥魘は幽霊石の霊力で洮陽へ。
冥魘は暫く霊石は使えない。戻る術はない。師匠は私達を逃がしてくれた。その気遣いを無駄にせぬよう巫族を守るため凌王を捜そうと言う。
冥魘が偵察に行くと卿塵の生命の花が出てきて卿塵はその場で泣き崩れる。
朶霞公主が洮陽城へ戻って来る。
元澈は木頦沙に下ったやもと案じるが、それなら戻って来ぬと元凌は返し、開門しろと言う。
朶霞公主は木頦沙は私のせいで反乱を。魏国を巻き添えにできないと言う。元凌はこれは私怨ではなく領土を巡る争い。盟友である阿柴族の困難は魏国の困難。今後は独りで危険を冒すなと話す。木頦沙は一時的な撤兵に同意。梁国の包囲さえ突破すれば廃墟を解放できると朶霞公主は言う。








にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村



posted by LINA(lina.myfavorite@gmail.com) at 10:15| 酔麗花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ー只今整理中ー ー只今整理中ー

ブログ内 作成中
韓国ドラマ 一覧 こちら                                     
各話  「ハベクの新婦」                                        
✳︎中国・台湾ドラマ一覧こちら                            
各話「花千骨」「旋風少女」「旋風少女 2」 「シンデレラはオンライン中! 」「四大名捕」  「あの星空。あの海。」「三国志〜趙雲伝〜」「諍い女たちの後宮」「王女未央」「皇貴妃の宮廷」「孤高の花」「麗姫と始皇帝」「恋はドキドキ!」「海上牧雲記」「独孤伽羅」「如歌〜百年の誓い〜」 「花と将軍」「 三国志 Secret of Three Kingdoms」「皇帝と私の秘密~櫃中美人」「寵妃の秘密〜私の中の二人の妃〜」「寵妃の秘密 2~愛は時空を超えて~」「カンブリア紀」「飛魚高校生」「三生三世十里桃花」「独孤伽羅」「楚喬伝」「萌妃の寵愛絵巻」「晚媚と影〜紅きロマンス〜」「霜花の姫~香蜜が咲かせし愛~」「瓔珞〈エイラク〉」「「蘭陵王妃」「扶搖 ~伝説の皇后~」「 酔麗花~エターナル・ラブ~」「刺客列伝 」「春花秋月~初恋は時をこえて~」「招揺」「白華の姫」「陳情令」「春花秋月」「鳳凰伝」ほか