2019年04月08日

中国ドラマ〈独孤伽羅(原題 独孤天下)〉キャスト・あらすじ第22話


独 孤 伽 羅
(原題 独孤天下)


9C7162FA-E806-4B00-8E90-03E4030FE41F.jpg
©️中国 腾讯视频 2018



キャスト

独孤家三女 独孤伽羅 (隋 文献皇后) 
/胡冰卿 フー・ビンチン

独孤家長女 独孤般若(北周 明敬皇后) 
/安以軒 アン・アン 〈特别主演〉

独孤家二女 独孤曼陀(唐 高祖 李淵生母)
李依暁  リー・イーシャオ









隋文帝 楊堅/張丹峰 
北周 太師 宇文護/徐正溪
北周 武帝 宇文邕/應昊茗
北周 明帝 宇文毓/鄒廷威
八柱国 丞相 独孤信/黄文豪
隴西郡公 李昞(李淵 父) /盧星宇
北周 孝閔帝 宇文覚/李瑞超
楊麗華(歴史上 独孤伽羅 長女)/郜思雯 
北周 宣帝 宇文贇(宇文邕 長子)/劉帥 
驃騎大将軍 哥舒/趙毅新
北周 四品女官 王氏/張茜
北斉 女相 陸貞(高湛情人) /呂一 
北魏 孝武帝 元修/馬敬涵
八柱国 随国公 楊忠(楊堅 父)/盧慶輝 
北周 武帝皇后 阿史那云/黄梓熙
唐国公 李澄(李昞長子李淵 兄) /強宇
鄭榮/馬昂
鄭榮 妻 冬曲(伽羅侍女)/馬菲
独孤信 五男 独孤順/田渤 
独孤般若侍女 春詩/袁暁旭
独孤曼陀侍女 秋詞/于小琬
独孤曼陀侍女 王氏/張
独孤家管家/姚建明
寧都王府侍女 春叶 /李昊阳
宇文邕従者 何泉/顧乙亮
清河郡主 太師夫人 /任媄熙 
八柱国 楚国公 趙貴 /施宁 
隴西郡公側室 馮氏 /尹姍姍
隴西郡公側室 裴錦娘/姜析源
尉遅康/周斌
北周 孝閔帝皇后 /楊采盈
京兆尹 杜校尉/郭偉
北周 宣帝妃  朱滿月(宇文闡 生母) /朱笛児
阿娜/彭思琪
北周 武帝妃 李娥姿(宇文贇 生母 )/張子璇 
独孤伽羅長子 楊勇/楊作燦
唐高祖 李淵/陳柯帆
八柱国 尉遲迥(宇文泰 甥)/于子寬
北斉 武成帝高湛(陸貞情人)/王争
楊夫人/上官瞳
北周 文帝 宇文泰/蘇茂
姚夫人/譚琍敏
宇文護世子/王羿鵾
尉遅繁葉/李依曉





南北朝時代はまさに乱世。
西暦534年北魏の孝武帝は権臣 高歓を討とうとし失敗。大将軍 宇文泰を頼るため長安へ向かった。
途中襲撃に遭うが、間一髪の所で大将軍 独孤如願に助けられる。
孝武帝は立ち寄った寺の壁に書かれた文字に目を止める。それは関中の習わしで、占い用の竹のくじを引き壁に書かれている数字と照らし文字を並べると予言になると聞き、試してみる。
予言は『帝明はいまだ明けず 独狐の天下になる』と出る。
孝武帝は朕の前途はまだ暗いが、独狐将軍の助けさえあれば危機を乗り越え天下を統一すると解釈し、独孤如願に独孤信と新たな名を与える。









【第22話】 
皇后 独孤家長女 独孤般若は皇帝 宇文毓が水銀の毒に侵されこのまま放置すれば半年。遅くとも一年の命と言われ、太師 宇文護が子が産まれたら毓が死ぬよう仕組んでいたと知る。
独孤府。般若はなす術なく父 独孤信に相談し、激怒され頰を打たれる。般若は泣きながら本当なら一生隠しておけた。弟の善を朝廷の宿衛長にすれば宇文護に知られず治療をする事ができると話し、宇文泰への父の誓いを盾に手助けするよう懇願する。独孤信は誓いについては黄泉の国でお詫びを申し上げると返し、お前の心にいるのは陛下か宇文護か聞く。般若は答えず、大事なのは陛下を死なせぬ事。陛下は何も悪くないと言う。
独孤信はこれがお前の欲しかった独孤天下か?己の命も守れぬ傀儡の皇帝と臣下と密通する皇后。宇文覚の方がましと怒鳴るが、救うか救わないか般若に問われると明日から朝議に出て務めを果たすと答える。
しかし腹の子は産まれたあと死産だと偽り、遠くへやれ。そうすれば宇文護はお前を哀れに思い暫くは陛下に手を出さぬ。宇文護が失脚してもその子がお前の心の重荷になる事もなかろうと言う。般若は納得し、いい里親を探して下さいと頼む。独孤信は般若に背を向けて泣く。
隴西公府。 般若の命で宇文覚の後宮にいた王氏が隴西郡公 李昞に冷遇され、側室 馮氏に女主人の座を奪われている独孤家二女 独孤曼陀の手助けをするため侍女として訪れる。
李昞と共に馮氏が王氏を出迎える。馮氏は李昞の横の上座に立ち、王さんはいつまで滞在を?と声をかける。王氏はあなた様は?と返す。馮氏が側室 馮と名乗ると王氏は側女ですかと返し、郡公の側室は教養がないと聞きましたがその通りでしたと李昞に言う。
王氏は洛陽郡公の娘で李昞の母の従妹。李昞から伯母と呼ばれる立場だった。
王氏は私は魏の建国後 宮中で女官を。卑しい側女のあなたが私を王さんと呼ぶのは私への侮辱ですか?郡公のお母上への侮辱ですか?と聞く。
李昞は馮氏に詫びさせる。
さらに王氏は元は郡公夫人の侍女だったとか。役所の側室証書は?と聞き、ハッとした馬氏にないならつまり今も下働き。側室ともいえない。私は皇宮で四品の位にあった。陛下や皇后様の使いで臣下の家に行くと主と夫人が出迎えた。下働きが出てくるとは。隴西郡公府は陛下を軽んじているのですか。車裂きに値する大罪ですと言う。李昞は何も返せない。
馮氏が慌てて跪き、私が無知ゆえ過ちを。郡公は誰より陛下に忠実だと話そうとし、王氏に黙れと制され、お前が口を出す事ではないと言われる。
そして李昞に皇后の妹を郡公が虐げていると陛下はお怒り。女主人に不敬な者はじき主に盾突き裏切る。私は当分ここで皆に規律を教え込まねば。この卑しい者は私が去ればすぐ奥様に無礼を働きますと馮氏を指差す。
李昞はそのような事はないと言い、馮氏は王氏に何度も下働きと言われ我慢ならず立ち上がり私の先祖は梁の高官と言うと李昞に猫なで声を出し、何か言って下さいと言う。
王氏はこれがいつもの手なの?媚びる すがる 泣く これが家伝の秘技かしら。お前の母親は芸妓ね。先祖代々卑しいからこそ生まれたお家芸と侮辱する。(曼陀も同じ手を使っている…)
馮氏は分が悪くなり、気を失ったふりをする。しかし王氏は馮氏に茶をかけ、気を失ったふりで誤魔化す気?使者を軽んずるは大罪なりと李昞に処罰を求める。
李昞は棒打ちを命じるが、王氏は寵愛される馮氏に厳罰はやめましょう。李家の家訓に従い15日間 門で3刻跪いてもらうと言う。
馮氏は私にはお嬢様のお世話があると言うと王氏は図々しい。奥様がお世話すると返す。
李昞はお母上は不敬な側室がお嫌いだった。お母上ならもっと厳しくしたと言われ、 王氏の命に従わざる得なくなり、屋敷の事は全て伯母上にお任せすると言う。
曼陀は喜び、馮氏をやり込めた王氏に今後は伯母上の言う通りにするわと言う。王氏は恐れ多いと返し、私は奥様にお仕えする身だと言う。侍女 秋詞もすごいと感心すると宮中に長くいればこれくらいできて当然と言う。
皇宮。 沈んだ様子の般若を皇帝は気遣う。
般若は父が丞相の任を承諾したと話し、出産のため政は全て陛下に任せる。宮中には宇文覚の残党がいるやも。食べ物には気をつけて。必ず毒味させて。太医の養生薬は必ず飲んでと言う。
般若は太医から書斎の香炉にあった馬銭を見せられ、毒が水銀だけでないと知る。般若はわざと頭痛が出る薬を出すよう命じる。
般若は宇文護と会えば宥められると思っていたが考えが甘かったと思う。春詩は今では宇文護様より陛下の方がお好きなのでは?と言う。般若は宇文護にとって帝位が一番で私は二の次。でも毓にとっては永遠に私が一番と返す。
龍興寺。般若はもう少し待とうと思っていたが秘策を決行する事に。宇文護と密会し、宇文護にあなたの子供達を殺して。私を憎んでいる。あなたが皇帝となり私達が夫婦になればあなたの子達はこの子を殺すと話し、二人は口喧嘩になる。
般若は宇文護に毒薬を渡そうとし、宇文護が毒を振り払った時 石段から落ちる。
般若は危険を冒し、自分が腹の子を殺したと宇文護に思わせようとする。大量の血を外にまき、助からぬかも知れないと春詩に言わせ、死んだ赤子も用意していた。
般若は女児を出産するが、死んだと偽り宇文護を責め、二度と会いたくないと追い返す。宇文護は石段に油が塗られ、塗ったのは若様の臣下 既に自害をと哥舒から報告され、宇文訓めと激怒する。
般若は関わった者の口封じを春詩に命じ、宮中へ知らせるよう言う。
駆けつけた皇帝に春詩は石段に油が塗られていたと話す。般若は趙貴の残党の仕業だったが宇文護の子に罪を着せるよう春詩が細工した。暫く宇文護も大人しくなるはずと言う。
皇帝はこんな目に遭っても自分を気遣う般若に私のせいですまぬと心から詫びる。
鳳儀殿。独孤家三女 独孤伽羅は般若が危険を冒し宇文護の目を欺き産んだ娘を済慈院へ連れて行かせたと聞く。そして般若から子に会いに行くため、里帰り出来るよう奏上を書いてと頼まれる。
隴西公府。王氏は側室達を集め、出自、家族、郡公に仕えた回数など把握できるよう名簿を作る事を曼陀に提案する。侍女の選定をするが側室 裴錦娘は私は卑しい身分でなく。河東の名門の出。兄は郡公の副将軍。側室証書もあると言う。錦娘は次男を産んでいるので高慢な態度をとり、王氏に楯突き、仕置を受ける。
裴錦娘の次男と娘が来て、次男は母上を放せと王氏に横暴な態度を取る。王氏は郡公の子息が側室を母上と呼ぶとは生みの親が悪い。人倫も儒教も無視している。子は大目に見ても母親には罰を与えねばと池の水に裴錦娘をつける。
次男は止めるよう今度は丁寧に頼むが、王氏はあれでは死なぬ。正しい口が利けるよう教えていると厳しい口調で返す。さらに王氏は棒打ち半刻と命じ、奥様に礼を尽くすよう子供達に優しく話す。そこへ曼陀が来ると子供達は曼陀にきちんと挨拶する。王氏は子供達は奥様の元で育てるべきだと助言する。
部屋へ戻るとなぜ私があの子達を育てるの?懐くわけがないと曼陀は文句を言う。
王氏は馮氏や裴錦娘は子を産み寵愛を得た。子を握っておけば側室も偉そうにできない。庶子は正妻に懐かないもの。院に住まわせ毎日挨拶に来させるだけでいい。子がここにいれば郡公もよく訪れると話す。
曼陀は子に釣られなくても私が大事で会いに来ると返すが、王氏はまさか私に一生ここで郡公を見張れと?と言う。曼陀は愛想笑いや嘘泣きで取り入る。馮氏もそうしてきたと返す。
王氏は奥様は皇后様の妹。郡公夫人。なりませんと言う。皇后様は堂々として高貴な方。生母と同じく媚を売るのですか。男は妻に上手く家を仕切って欲しい。やきもちを焼いて怒っていては郡公は愛想を尽かすと苦言を呈する。
曼陀は李昞の本心を知らぬため、都から郡公は優しかったと言う。王氏はその優しさは日常ではない。郡公は多情でどの女人にも優しい分 かける情は薄い。裴錦娘の件を知れば激怒するでしょうが面子を立てて差し上げれば何もいいませんと助言する。




ーつづくー





にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村


posted by LINA at 09:00| 独孤天下 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ー只今整理中ー ー只今整理中ー

ブログ内 作成中
韓国ドラマ 一覧 こちら                                     
各話  「ハベクの新婦」                                        
✳︎中国・台湾ドラマ一覧こちら                            
各話「花千骨」「旋風少女」「旋風少女 2」 「シンデレラはオンライン中! 」「四大名捕」  「あの星空。あの海。」「三国志〜趙雲伝〜」「諍い女たちの後宮」「王女未央」「皇貴妃の宮廷」「孤高の花」「麗姫と始皇帝」「恋はドキドキ!」「飛魚高校生」「三生三世十里桃花」ほか