2019年06月20日

中国ドラマ〈霜花の姫~香蜜が咲かせし愛~ (原題 香蜜沈沈燼如霜)〉キャスト・あらすじ第14話 花神の死の真相と天界との因縁が明らかに!


霜花の姫~香蜜が咲かせし愛~
(原題 香蜜沈沈燼如霜)



61E9E80A-10AA-49F0-8507-41C3738DB082.jpg
©️中国 江蘇衛視 2018




その昔、世界には花界 人間界 天界 魔界 冥界 妖界が存在していた。原作は同名小説。









キャスト

花神
錦覓/楊紫  ヤン・ズー

72F209F3-132A-4E03-B820-1567E6084A1E.jpg



天帝嫡子 火神
旭鳳/鄧倫 ダン・ルン

463E2A3C-6090-4164-8A52-ABCBD084DC72.jpg



天帝の子 (旭鳳 兄)夜神
潤玉/羅雲熙 レオ・ロー

4E762BF9-F09A-455A-B24F-0276DF9B3066.jpg




魔界卞城 公主 
鎏英/陳鈺琪  チェン・ユーチー

DE5DA13E-F6CE-46A6-B9C5-6B2D9F8E5BEE.jpg




鳥族首領 公主
穗禾/王一菲  ワン・イーフェイ

BCBB82E1-4991-4A74-9EB4-C85D069322C9.jpg
  



魔界 滅霊族 
奇鳶(暮辞)鄒廷威 ゾウ・テンウェイ

8D05A415-4D2A-44CE-9B98-02D2A4BC7940.jpg




天帝/何中華
天后(旭鳳 母)/周海媚 
水神(錦覓 父) 洛霖/王仁君
水神妻 風神 臨秀/王媛可
月老(天帝 弟)月下仙人/夏志遠
十二支 彦佑/撲哧君/廖勁鋒 
旭鳳侍衛 燎原君/張鈞然 
水神 風神 花神の師傅 斗姆元君/李羿瑄 
璇璣宮従者 鄺露/杜雨宸 
栖梧宮小仙 了聴/張笑陽 
栖梧宮小仙 飛絮/崔彬斌
破軍/鄭歌 
天衛 雷公/何俊霖 
天衛 電母/柳思盈 
太巳仙人(鄺露 父)/張世宏 
太上老君/李永田 
花界長芳主 牡丹/彭楊
花界散仙 老胡/寧文彤 
花神(錦覓 母)梓芬/張棪琰 
花界二十四芳主 海棠芳主/馬境
花界二十四芳主 玉蘭芳主/閆露娢 
花界二十四芳主 /吳雯璇 
花界二十四芳主/段瑜 
花界 連翹/夏一瑤 
花界 多肉仙  肉肉/羌活/付柔美琦 
魔界魔尊 焱城王/王崗 
魔界大長老 擎城王/盧勇 
魔界魔王(鎏英 父)卞城王/姚清仁 
魔界魔王 固城王/宋允皓 
魔界魔尊息子 泫狩/李思瓊 
魔界魔尊息子 熾狩/汪思宇
洞庭君 龍魚族公主 簌離(潤玉 母) /樊錦霖 
緣機仙女/薩頂頂  
鳥族長老 隱雀/付宏聲 
天帝兄 先帝長子 廉晁/劉昊宸 
十二支仙 鼠仙/李雪鋒 
聖医族長老  荊芥/文靜 
土地仙/劉向平 
穗禾侍女 雀霊/董小白 
人間界 南平侯/孫寧  
人間界 南平侯腹心 斉衝/拓谷楓 
人間界 淮梧国傅相/周藝華 
古代獣 窮奇/胡錦陽 




広告





あらすじ
【第14話】
水神 洛霖錦覓が梓芬と自分の娘であると知る。
旭鳳の義兄 火神 潤玉も密かに花界へ戻り、その事実を知る。
花界 醴泉院。水神は意識が戻った錦覓に自分が父親だと告げる。花神 梓芬と水神の子だと聞かされた錦覓は混乱する。
錦覓の元神は梓芬により封印され、斗姆元君に解き方を教わり元の姿に戻すと水神は言う。そして錦覓を抱きしめ、一緒に帰ろう。二度と手離さないと言う。
火陽の気が満ちていたが心当たりは?と聞かれた錦覓は昨夜夢の中で天帝が霊力をくれた。天帝も私の父親だと言ったと話す。 
しかし気が相克し、父娘でないのは明白。
花界 長芳主はあんな厚かましい者が天帝とは笑い草と怒り、海棠芳主も花界様は天帝に恨みを持って死に錦覓にとっては敵。父親だなんて笑止千万と言う。その話しを聞いた水神は梓芬の死因を聞く。
海棠芳主は花界様の死は少なからず水神殿にも原因が。口外すれば己の元神が滅ぶと誓いましたが真相を話しますと怒りを抑えられずに言う。
花界様は己の霊力を使い子を守った。
錦覓が生まれたのは四千年前。花界様が失命したのは水神殿の婚礼の夜と明かす。
海棠芳主は水神を責めるが、長芳主は錦覓に聞かれたら万死に値する罪。錦覓をこの恩讐に巻き込む気?と止める。
梓芬が死んだのは二十万八千六百十三の霜降で翌年の夏至ではなかったと水神は初めて知る。なぜ一年近く梓芬の訃報を黙っていたと聞く。
海棠芳主が理由を話そうとするが、長芳主が止める。そこへ老胡が来て、当時 芳主たちは花神様に誓った。これ以上はご勘弁を。昔の話なら私がお相手をしますと言う。
そして水神に過去の出来事を話し始める。
花界様は水神殿の苦労を増やさぬよう内密にするおつもりだった。
当時 天帝は天界の第二殿下。花神様の心を計画的にとらえた。その事情は私よりご存知のはず。
天帝は順調に即位するため鳥族と同盟を結び、花神様を裏切り荼姚公主(天后)を娶りました。
それを知ると花神様は悲しまれましたが、幸いにも水神様が気長に花神様と接し、花神様は水神様に情を抱くように。ですが天帝は即位後も花神様にしつこくつきまとい続け、花神様に拒まれ、面子を潰された天帝は花神様を襲った。
梓芬は身籠った事を知らず忘川に行き、全てを忘れようとしたがそこへ天帝が現れる。
私より権力を選んだあなたは赤の他人。私は辱しめられ洛霖に顔向けできないと梓芬は話し、恥辱を洗い流すしかないと忘川に飛び込み、元神を破壊しようとする。
それを天帝が阻止し、死なせないし私を忘れさせぬと言う。天帝は梓芬を栖梧宮に監禁する。その後 天帝は水神と風神との婚姻話しを進め、わざと梓芬に聞かせる。
その時 水神は私には想い人が。天命に逆らい、神の籍を剥奪されても心には背けないと断る。同席していた臨秀は私と洛霖と梓芬は同門ゆえ情を奪う事はできませぬと天帝に言う。
梓芬は水神を追いかけるが、目の前に荼姚が現れる。天帝は時勢のため仕方なく荼姚を娶り、梓芬を想い続け側室にしようと考えていた。それを知った荼姚は梓芬を恨み、梓芬を臨淵台から落とし重傷を負わせた。
梓芬は自分の命が僅かと知り私の心にあるのは天帝一人のみと水神に嘘をつき、臨秀との婚姻を不本意ながら祝う。梓芬の臓腑は激しく毒火に焼かれてしまった。
水神は私は梓芬と生きていきたかった。梓芬を失い幸せなはずがない。この身が滅びようともあの毒婦を殺して梓芬の敵を討つと言う。
しかし老胡は復讐した所で花神様は戻りません。それに花界が太平である事が花神様の願い。敵討ちなどいけませんと諌め、花神様は錦覓が男女の情で苦しまぬよう厳しく箝口令を敷き、錦覓には男装させ、1万年水鏡から出られぬようにし、私に監視させた。錦覓は何の悩みもなく人生を送れると思っていましたがと話す。
玉蘭芳主は十二支仙 鼠仙に復讐に錦覓を利用するなど約束が違うと怒り、降りると言う。しかし鼠仙は長芳主は掟を厳格に守る。そなたと私の結盟を知ったら?いずれにせよ同じ船に乗っている後戻りはできぬと言う。
花界 百花宮。天帝は長芳主に錦覓は私の娘では?と問い質すが長芳主は陛下の娘ではないと言う。しかし天帝は自分を恨んでいるから本当の事を言わないと考え、長い目でみようと言う。
花神の塚。錦覓は母 梓芬の位牌に拝礼し、母上とお呼びしてもいいですか?と語りかける。
錦覓は私を産んで亡くなり、四千年も水鏡に監禁を。天涯孤独の葡萄の精だと騙し、真の属性を隠し、霊力を弱くした。私と父上が何をしたのですか?と文句を言う。花びらが一枚舞い降りる。私に無慈悲でも産んでくれたので許します。これからは父上と仲良く生きていきますと錦覓は言う。
錦覓が立ち去ろうとすると花びらが舞い散る。
その頃、水神は長芳主に錦覓の体内に伽藍の印の他に封印があった。あれは何なのだ?と聞く。しかし長芳主は花神様 自ら施されたもので分からないと嘘をつく。
天界。水神は天界へ錦覓を連れて行く。
九霄雲殿に向かう途中 鼠仙に会う。その時 旭鳳の義兄 火神潤玉が来て様子を伺う。そして鼠仙と水神が話しをしている隙に錦覓を注意を引き、呼び寄せる。
潤玉は花界で隠れて話しを聞き、錦覓は梓芬と水神の娘。異母兄妹ではない。水神の娘であれば錦覓は自分の許嫁。旭鳳の錦覓への想いを知っている潤玉は錦覓を娶るため、わざと水神に錦覓が自分に想いを寄せているよう見せかける。 
水神は錦覓の情が封印されているとは知らず、二人が想いあっていると勘違いする。





にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村


posted by LINA at 15:30| 香蜜沈沈燼如霜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ー只今整理中ー ー只今整理中ー

ブログ内 作成中
韓国ドラマ 一覧 こちら                                     
各話  「ハベクの新婦」                                        
✳︎中国・台湾ドラマ一覧こちら                            
各話「花千骨」「旋風少女」「旋風少女 2」 「シンデレラはオンライン中! 」「四大名捕」  「あの星空。あの海。」「三国志〜趙雲伝〜」「諍い女たちの後宮」「王女未央」「皇貴妃の宮廷」「孤高の花」「麗姫と始皇帝」「恋はドキドキ!」「瓔珞」「海上牧雲記」「独孤伽羅」「如歌〜百年の誓い〜」 「花と将軍」「三国志 Secret of Three Kingdoms」「皇帝と私の秘密~櫃中美人」「寵妃の秘密〜私の中の二人の妃〜」「カンブリア紀」「飛魚高校生」「三生三世十里桃花」「独孤伽羅」「萌妃の寵愛絵巻」「晚媚と影〜紅きロマンス〜」「霜花の姫~香蜜が咲かせし愛~」「瓔珞〈エイラク〉」「扶揺 フーヤオ~伝説の皇后~」ほか