2019年06月28日

中国ドラマ・海上牧雲記(原題 九州・海上牧雲記)キャスト・あらすじ第42話


海 上 牧 雲 記
(原題 九州・海上牧雲記)



32AB19E1-BDE6-4F4B-92B1-8103E82989EF.jpg
©️中国 腾訊視頻 2017




天下九州を統べる牧雲氏の端王朝。星読みによって三つの予言が示される。

 一つ、第六皇子の牧雲笙は帝王の剣を握った時 天下に乱を起こして民を苦しめる。
一つ、穆如家の三男である穆如寒江はいずれ牧雲氏から帝位を奪う。
一つ、瀚州に生まれた碩風和葉は鉄王剣を抜き、やがて九州を統一する。

果たして誰が九州の王となるのか?




キャスト

第六皇子(後の端隐帝)牧雲笙
黄軒 ホアン・シュアン
少年時代 鄭好 

大将軍 穆如槊三男 穆如寒江
/竇驍 ショーン・ドウ
少年時代 石雲鵬 

瀚州北部 碩風部族首長継承人 碩風和葉
周一囲  ジョウ・イーウェイ
少年時代 鄭偉








蘇語凝/徐璐
盼兮/文詠珊
南枯月漓/萬茜
牧雲厳霜 靖公主/張佳寧

端明帝 牧雲勤/蘆芳生
皇后 南枯明儀/蔣勤勤 
銀容(牧雲笙 母)/張鈞甯
大皇子 牧雲寒/李子峰 
第二皇子 牧雲陸/孫堅
第三皇子 牧雲合戈/彭冠英
第七皇子/于戦江
鄴王 牧雲欒/王千源 
牧雲欒次子 牧雲徳/張曉晨
牧雲欒 妻 穆如屏/張瑤 
牧雲欒配下 木原/孫正霖
南枯徳/朱輝
南枯祺(南枯月漓 父)/矢野浩二
前朝大晟朝公主 昀璁/闞清子
天羅堂堂主 龍錦煥/杜玉明
侍女 蘭鈺児/何杜娟
中参将 孤松拓/俞灝明 
端王朝大将軍 穆如槊/曹衛宇
穆如家長子 穆如寒山/曲高位
穆如家次子 穆如寒川/張峻鳴
穆如風/張峪磊
碩風部族首長 碩風達(和葉父)/蔣毅
龍格丹珠(和葉母)李念
金珠海/熱依扎
龍格鯤/紀煥博
祈祷師 碩風蘇赫/陳炳強
黑森林女巫 和術紅玲/李心艾
辰月教 寂部の長老 墨禹辰/趙魏 
蘇嬤嬤/張棪琰
赫蘭部族首領 赫蘭鉄轅/蔡鷺
赫蘭鉄朵/王思思
速沁部族女主君 速沁紫炎/高葉
蛟族首領 湄音/侯伊荻
千鴻/顧璇
雪狼王/霍政諺
商人 阿格布/韓樸俊
河洛国国王 帆拉凱色/賈海濤








【第42話 速沁の武器
瀚州 速沁部族 集落。瀚州で唯一 朝廷から交易用の日用品の鉄器製造を許されている速沁部族。その集落を赫蘭部族首領 赫蘭鉄轅が襲撃する
その頃、速沁部族族長 速沁紫炎は新しい連弩を試していた。
『風羽箭 長さ1尺3寸。三翼矢じり 矢柄は鉄 羽なし 9本斉射で300歩先の鎧を射抜ける』
連弩兵と騎兵で陣を組めば穆如鉄騎とも戦える。
速沁紫炎はもっと作るよう指示するが、許されているのは日用品のみ。勝手に鉄矢や武器を作れば重罪になる。
しかしかつて速沁部族が受けた屈辱を速沁紫炎は忘れていない。瀚州の知者たる速沁が碩風ごときに虐殺された。
そこへ部族の女が助けを求めに来る。
速沁紫炎は鍛冶場で部族の者達が惨殺された後を目にし、かつて碩風部族に復讐を誓った日を思い出す。
速沁紫炎は新たな恨みに報復をと叫ぶ。
瀚州北部 碩風部族首長継承人 碩風和葉は祈祷師 碩風蘇赫、祖母 丹尭族巫女と共に赫蘭部族の集落を目指し、集落まであと一日の所まで来ていた。
赫蘭鉄轅たちの馬が速沁紫炎らによって奪われる。赫蘭鉄轅は怒り、速沁紫炎たちを追う。速沁紫炎は赫蘭部族を連弩を配置した場所へ誘き寄せ、連弩で攻撃する。
そして速沁紫炎は弓を持ち、赫蘭鉄轅の前に立つ。赫蘭鉄轅は女。お前一人かと怒鳴る。速沁紫炎は一人でお前を殺せると返す。
赫蘭鉄轅は速沁紫炎に向かって行く。
赫蘭鉄轅は矢を避けるが、速沁紫炎の射た矢は3本に分かれ赫蘭鉄轅は矢が刺さり馬から落ちる。
赫蘭の族長はこの程度かと速沁紫炎は捨て台詞を残し去って行く。
瀚州 牧雲軍営。監国御史 孤松直の息子 将軍 孤松拓の所へ大皇子 牧雲寒に密書を託した兵士の遺体が運ばれる。孤松拓は兵士の胸元から密書を取り出す。
『八大部族を公主捜索に動員せよ。族長を集め人質に』と牧雲寒からの密書を読み、八大部族の族長は格里木大会でしか集まらぬ。互いを毛嫌いしている。力で集めれば恐ろしい結果に。お考えが分からぬと火鉢に密書を投げ入れる。
そして靖公主の失踪は八大部族にも責任が。大端朝の命を携え速やかに族長を兵営へ呼べと孤松拓は命を下す。
 一水村。大将軍 穆如槊三男 穆如寒江蘇語凝をかつて蘇真と王鐸が住んでいた家へ連れて行く。
家は荒れ果てていた。蘇語凝は蘇真を思い出す。
蘇語凝はここは嫌。住みたくない。蘇真の最期の光景を思い出すと言う。穆如寒江は寒江が人殺しだと覚えていられる。ここへ住め。もう行くと言う。蘇語凝にどこへ?と聞かれ、穆如寒江は村を出ると答える。一人で暮らせと?と蘇語凝は聞く。穆如寒江は川には魚が。村はずれに田んぼ。山にキノコ。汗をかけば何でもある。お付きなしでも暮らせるよなと冷たく言う。
蘇語凝が寒江と呼んでも穆如寒江は反応せず、穆如寒江と呼ばれると振り返り跪く。蘇語凝はこれが守るという事?と聞く。穆如寒江は太子争いの中では殿下方にもあなたにも危険が及ぶ。太子が決まれば迎えに来て平穏に皇后に。それが守るという事と答え、他に命令は?と聞く。
瀚州 速沁部族 集落。集落のばずれに武器を積んだ荷車が届く。赫蘭鉄轅は速沁紫炎に一目惚れし求婚する。速沁紫炎はあの程度の品で?と言う。結納が不足なら何が欲しいんと赫蘭鉄轅は聞く。速沁紫炎は鷹笛を見せ、鷹笛は常に一対。鷹の羽の骨で作る。これは左翼。右翼は無くした。捜し出せば妻になると言う。
一水村。蘇語凝は雨の中 川で魚を捕る。家に戻ると門前に魚が吊るされていた。蘇語凝は穆如寒江
近くで自分を守っていると知る。穆如寒江は小屋を建て蘇語凝を見守る。
中州 未平斎の竹林の庵。庵は封鎖され、牧雲笙は部屋の中で絵を描き暮らしていた。
影が牧雲笙に話しかける。
女が殺された時 私を解き放っていたら。今からでも仇を討ってやると言う。牧雲笙は必要ないと返す。こんな境遇でも私を封じ世を守ると?お前は観星閣を焼き、古い秘密を暴いた。やはり戦乱の源と言う。牧雲笙はならば魔は封じねばと返す。
牧雲笙は影に筆を投げる。
赫蘭部族 集落。赫蘭鉄轅は鷹笛の片割れを捜せと速沁紫炎に言われたが、片割れは昔恋人を荼毘に付す炎で天に返したと速沁部族の者から聞いて、俺を拒んだと腹を立てていた。
鍛治職人は必要だから皆殺しにできず、速沁紫炎奪えなかったと言う。赫蘭鉄轅の妹 赫蘭鉄朵は今は大事な時。そんな事に時間を使わぬよう言う。赫蘭鉄朵は武器をくれた東大陸人から礼をしろ。牧雲銀甲を攻めろと言われ、手を組んだ事を後悔していた。しかし謀反を起こせと言われた事を赫蘭鉄轅に話すと試す価値はあると言う。
牧雲軍営の駐屯中の兵は5万。こちらは瀚州中から集めても数千。本営にいるのは数百。
赫蘭鉄轅は俺はお前達5人を率い数千の兵を破った。数千の兵があれば5万の軍隊も打ち破れる。
一戦を制すれば瀚州の各部族は我らの勇気に心服する。俺が瀚州の王になる日も近いと言う。赫蘭鉄朵は自信過剰はよくないと返す。いつから臆病者に?と赫蘭鉄轅は言う。
赫蘭鉄朵は臣従して300年。端朝の大軍は心の底から恐怖の対象。いくら兄さんが勇猛でもよき支え手なしでは殺されると言う。
赫蘭鉄轅はあの東大陸人の要求を拒否できるか?奴は他の部族に力添えする事だってできる。断れば我らは弱者に成り下がると言う。そこへ和葉が戻ったと報告が入る。
碩風和葉はおばあさんと碩風蘇赫がに巫女と祈祷師の姿をさせ、自らは鉄王剣をうやうやしく持ち赫蘭鉄轅の天幕の前にやって来る。
そして跪き、先祖の祭壇である秘密を知った。お前こそ鉄沁だと言い、鉄王剣を捧げる。
赫蘭鉄轅はだが俺は抜いていない。剣を抜いたのはお前か?と聞く。その時、おばあさんと碩風蘇赫が「偉大な鉄沁 赫蘭鉄轅よ。瀚州人を自由へ導く使命を担って下さい」と言う。部族の者も繰り返す。
赫蘭鉄轅はお前が献じた剣を受け取ろうと鉄王剣を手にし瀚州の王になった時 栄誉を与える。約束してやると碩風和葉はに言う。
碩風和葉は道は長いが兄弟が力を合わせれば天下は従うと言う。赫蘭鉄轅は兄弟がもたらした天神の使命を担うの天に剣を掲げ叫ぶ。




ーつづくー





にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

posted by LINA(lina.myfavorite@gmail.com) at 08:30| 海上牧雲記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ー只今整理中ー ー只今整理中ー

ブログ内 作成中
韓国ドラマ 一覧 こちら                                     
各話  「ハベクの新婦」                                        
✳︎中国・台湾ドラマ一覧こちら                            
各話「花千骨」「旋風少女」「旋風少女 2」 「シンデレラはオンライン中! 」「四大名捕」  「あの星空。あの海。」「三国志〜趙雲伝〜」「諍い女たちの後宮」「王女未央」「皇貴妃の宮廷」「孤高の花」「麗姫と始皇帝」「恋はドキドキ!」「海上牧雲記」「独孤伽羅」「如歌〜百年の誓い〜」 「花と将軍」「三国志 Secret of Three Kingdoms」「皇帝と私の秘密~櫃中美人」「寵妃の秘密〜私の中の二人の妃〜」「寵妃の秘密 2~愛は時空を超えて~」「カンブリア紀」「飛魚高校生」「三生三世十里桃花」「独孤伽羅」「楚喬伝」「萌妃の寵愛絵巻」「晚媚と影〜紅きロマンス〜」「霜花の姫~香蜜が咲かせし愛~」「瓔珞〈エイラク〉」「「蘭陵王妃」「扶搖 ~伝説の皇后~」「酔麗花~エターナル・ラブ~」「刺客列伝 」ほか