2019年07月10日

中国ドラマ・海上牧雲記(原題 九州・海上牧雲記)キャスト・あらすじ第46話


海 上 牧 雲 記
(原題 九州・海上牧雲記)



32AB19E1-BDE6-4F4B-92B1-8103E82989EF.jpg
©️中国 腾訊視頻 2017




天下九州を統べる牧雲氏の端王朝。星読みによって三つの予言が示される。

 一つ、第六皇子の牧雲笙は帝王の剣を握った時 天下に乱を起こして民を苦しめる。
一つ、穆如家の三男である穆如寒江はいずれ牧雲氏から帝位を奪う。
一つ、瀚州に生まれた碩風和葉は鉄王剣を抜き、やがて九州を統一する。

果たして誰が九州の王となるのか?




キャスト

第六皇子(後の端隐帝)牧雲笙
黄軒 ホアン・シュアン
少年時代 鄭好 

大将軍 穆如槊三男 穆如寒江
/竇驍 ショーン・ドウ
少年時代 石雲鵬 

瀚州北部 碩風部族首長継承人 碩風和葉
周一囲  ジョウ・イーウェイ
少年時代 鄭偉








蘇語凝/徐璐
盼兮/文詠珊
南枯月漓/萬茜
牧雲厳霜 靖公主/張佳寧

端明帝 牧雲勤/蘆芳生
皇后 南枯明儀/蔣勤勤 
銀容(牧雲笙 母)/張鈞甯
大皇子 牧雲寒/李子峰 
第二皇子 牧雲陸/孫堅
第三皇子 牧雲合戈/彭冠英
第七皇子/于戦江
鄴王 牧雲欒/王千源 
牧雲欒次子 牧雲徳/張曉晨
牧雲欒 妻 穆如屏/張瑤 
牧雲欒配下 木原/孫正霖
南枯徳/朱輝
南枯祺(南枯月漓 父)/矢野浩二
前朝大晟朝公主 昀璁/闞清子
天羅堂堂主 龍錦煥/杜玉明
侍女 蘭鈺児/何杜娟
中参将 孤松拓/俞灝明 
端王朝大将軍 穆如槊/曹衛宇
穆如家長子 穆如寒山/曲高位
穆如家次子 穆如寒川/張峻鳴
穆如風/張峪磊
碩風部族首長 碩風達(和葉父)/蔣毅
龍格丹珠(和葉母)李念
金珠海/熱依扎
龍格鯤/紀煥博
祈祷師 碩風蘇赫/陳炳強
黑森林女巫 和術紅玲/李心艾
辰月教 寂部の長老 墨禹辰/趙魏 
蘇嬤嬤/張棪琰
赫蘭部族首領 赫蘭鉄轅/蔡鷺
赫蘭鉄朵/王思思
速沁部族女主君 速沁紫炎/高葉
蛟族首領 湄音/侯伊荻
千鴻/顧璇
雪狼王/霍政諺
商人 阿格布/韓樸俊
河洛国国王 帆拉凱色/賈海濤








【第46話 乱心の真相
端明帝 牧雲勤は墨を磨る皇后 南枯明儀にそんな仕事は側仕えにさせろと言うが、皇后は私の夢を他人に任せられませんと返す。他人から見ればそちは皇后と端明帝は言う。いいえ私は端妃 銀容。皇后ではありませんと返す。端明帝は問うた事がないなと聞くが、皇后は銀容は陛下にお仕えできれば満足ですと平伏す。なぜだ?と端明帝は聞く。私も自問しておりますと皇后は答える。
端朝は313年目。前晟朝は1242年続いた。
もしかしたら超えられぬかも。朕の代で滅びたらと端明帝は言う。皇后は瀚州などすぐ平定できると言う。端明帝は瀚州など恐れておらぬと言う。皇后は身近な事をお悩みで?星の予言を?牧雲笙は幽閉されております。新たに立太子すれば憂いも減ると言う。に罪があると思うか?と端明帝は問う。そして太監 秦明を呼ぶ。
1年8か月前の事を覚えているか?と端明帝は聞き、太子の酒をお前がすり替えたな。誰がそちに命じたと問い質す。
秦明は30年前 金寧院で掃除をしていた小僧だったが物覚えの良さで側仕えの職を得た 鄴王の子飼いの男だった。
秦明は私の一存だと口を割らず、私は卑しい身分ですが端国を半人半魅の魔物に渡すのは嫌でございますと言う。誰が考えた筋書きだと端明帝は迫るが答えない。拷問せよと端明帝は命じるが秦明は自害する。皇帝は皇后を見る。
中州 未平斎の竹林の庵。虎蕡将軍 虞心忌は近々ご赦免にと伝え、幽閉が解かれたら恐らく朝廷にて重職に。密命により調べた所 何者かが盼兮を誘き出し退治するための策で冤罪だったと牧雲笙に伝える。
牧雲笙は盼兮を思い返す。
その夜 休憩したらと盼兮が現れる。私でさえ身につけるのに長い年月かかった。一年やそこらで習得するのは無理と言う。
君が残した唯一の品。いつも読んでた。秘術を習得したら君に会えるのではと言う。盼兮はもう戻れない。思念は散った。秘術を習得してももう会えないと言うが、牧雲笙は修練すると言う。
牧雲笙は幻の盼兮と話していた。
そして魅の力を得た。まもなく秘術も使えるようになる。もう私を傷つけたり何かを奪ったりさせない。君を殺した連中に全てを失う苦しを思い知らせてやると決意を話す。
皇宮。端明帝は辻目剣の手入れをしながらしながらが宴会で発した言葉を思い出す。そして重臣らに盼兮を殺せと上奏しされた事を。
かつて朕は愛する者を奪った者を責めた。朕自身がそちに同じ事をするとはと悔いていた。
端明帝が朝議を休んだため、火急の件でと薛或と監国御史 孤松直が一同を代表して上奏に来る。
孤松直は連戦連敗の穆如槊を罰したい。薛或は軍費を削れと。国庫は火の車。開戦から既に一年。兵糧輸送だけて毎日40万金銖。瀾州の水害、越州の干ばつ、各州の王から減税の要求がと言う。
さらにこの6月の雪で穀物もだめになっていた。
穆如将軍は軍に巨費を投じながら未だに戦況は好転せず非難の的。処罰せねば民の心が離れますと二人は諫言する。
端明帝は分かったと答えると呉太監に穆如鉄騎の戦死者に3000金銖の報奨金を。紫麒麟の紋章を与え階級は世襲に。穆如槊には褒美として祖廟に捧げた肉を下賜すると勅命を下す。
薛或は負け戦にら褒美など前代未聞と諌めようとし穆如槊を撤退させそちが指揮を?と聞かれる。端朝の命運を穆如槊だけに託すのですかと孤松直は聞く。端明帝はそちには信頼出来る者がいるか?と聞き、そちの歯に衣着せぬ諫言には真の忠義を感じる。同じように戦を恐れぬ穆如を信じる。穆如大将軍を命ある限り頼りにするであろうと言う。そして直ちに各州の親王に今後戦が終息するまで税を倍に増やすと伝えよと命を下す。
薛或は意を唱えようとするが、穆如槊は牧雲に代わりこの天下を守っている。そちたちが以前 私腹を肥やした件は問わぬが、この状況で金を惜しむとは。瀚州人が屋敷を襲うのを待っていろと?妻を奪われ、子が殺されてもよいと?と怒鳴る。
そして近日に太子 牧雲に会いに未平斎へ行く。そちたちも来るか?と言う。
皇后は鄴王に密書を出す。
九州客桟。牧雲欒次子 牧雲徳は太監を買収していた。皇后からの密書を先に目を通してから父 鄴王の元へ。
鄴王は密書に目を通すと燃やす。
そして牧雲徳を呼び、どうやら陛下が未平斎を訪れるらしいと話す。牧雲徳は知らぬふりをし話しを聞く。そして意のままにならぬ者は力があるほど役に立たぬと牧雲笙を殺すよう言う牧雲徳は操れるようにすれば恐れは無用と返すと鄴王は誰が恐れていると?と言う。
中州 未平斎の竹林の庵。虞将軍は殿下が起こしになりますと伝えるが牧雲笙は会わぬと返す。
九州客桟。孤松直は部屋へ案内される。
部屋には朝敵の重臣達が集まっていた。重臣が密談とはあらぬ疑いをかけられると孤松直は言う。薛或はかつて端朝皇帝が罪人を見舞った前例はない。恐らく陛下は牧雲笙の罪を免じ、改めて太子に立てるおつもり。我らは皆 陛下のご不興を買ったが我が端国の天下を魅などに渡してよいものか。今日はこの件を話し合う。帰りたければ止めはせぬと言う。孤松直は席に着く。
中州 未平斎の竹林の庵。牧雲笙は詫びは要らない。知りたいのはただ一つ。私の母や盼兮の事を魔物と思っているか否かと言う。
皇宮。端明帝と皇后は未平斎へ向かおうとしていたが重臣達が道を塞ぎ行ってはなりませんと止める。
中州 未平斎の竹林の庵。牧雲笙は身支度を整え外で待っていたが。すでに半日経っていた。
そして待ってもムダと牧雲徳がやって来る。
陛下は大臣達と宴席。ここへは来ない。皇宮へ呼ばれた私の父が殿下を案じ、見て来いと言われて来たと話す。
牧雲徳は私は人が侮辱に耐えうる限界を見に来た。争いにおいて勝者は矛を収めれば善良に。でも負けた者は善良になどなれないと言うが牧雲笙は何も答えず部屋へ入って行く。牧雲徳は全て奪われてもまだ目が覚めないのかと怒鳴る。
牧雲笙はついに秘術を習得する。




ーつづくー





にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

posted by LINA at 10:00| 海上牧雲記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ー只今整理中ー ー只今整理中ー

ブログ内 作成中
韓国ドラマ 一覧 こちら                                     
各話  「ハベクの新婦」                                        
✳︎中国・台湾ドラマ一覧こちら                            
各話「花千骨」「旋風少女」「旋風少女 2」 「シンデレラはオンライン中! 」「四大名捕」  「あの星空。あの海。」「三国志〜趙雲伝〜」「諍い女たちの後宮」「王女未央」「皇貴妃の宮廷」「孤高の花」「麗姫と始皇帝」「恋はドキドキ!」「瓔珞」「海上牧雲記」「独孤伽羅」「如歌〜百年の誓い〜」 「花と将軍」「三国志 Secret of Three Kingdoms」「皇帝と私の秘密~櫃中美人」「寵妃の秘密〜私の中の二人の妃〜」「カンブリア紀」「飛魚高校生」「三生三世十里桃花」「独孤伽羅」「萌妃の寵愛絵巻」「晚媚と影〜紅きロマンス〜」「霜花の姫~香蜜が咲かせし愛~」ほか