2019年08月10日

中国ドラマ・瓔珞〈エイラク〉 原題 延禧攻略 キャスト・あらすじ 第47話


瓔珞〈エイラク〉
~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~
(原題 延禧攻略)



23D38675-27AD-4C13-9869-E11F28619AC8.jpg
©️中国 爱奇艺 2018






中国での視聴再生数は驚異的な伸びを見せ、台湾や香港でも大ヒットを記録。
『宮廷女官 若曦』『宮廷の諍い女』に続く清朝の宮廷で女官から皇后へと上りつめた(追尊)実在の女性 魏瓔珞の物語。 











キャスト

孝儀純皇后 魏佳氏(嘉慶帝生母)
魏瓔珞 /呉謹言

雍正帝第四皇子 第6代乾隆帝
愛新覺羅 弘/聶遠

孝賢純皇后 富察氏(傅恆姉)
富察容音/秦嵐

皇后 輝發那拉氏
輝發那拉淑慎/佘詩曼

孝賢純皇后弟 忠勇公
 富察傅恆/許凱

高貴妃 高寧馨/譚卓
純貴妃 蘇靜好/王媛可
御前侍衛 海蘭察/王冠逸
円明園太監 袁春望/王茂蕾
愉妃  阿里葉特氏(永琪生母)/練束梅
舒嬪 納蘭淳雪/李春嬡
嘉嬪 金氏(永珹生母の妹)/潘時七 
慶貴人 陸晚晚/李若寧
容妃 鈕祜禄氏/張嘉倪
富察傅恆夫人 (福康安生母)喜塔臘 爾晴/蘇青
延禧宮宮女 明玉/姜梓新 
辛者庫宮女 琥珀/楊淨如
延禧宮宮女 珍珠/張天韻 
承乾宮宮女 珍児/方安娜
儲秀宮宮女 芝蘭/施予斐
鐘粹宮宮女 玉壺/程茉 
麗景軒宮女 遺珠/張婕 
穎貴人 巴林氏 /劉璐 
瑞貴人 索綽羅氏 /付小雨 
婉貴人/婉貴妃 陳氏/王欣慧 
怡嬪 柏氏/徐百卉 
乾隆帝第四子 愛新覺羅 永珹/方洋飛
乾隆帝第五子 愛新覺羅 永琪/陳宥維
乾隆帝第十二子 愛新覺羅 永璂/孫傲 
雍正帝第五皇子 和親王 愛新覺羅 弘昼/洪堯
雍正帝第六皇子 愛新覺羅 弘曕/孫翊晨
雍正帝第八皇子 愛新覺羅 福慧/金疊疊
雍正帝妃嬪 雲香/楊雪
怡親王 愛新覺羅 弘曉/成浚文 
康熙帝第十二皇子 履親王 愛新覺羅允祹/公方敏
康熙帝第十九皇子 慎郡王 愛新覺羅允禧/張彬
雍正帝 愛新覺羅 胤禛/王繪春 
雍正帝妃嬪 裕太妃(弘昼生母)/白珊 
孝聖憲皇后 (弘暦生母) /宋春麗
孝敬憲皇后 烏拉那拉氏/馬春燕 
昭華公主/王鶴潤
固倫和靜公主額駙 拉旺多爾濟/王宇威
福康安(爾晴息子 )/王一哲
和親王外孫 思婉格格 /許曉諾
延禧宮太監 小全子/鄭龍
内務府総管太監 呉書來/孫迪
平郡王 愛新覺羅 福彭/黃世亮 
刺繍工房 方女官/殷旭  
刺繍工房 張女官/何佳怡
辛者庫 劉女官/張渟渟 
刺繍工房宮女 錦繡/高雨兒 
刺繍工房宮女 玲瓏/陳偌汐 
刺繍工房宮女 吉祥/張譯兮     
高斌(高貴妃 父)/蘇茂  
魏瓔寧/阿満(魏瓔珞 姉)/鄧莎
魏清泰(魏瓔珞 父)/沈保平 
乾隆帝太監 李玉/劉恩尚
乾隆帝太監 徳勝/常鋮 
乾清門侍衛 齋佳慶錫/譚旭 
太医院太医 劉太医/成國棟 
太医院太医(江南名医)葉天士/易勇 
太医院太医 張院判/呉利華 
長春宮宮女 瑪瑙/安安 
長春宮宮女 翡翠/趙夢潔  
儲秀宮宮女 蘭児/劉詩童 
儲秀宮宮女 阿双/錢晨潔 
壽康宮宮女 百靈/高芮 
永和宮宮女 芳草/任婉婧 
太后侍女 劉女官/李佳蔚 
富察夫人(傅恆母)/茹萍 
富察四若様(傅恆異母弟) 富察傅謙/衛延侃 
富察府管事/馮武生
富察府奴婢 青蓮/方楚彤 
富察府爾晴侍女 杜鵑/莫小滿 
辛者庫 呉管事/石玉鳳 
円明園 張管事/李鵬 
宗令/馬彥斌 
看狗小太監/李樹人
杭州知府/劉国際 
慎刑司掌事/楊斌
軍機大臣 訥親/孫勇
袁春望養父/袁宏
袁春望養母/範曉明
鄂爾泰/張日輝 
高恆(高斌息子)/鄭曉東 
王天一/周建華 
彩福/諶瑋琪 
喜娘/李潤華 
和親王府奴婢 婉児/李佳勳 
冬棗/馬順莎 
荷葉/劉思思 
薩滿太太/鄭曉婉 
輝發那拉那爾布(嫻妃父)/姚未平 
輝發那拉夫人(嫻妃母)/戴春榮 
厳女官/彭京粉 
刺繍工坊宮女 紅螺/徐格格 
刺繍工坊宮女 玉潔/唐梓馨 
刺繍工坊宮女 冰清/周丹妮 
刺繍工坊宮女 喜児/陳圓媛 
章佳茹紅/蔣曼琴 
索綽羅玉梨/王菲
盡忠/陳君傑
熟火処管事 王忠/劉月濤
劉和/魏勁松
趙慶/趙君昌
太監 小竹子/馬鑫浩
太監 小童子/于哲
太監 小路子/馬啓越
太監 小六子/張天宇
太監 小章子/劉澤宇
羅喜/王友力
永璂乳母/蒲綠鬧
永璟乳母/鄭雲傑
永琮乳母/段蘭娟
永珹乳母/王曦
尺素/徐源
秀女 烏雅青黛/高洋








【第47話】      
延禧宮。忠勇公 富察傅恆が凱旋し、令嬪となった魏瓔珞は妃嬪達の企みで乾隆帝との間に溝ができる。陛下から寵愛を失い延禧宮は内務府から冷遇され、使用人達も離れて行く。
太監 小全子は杖刑80回に処され行き場なく延禧宮に戻り、延禧宮に忠誠を誓う。
妃嬪には決まった食事を出す規則。しかし寵愛を失った魏瓔珞には粗末な食事が届けられ、あからさまに嫌がらせをされていた。弱い者虐めや裏切りは紫禁城では常。天下を治める陛下は多忙。妃嬪はただ伽をするだけの存在。見た目が良く従順で政務の疲れを癒せればご満足。後宮には美しく淑やかで気高い花々が咲き乱れているが、時が過ぎれば美しい花もただ違う花としか感じられなくなる。そんな中 純貴妃 蘇氏が延禧宮を訪れる。
純貴妃は観音の刺繍絵を刺して欲しいと言う。
魏瓔珞は辛者庫で手を痛め細かい刺繍はできなくなっていたが、皇太后の名を出され受けざるをえなかった。
小全子が松柏香付きの炭を焚く。そして温かい鍋料理、咳止めの枇杷膏など手に入れてくる。明玉は内務府からではないと気づいた明玉が小全子を問い質し、御前侍衛 海蘭察の配慮だと知る。
炭は海蘭察が手配した物だったが、それ以外は富察傅恆が手配。さらに小全子に金を与え働かせて冷遇されている魏瓔珞を支えていた。
寿康宮。観音の刺繍を皇太后は大いに気にいる。純貴妃は魏瓔珞が刺繍した事を隠し、繍坊の女官が刺繍したよう話す。 乾隆帝が観音の髪は刺繍糸でなく本物だと気づく。純貴妃は満州族は髪を切る事は不敬と考えますが漢族は切髪で刺繍する事は観音への信心の証しとされる。伝統的な手法と上手く話す。皇太后は刺繍の素晴らしさだけでなく血の跡を隠すため額に紅点を描いた機転を褒めその女官に会ってみたいと言う。純貴妃はお会いになるなら段取りをと返す。
乾隆帝は刺繍女官に褒美を与えると言う。皇太后も後宮の刺繍女官の腕前は皆 優れているけれどこれ程の者は滅多にいない。十分に褒美をと言う。
乾隆帝は繍坊は昼夜ないほど多忙なのにあれほど手間をかけられるものか?と太監 李玉に聞き、思えばあの女も昔 繍坊にいたなと言う。李玉はあの女子?誰の話しでしょうと惚ける。
海蘭察富察傅恆が手合わせしている所へ乾隆帝が来て久しぶりに富察傅恆と手合わせをする事になる。富察傅恆は手加減し、戦わずして退くは主への不忠と乾隆帝は言う。富察傅恆が手心を加えず立ち向かうと乾隆帝を傷つけそうになる。富察傅恆は私は戦地で人を殺す技を学んだゆえ陛下を傷つける恐れがと言う。
乾隆帝は訥親は生きている時 単独で朝見した。だがそちは軍機処に皆が一斉に来るように。慎重すぎでは?と言う。富察傅恆はかつて私事で犯した過ちが別の失敗を生み、過ちを繰り返さぬよう国事に於いても慎重に対応すると言う。魏瓔珞の事に触れられたくない乾隆帝は立ち去ろうとする。富察傅恆はあの時 許して下されば令嬪は私の妻になっていたでしょうと言う。乾隆帝は足を止め無礼だと富察傅恆を峰打ちする。
富察傅恆は瓔珞を愛したのは陛下への冒涜かも。しかし求婚は拒否され、私の一方的な想いに終わった。寡婦だった博爾済吉特氏を貴人に封じ寛容なのになぜ瓔珞の過去に拘るので?と言う。乾隆帝に剣を突きつけられても富察傅恆は話し続け、怒りに任せ冷遇するのは嫉妬のため己を見失ったからと言う。
乾隆帝は富察傅恆が魏瓔珞を娶りたいと言った時  魏瓔珞は欲深く権勢に取り入ろうとしていると反対し、亡き富察皇后から陛下は瓔珞をお気に召したと言われた言葉を思い出す。
富察傅恆は令嬪を大切にして下さい。さもなくば無理にでも娶らなかった事を悔やみますと言う。
承乾宮。皇后 輝發那拉氏の元へ和親王 弘昼が訪れる。江南の賂の一件を見事に解決したとか。陛下が褒めておられたと皇后は言う。そして今日は母君の慰霊に?と聞く。
裕太妃の世話係の百靈は騒動の後 錯乱し皇后が侍医を遣わしたけど治らなかった。若い身で安楽堂に送られれば回復も望めない。
あなたが皇宮から出してあげてと皇后は言う。母上を殺したのは魏瓔珞だと百靈が申したので根拠を問う所存と和親王は返す。
魏瓔珞は令嬪に。言葉に気をつけないと災いの元に。母君のためにも感情を抑え、慎重に行動するのよと皇后は忠告する。
和親王は皇后様は少しも変わらず、優しく善良で聡明。その姿はまるで昔のまま。皇后様を娶った兄上が羨ましいと言う。
魏瓔珞は観音の図案の次はお経を刺繍するよう純貴妃に言われたが、古い傷痕が開き、絹地を汚し張女官に新しい絹地を貰って延禧宮へ戻ると和親王が門前で待っていた。
和親王は皇后から諭されていたが、魏瓔珞を脅しに来ていた。そこへ富察傅恆が来て和親王を追い払う。弘昼は君を恨んでる。気をつけろと言う。そして陛下にお会いした。君の幸せを祈ると富察傅恆は言う。魏瓔珞は礼も言わず立ち去る。
延禧宮。手荒れに効く軟膏を小全子は海蘭察からと明玉に渡すが、明玉は富察傅恆からと気づく。魏瓔珞も気づいていたが知らぬふりをしていた。
そして魏瓔珞は今は軟膏は使わない。火鉢も片付けてと言う。
延禧宮。乾隆帝は富察傅恆の言葉を思い返し、延禧宮へ。延禧宮は閑散とし李玉は誰もいないとはけしからんと言う。乾隆帝はこっそりと中へ。
魏瓔珞の隣で明玉が居眠りし、魏瓔珞は暗がりの寒い部屋で刺繍をしていた。 
養心殿。乾隆帝は落ちつかず、令嬪様が気にかかるのでしたら会いに行かれては?と李玉は言う。乾隆帝は気にかけてはおらぬ。後宮の者への虐待を許さぬだけ。冷遇された令嬪を虐待するとは。目が悪くなると瑠璃灯も届けておけと言う。
翌日 内務総管太監 呉書來が延禧宮は冬支度がまだと聞きましたと詫びながら冬支度を支持し、魏瓔珞に詫びる。明玉はあなたを信じられないと明玉は言う。呉総管は私の怠惰と必死に詫び、今後何かあれば私に命じて下さいと言う。しかし魏瓔珞は一言も言葉を発さなかった。
鐘粹宮。魏瓔珞は半月でお経の刺繍を仕上げる。刺繍女官の作だと思われているゆえ令嬪の苦労は無駄にと愉妃 阿里葉特氏は言う。
純貴妃はあのような者を侮ってはだめ。どんな状況でも這い上がろうとする。観音の髪が人毛だと陛下が気づいた時は本当に驚いたと言う。愉妃は
常に強気な令嬪を富察皇后は可愛がった。寵愛してくれた皇后様はもういません。陛下も気に留めてない様子と返す。純貴妃はせったくだからこの刺繍を利用しなさい。私の刺繍の屏風と共に届けてと鐘粹宮宮女 玉壺に命じる。
養心殿。令嬪が礼をしに来ず、乾隆帝は苛立つ。届けた品は内務府からと伝えたため令嬪は礼には来ない。李玉は今すぐ令嬪様に頼めと言う。
延禧宮。太監 徳勝が令嬪を訪ねるが留守だった。その頃 魏瓔珞は御前侍衛に扮して養心殿にいた。
養心殿。 魏瓔珞は富察傅恆との婚儀を皇后様が望みましたが陛下が却下したと敢えて富察傅恆の名を出し、率直な思いを話す。




ーつづくー




にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

posted by LINA at 17:00| 延禧攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ー只今整理中ー ー只今整理中ー

ブログ内 作成中
韓国ドラマ 一覧 こちら                                     
各話  「ハベクの新婦」                                        
✳︎中国・台湾ドラマ一覧こちら                            
各話「花千骨」「旋風少女」「旋風少女 2」 「シンデレラはオンライン中! 」「四大名捕」  「あの星空。あの海。」「三国志〜趙雲伝〜」「諍い女たちの後宮」「王女未央」「皇貴妃の宮廷」「孤高の花」「麗姫と始皇帝」「恋はドキドキ!」「瓔珞」「海上牧雲記」「独孤伽羅」「如歌〜百年の誓い〜」 「花と将軍」「三国志 Secret of Three Kingdoms」「皇帝と私の秘密~櫃中美人」「寵妃の秘密〜私の中の二人の妃〜」「カンブリア紀」「飛魚高校生」「三生三世十里桃花」「独孤伽羅」「萌妃の寵愛絵巻」「晚媚と影〜紅きロマンス〜」「霜花の姫~香蜜が咲かせし愛~」「瓔珞〈エイラク〉」「扶揺 フーヤオ~伝説の皇后~」ほか