2020年01月09日

中国ドラマ〈扶揺 フーヤオ~伝説の皇后~〉キャスト・あらすじ第7話


扶揺 ~伝説の皇后~
(原題 扶揺皇后)


11DC7AB1-5C4B-4E49-B9B4-E7588473CC9D.jpg
©️中国 浙江衛視 2018   




国を平和へと導く五色石を持つ扶揺の波乱に満ちた愛と運命の物語。 
原作は天下帰元の小説「扶揺皇后」




扶搖/楊冪 ヤン・ミー


A006BBDD-53C4-4343-A3BA-EC7910D89310.jpg




長孫無極/阮經天 イーサン・ルァン


35780F36-03DF-4770-8DE6-817C6D338A2B.jpg










キャスト

玄元派玄幽部奴婢 扶搖/璇璣国王女 鳳無名
/楊冪 ヤン・ミー(童年 呂晨悅)

天権国太子 長孫無極
/阮經天 イーサン・ルァン(童年 周津仕

太淵国国公 齊震/劉奕君 リウ・イージュン

天煞国烈王 戦北野
/高偉光 ガオ・ウェイグァン(童年 王熠)

天権国皇帝 長孫迥/王勁松 ワン・ジンソン

玄元派掌門息子 燕驚塵/黃宥明 ホアン・ミン
(童年 盧展翔)

太淵国郡主 裴瑗/李依曉 リー・イーシャオ

邛葉国公主 雅蘭珠/張雅欽 チャン・ヤーチン
(童年 阮天易)

太淵国文懿世子 長子 軒轅越/神医 宗越/賴藝
(童年 林宸銳)

玄元派玄幽部奴婢 小七/蔣龍

太淵国文懿世子次子/齊震義子 雲痕/梁譯木

璇璣国二王女 仏蓮聖女 鳳淨梵/王鶴潤

天権国 姚城士兵 鐵成/賈本初
玄元派掌門 燕烈/李洪濤
玄元派玄幽部 總管 周叔/秦焰
玄元派二師姐/何雨桐
玄元派四師兄/王志鵬
太淵国郡主裴瑗侍女 阿烈/伍宇辰檸
太淵国国王 軒轅韌/張東升
太淵国世子 軒轅齋/劉譽坤
太淵国泉都宗子 軒轅旻/權沛倫
太淵国長公主(天権国徳妃) 軒轅曉/胡可
太淵国御史 章鶴年/孫強
太淵国西平郡王 高嵩/劉冠霖
太淵国 齊震娘 齊韻/袁雨萱
太淵国 徳夫人 簡雪/魏暉倪
太淵国 賢夫人 高普若/劉芷微
太淵国 貴夫人 唐芷蓉/阿麗亞
太淵国 淑夫人 宇文紫/陳偌汐
太淵国 內侍總管 曹成/鐘衛華  
太淵国 定遠将軍 唐伯年/劉丕中
太淵国 齊震配下 魏川/劉鳳崗
太淵国 宇文紫侍女 時嵐/周俐葳
太淵国 唐芷蓉侍女 歡児/盧昱君
太淵国 文懿世子府 邱先生/張志忠
天権国 徳王 長孫迦/宋佳倫
天権国皇后 元清旖/涓子
天権国大皇子 長孫平戎/趙楚綸
天権国 內廷首丞 段潼/孫瑋
天権国 長孫無極侍衛 江楓/高瀚宇
天権国 長孫平戎侍衛 徐來/于永海
天権国 翰林 簡深/張洪剛
天権国 徳王密偵 紅瀛/劉羽琦
天権国 君衛将軍 雷元山/高海鵬
天権国 姚城 胡桑/閆露娢
天権国 姚城 蘇縣丞/羅霆
天煞国国王 戦南城/張奕聰
天煞国恒王 戦北恒/顧又銘
天煞国 戦北野師父 雷動/呂德亮
天煞国 戦北野 親隨将領 紀羽/劉秋實
天煞国 靜太妃(戦北野 母)/陳瑩
天煞国 禁衛軍都統 古凌風/楊鎮宇
天煞国 戦北野配下 林易/旌鳴
天煞国 李總管/劉洋
天煞国宦官 花公公/譚希和
璇璣国女王 鳳璇/鳳琦/林靜 
璇璣国大王女 鳳淨執/高麗雯 
璇璣国 鳳引閣督衛 唐易中/陳俊宇
璇璣国 鳳淨梵侍女 巧靈/趙昕
璇璣国 紫披風首領 孟朔/玉衡/曹衛宇
璇璣国 浣衣宮女 許婉/張歡歡
璇璣国五郡王 鳳五/李朶
璇璣国 玉梅笙/薛雨如
穹蒼 長青殿師祖 長青子/阮經天
穹蒼 幻生殿師祖 帝非天
穹蒼 長青殿殿主 天機/劉沙
穹蒼 幻生殿殿主 非煙/劉璇
穹蒼 幻生殿 太妍/軒轅暉/漣児/劉穎倫
穹蒼 制賽長老/趙作山
穹蒼 佩彥師叔/郭軍
黑戎寨土匪首領 赤鬼/唐国忠
黑戎寨 黑風/徐偉
冥軍首領/毛凡





広告



 


あらすじ
【第7話】
玄元派の競技会 畋闘賽で玄元派玄幽部奴婢 扶揺が玄元派の起源となる破九霄を使い、玄元派掌門 燕烈は玄元派の体裁と息子 燕驚塵の名誉を守り、継承が途絶えた破九霄を取り戻すため、扶揺が秘伝書の技を盗んだと江湖の英雄達に告げ、扶揺を投獄する。
かつて玄元派を興した師祖は散逸した破九霄の秘伝書の一部を手に入れ、英傑達を倒し、数か月で天下に名を轟かし、その後 玄元派を興した。だが幾代かが経つうち秘伝書は紛失。破九霄の技も失われていた。
牢獄。玄元派玄幽部総管 周爺は守衛を薬で眠らせ扶揺を抜け道から逃そうとする。周爺は小七たちも麓で待っていると扶搖に言う。しかし抜け道にも様々な仕掛けがあり周爺は扶揺を助け、罠に嵌る。
周爺はお前の体には五重の封印がある。その封印が解けなければお前は平穏に暮らせただろう。だが破九霄を会得し、その鍛錬により五重の封印が目覚めた。それがお前の運命を左右すると扶揺に話し、五色石を渡す。お前を拾った時 首にかけていた。それを持ち五洲の国々を巡るのだ。どの国にも霊気が集まる場所がある。五色石はお前を導き封印を解く。わしはそれしか知らぬ。あとの答えは自分で探せ。お前はわしの生涯で一番の誇りと話し、周爺は息絶える。
太淵国王宮。御史 章鶴年は御麟台の頂部に亀裂が入りこのままでは昆京が水没しまうと耳打ちされ、すぐ大王に御目通りをと言う。水に囲まれた太淵国を守るには軒轅一族の御水術が必要だった。
床に伏せる太淵国国王 軒轅韌は報いだと叫ぶ。
太淵国には大雨が降っていた。
玄元山。太淵国国公 齊震に昆京から急使が届く。齊震義子 雲痕は大王がご危篤と報告。
王が崩御すれば太淵を水災が襲う。御水術なくば昆京は終わり。昆京を失えば太淵も滅ぶ。
しかし齊震は非煙の手がかりは?と聞き、こんな辺境に来たのはうつけを王位に就けるためではない。軒轅一族というだけで王となり民を救えるなど納得いかぬ。私は民の命も太淵の運命もどうでもいい。王に仕える国公などうんざり。私の権勢なら五洲の天権皇帝も眼中にない。太淵王の臣下ごときで終われようかと話す。
雲痕は滅門の罪になると言う。
齊震は弱者の戯言。天が我を滅ぼすなら逆らうまで。太淵を滅ぼす事になろうとも軒轅の血筋のみが太淵王たりうるのかここで待つと言う。
燕烈は五洲は戦の機運が高まり、太淵は混乱の極み。謀反も起きかねない。我ら玄元派が破九霄を失って久しく虚名を残すのみ。失われたままならよいが扶揺が畋闘賽破九霄を見せた事は既に各派に伝わっておる。破九霄を手にした者が乱世を制する。昔日の栄光を取り戻すには破九霄が欠かせぬと燕驚塵に裂魂散を渡し、扶揺から破九霄を手に入れるよう迫る。 
裂魂散は服用して一刻の間はこちらの言いなり。知るべき事を全て聞き出せる。だが一刻後は心神を失いやがて一体の腐肉と化す。
燕烈はお前が引導を渡せ、それがお前への罰。玄元派再興の大任に堪えうる事を祖先の霊に証明してみせよと言う。燕驚塵は裂魂散を握りしめ泣きながら牢獄へ向かう。
その頃 扶揺は自分のため犠牲となった周爺との思い出を振り返り、五色石を握りしめ必ず使命は果たすと誓っていた。
医聖 宗越は齊震が昆京に戻らぬのはなぜか?と言う。太淵国世子 軒轅旻(天権国太子 長孫無極)は幻生殿を捜し、非煙が目当てと返す。
齊震が親しい文懿世子を殺めたのも太淵王位のため。齊震が非煙から御水術を得るつもりと軒轅旻は見抜いていた。
そして幻生殿は林州にあると伝わるが茫然とした幻影。林州にあるというならこの玄元山かもと軒轅旻は話す。
宗越は非煙が齊震の願いを聞けばお前の命も危ういと案ずるが、軒轅旻は軒轅一族のために尽くしていると返す。宗越は一族とはとっくに縁を切った。私の心は知っているだろうと言う。
燕驚塵が牢獄へ行くが、扶揺はいなかった。逃げ延びる事ができたかと燕驚塵は安心する。
その頃 扶揺は守衛を抱き込んだ玄元派玄正部 裴瑗(太淵国国公 姪) に捕縛され崖の上にいた。
玄元山荘。齊震は非煙の手掛かりが見つかったと雲痕から報告を受け、天が我に味方したと喜ぶ。
裴瑗は玄幽部奴婢 小七を連れて来させ、小七と幻幽部の奴婢の命を盾に扶揺に崖から身を投げよと迫る。扶揺は自分が死ねば他の者は助けると約束させ崖から飛び降りる。しかし裴瑗は約束を破り小七を崖から突き落とす。二人を軒轅旻が救う。
玄元山麓の川辺。この地を日月山水、一木、一草に至るまで子細に調べ、幻生殿が顕現する条件通りと雲痕は齊震に言う。
玄元山は古来より神秘の地。軒轅氏の血族もこの地の出。非煙の幻生殿もここに現れるに違いないと齊震は確信する。この地に関を設け各所に兵を配し、齊震は幻生殿が現れるのを待つ。
夜になり雷が鳴り、霧が立ち込める。齊震は蝋燭の炎に自らの血を垂らす。
幻生殿が現れる。
齊震は幻生殿に向かって「太淵王の死期は近い。昆京は水難に苦しんでおる。我に御水の術あらば太淵の危機を救い、民の苦しみを取り除こう」と告げる。
非煙は姿を見せる事なく返答する。
「御水術を司るのは軒轅の血のみ。五洲開闢以来の掟。御水術を欲するのは王位のためか?民のためか?」と聞く。
齊震は「王位なり。我 太淵の王とならん」と答える。非煙は「それを求むるなら相応の代価が必要」と言う。
齊震は「我が望み 叶えるなら殿主の望む物を捧げよう。我必ず汝望み叶えよう」と言う。
非煙は「紅月の日 摂坤鈴と軒轅の血を持って天地を祭るがよい。御水術を授けよう。その術 軒轅の一族に劣らぬ」と言う。そして「得るものあれば失うものあり。盟約を決して忘るまいぞ」と告げ幻生殿は消える。
玄元山荘。玄元山は桃源郷。修行の聖地と聞くがかくも残忍な場所とはと軒轅旻は言う。宗越は扶揺を診に来て、皆 お前のように情深ければ天下は太平と言う。
玄正部。扶揺の遺体が見つからず、裴瑗が腹を立てている所へ燕烈が来る。弟子から扶揺の姿は見つからないと報告されると燕烈は生死は問わぬ何としても捜せと命じる。
裴瑗は私の過ちと詫び、崖下に罠を仕掛けた。逃れる術はないと言う。燕烈はなぜ辛抱できぬ。私の大事を妨げるな。生け捕りにしろと言う。
裴瑗は破九霄のためですか?優れた武芸でも鍛錬する者がいなければ無用の技もとなり廃れる。師匠の行いは師兄の栄えある前途のため。私が嫁げはその前途は私が与えると言う。
燕烈は人が大事を成すには婚姻も重要。だが最後の頼みは己。破九霄こそ驚塵にとって最後の切り札と返す。しかし裴瑗はご心配なく。おじ上と裴家の情勢と財あらばご憂慮には及びませんと言うが、燕烈はもうよいと止め、扶搖の件は驚塵に知られてはならぬ。生死に関わらず、扶搖に二度と手を出すなと命じるが裴瑗は口を挟み、黙れと怒鳴られる。
燕烈は玄元派の事は門外不出。お前と国公に関わりはないと咎める。裴瑗は不服そうに部屋を出て行く。そしてなぜ私が責められるのと文句を言い、侍女 阿烈に八つ当たりする。
扶搖は治療を終え、宗越に小七は?と聞く。宗越は大事ないが休息が必要。安全な所へ移したと言う。扶揺が礼を言うと宗越はお節介な男に頼まれただけ。自らが危ういのに人助けとはと言う。
齊震天煞国国王 戦南城に天煞国の秘宝 摂坤鈴を借りるため書信を書き、必ず手渡せと雲痕に命じる。紅月の日 摂坤鈴と軒轅の血で天地を祭る。紅き月の夜 軒轅族の血を天地に捧げ、摂坤鈴でその力をこの身に移す。御水術は私のものに。そうなれば血脈などという愚かな掟に縛られず私が太淵の王になれると言う。そして軒轅旻を紅月の日まで幽閉せよと命じる。
寝ていた軒轅旻は侵入者に気づく。侵入者は長孫無極 隠密護衛 江楓だった。江楓は齊震が非煙を見つけたと報告し、齊震の手の者がこちらへと言う。軒轅旻はいつもの手筈と命じる。
軒轅旻はお前は将来 五洲を統治する皇太子。任務は流血なき太淵国の平定をと任務を課した天権国皇帝 長孫迥の言葉が頭に浮かぶ。
雲痕率いる兵が軒轅旻の部屋を取り囲む。雲痕は部屋に侵入するが中に軒轅旻の姿はなかった。
雲痕は軒轅旻が逃げたと思い、捜索へ向かう。
その様子を見ていた燕烈は我らは何も知らず、何も起きなかった。狙いは分からぬがこの勝敗の勝ちに賭けるしかないと燕驚塵に話す。
兵が部屋へ出て行くと軒轅旻は隠れていた天井から飛び降り、いつも通り無血で動乱を鎮める。齊震 ここからが見ものだぞと微笑む。




ーつづくー
各話一覧へ






にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

posted by LINA(lina.myfavorite@gmail.com) at 09:00| 扶揺皇后 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ー只今整理中ー ー只今整理中ー

ブログ内 作成中
韓国ドラマ 一覧 こちら                                     
各話  「ハベクの新婦」                                        
✳︎中国・台湾ドラマ一覧こちら                            
各話「花千骨」「旋風少女」「旋風少女 2」 「シンデレラはオンライン中! 」「四大名捕」  「あの星空。あの海。」「三国志〜趙雲伝〜」「諍い女たちの後宮」「王女未央」「皇貴妃の宮廷」「孤高の花」「麗姫と始皇帝」「恋はドキドキ!」「海上牧雲記」「独孤伽羅」「如歌〜百年の誓い〜」 「花と将軍」「三国志 Secret of Three Kingdoms」「皇帝と私の秘密~櫃中美人」「寵妃の秘密〜私の中の二人の妃〜」「寵妃の秘密 2~愛は時空を超えて~」「カンブリア紀」「飛魚高校生」「三生三世十里桃花」「独孤伽羅」「楚喬伝」「萌妃の寵愛絵巻」「晚媚と影〜紅きロマンス〜」「霜花の姫~香蜜が咲かせし愛~」「瓔珞〈エイラク〉」「「蘭陵王妃」「扶搖 ~伝説の皇后~」「酔麗花~エターナル・ラブ~」「刺客列伝」ほか