2019年11月04日

中国ドラマ〈扶揺 フーヤオ~伝説の皇后~〉キャスト・あらすじ第48話


扶揺 ~伝説の皇后~
(原題 扶揺皇后)


11DC7AB1-5C4B-4E49-B9B4-E7588473CC9D.jpg
©️中国 浙江衛視 2018   




国を平和へと導く五色石を持つ扶揺の波乱に満ちた愛と運命の物語。 
原作は天下帰元の小説「扶揺皇后」




扶搖/楊冪 ヤン・ミー


A006BBDD-53C4-4343-A3BA-EC7910D89310.jpg




長孫無極/阮經天 イーサン・ルァン


35780F36-03DF-4770-8DE6-817C6D338A2B.jpg










キャスト

玄元派玄幽部奴婢 扶搖/璇璣国王女 鳳無名
楊冪 ヤン・ミー
(童年 呂晨悅)

天権国太子 長孫無極/阮經天 イーサン・ルァン
(童年 周津仕

太淵国国公 齊震/劉奕君 リウ・イージュン

天煞国烈王 戦
北野/高偉光 ガオ・ウェイグァン
(童年 王熠)

天権国皇帝 長孫迥/王勁松 ワン・ジンソン

玄元派掌門息子 燕驚塵
黃宥明 ホアン・ミン
(童年 盧展翔)

太淵国郡主 裴瑗/李依曉 リー・イーシャオ

邛葉国公主 雅蘭珠/張雅欽 チャン・ヤーチン
(童年 阮天易)

太淵国文懿世子 長子 軒轅越/神医 宗越
/賴藝
(童年 林宸銳)

玄元派玄幽部 小七/蔣龍

太淵国文懿世子次子/齊震義子 雲痕/梁譯木

璇璣国二王女 仏蓮聖女 鳳淨梵/王鶴潤

天権国 姚城士兵 鐵成/賈本初
玄元派掌門 燕烈/李洪濤
玄元派玄幽部 總管 周叔/秦焰
二師姐/何雨桐
四師兄/王志鵬
裴瑗侍女 阿烈/伍宇辰檸
太淵国国王 軒轅韌/張東升
太淵国世子 軒轅齋/劉譽坤
太淵国泉都宗子 軒轅旻/權沛倫
太淵国長公主(天権国徳妃) 軒轅曉/胡可
太淵国御史 章鶴年/孫強
太淵国西平郡王 高嵩/劉冠霖
太淵国国公娘 齊韻/袁雨萱
太淵国 徳夫人 簡雪/魏暉倪
太淵国 賢夫人 高普若/劉芷微
太淵国 貴夫人 唐芷蓉/阿麗亞
太淵国 淑夫人 宇文紫/陳偌汐
太淵国 內侍總管 曹成/鐘衛華  
太淵国 定遠将軍 唐伯年/劉丕中
太淵国国公配下 魏川/劉鳳崗
太淵国 宇文紫侍女 時嵐/周俐葳
太淵国 唐芷蓉侍女 歡児/盧昱君
太淵国 文懿世子府 邱先生/張志忠
天権国徳王 長孫迦/宋佳倫
天権国皇后 元清旖/涓子
天権国大皇子 長孫平戎/趙楚綸
天権国 內廷首丞 段潼/孫瑋
天権国 長孫無極師妹 太妍漣児/劉穎倫
天権国 長孫無極侍衛 江楓/高瀚宇
天権国 長孫平戎侍衛 徐來/于永海
天権国 翰林 簡深/張洪剛
天権国 徳王密偵 紅瀛/劉羽琦
天権国 君衛将軍 雷元山/高海鵬
天権国 姚城 胡桑/閆露娢
天権国 姚城 蘇縣丞/羅霆
天煞国国王 戦南城/張奕聰
天煞国恒王 戦北恒/顧又銘
天煞国戦北野師父 雷動/呂德亮
天煞国戦北野 親隨将領 紀羽/劉秋實
天煞国 靜太妃(戦北野 母)/陳瑩
天煞国禁衛軍都統 古凌風/楊鎮宇
天煞国戦北野配下 林易/旌鳴
天煞国宦官 花公公/譚希和
璇璣国女王 鳳璇/鳳琦/林靜 
璇璣国大王女 鳳淨執/高麗雯 
璇璣国 鳳引閣督衛 唐易中/陳俊宇
璇璣国 鳳淨梵侍女 巧靈/趙昕
璇璣国紫披風首領 孟朔/玉衡/曹衛宇
璇璣国浣衣宮女 許婉/張歡歡
璇璣国五郡王 鳳五/李朶
穹蒼 長青殿殿主 天機/劉沙
穹蒼 幻生殿殿主 非煙/劉璇
玉梅笙/薛雨如
黑風/徐偉
青禾/趙興國 
黑戎寨土匪首領 赤鬼/唐国忠
冥軍首領/毛凡
制賽長老/趙作山
佩彥師叔/郭軍
李總管/劉洋
非天/未知





広告



 


あらすじ
【第48話】
天権国太子 長孫無極は天煞国国王 戦南城の元に扶揺を密偵として潜入させるため、ひと芝居打つ事に。天煞国禁衛軍 天煞の金の都統選抜競技会で扶揺は長孫無極隠密侍衛 江楓に成り済まし参加。医聖 宗越(太淵国文懿世子 長子 軒轅越)と対立しているふりをし、計画通り都統に任命される。宗越は選抜競技会に参加していた太淵国元国公 齊震の愛娘 齊韻に目的を聞く。宗越を想う齊韻は子供の頃の話しをし、私に償わせて。憎しみの中で生きないでと泣きながら言う。
宗越は両親、一族が惨殺された夜を思い出す。
雲痕を惑わし復讐を忘れさせ、今度は私をなすがままにさせる気かと怒って立ち去る。
王宮 吟霜闕。天煞王は扶揺に集めた貴重な品を見せ、近頃 気に入った至宝が手に入ると話す。
天煞国恒王 戦北恒が来て、志望の品は金が足りず手に入らなかったと言うと天煞王は内廷に出させよと返すが、天煞の金の拡充と国境城壁の建造。王宮の修繕で予算を使い尽くし、戦時の備蓄に手がつき、国庫が底をつきそうになっていた。
天煞王は田畑の租税は南北別。北方は25分の1。
南方が15分の1。それを北15分の1。10分の1にと増税するよう言う。恒王は北方は寒冷で日も差さず増税は無理。南は商業中心で1割の税なんてと言うが、どう施行するかは任せる。内廷で相談し、逆らう者は処罰せよと命じる。
話しを聞いていた扶揺は方法があると口を挟む。
民から巻き上げれば無用な怒りを買う。汚職官吏の財を没収すれば陛下の名声も上がると話す。
恒王は官吏を捕らえれば後の憂いを招くと言う。
天煞王は増税でも粛正でも方法はとわぬ。国庫に金がいると言う。そしてお前は不景気な話しばかり。新将軍は悪弊に染まっておらずテキパキしていて気持ちがよいと言う。
恒王扶揺が天権国で会った璇璣国偽王女だと気づき、吟霜闕を出た後 確か天権皇宮で会ったなと扶揺に言う。
葛雅砂漠へ向かう天煞国烈王 戦北野は邛葉族公主 雅蘭珠の体を気遣い人家で休憩する。
天煞王に気に入られた扶揺は元嶺東の茶問屋の屋敷を与えられる。案内して来た太監は恩寵を得たのはこの十年であなただけと媚を売る。
扶揺が屋敷へ入ると長孫無極が待っていた。天煞王に寵愛を得る都統となかなか会えないと言う。扶揺はゴマをするのは玄元山で学んだと返す。そして恒王に気づかれたと話す。長孫無極は状況は危険だが我らには好機。戦南城という男は心が狭く疑り深く誰もが敵。殆どの兄弟を殺し恒王だけが近くに仕えてきた。近頃は政務は恒王に任せ地位に安隠していると話す。
その頃 恒王は文を認めていた。
戦北野は大義のため多くの犠牲を生む事になると辛い胸中を話す。雅蘭珠は父の言葉を話し、戦北野を勇気づける。
長孫無極は心に疑念の種を蒔けば必ず花が咲くと話し、天煞王と恒王に離間計を仕掛ける事に。
扶揺は戦北野の心が折れぬか心配。善良な戦北野に権謀術数なんて向かないと言う。本人の意思でなくとも王家に産まれたと長孫無極は自分に重ねて返す。
戦北野たちが休んでいた村が放火され、村人達は慌てて消火する。そこへ天の金が来て放火は大罪と言う。天煞王が求める木材がこの地方でしか産しない。兵は土地を買いに来たが山の畑は村人全員の命綱。売れないと断られたため村人達に罪を着せ土地を奪おうとしていた。
戦北野は村人達が無理やり連行されて行くの見ておれず、天煞の金を倒す。兵が烈王だと気づき、戦北野たちは天煞の金の大軍に追われ大氷原へ。行き止まりとなり、戦北野たちは天煞の金と戦うが戦北野を庇った雅蘭珠が怪我を負い血を流す。
王宮。天煞王は氷原虎が現れたと報告を受け急いで狩りに向かう。氷原虎は希少で毛皮の価値は莫大。その毛皮は何よりも温かい。
しかしそれは罠だった。天煞王は刺客に襲われ、扶揺が身を挺して守り真武大将軍に任じられる。
褒美に何が欲しいか聞かれた扶揺は天煞の金の兵権が欲しいと言う。
そこへ恒王が来て、尻尾を出したな。その者は皇太子の護衛でも官職目当てでもない。長孫無極の密偵だと言う。そして証拠として翊王からの返信の文を天煞王に見せる。
数ヶ月前 天権へ行き、機密会議に出席。その席に璇璣国の姫にの偽物が。皇宮で会ったのは女。江楓ではない。天権皇宮のお尋ね者 扶揺だろうと勝ち誇ったように高笑いする。
しかし扶揺は翊王の手紙まで偽装し、一兵卒たる私に恒王がなぜ拘るのか?例の武器のため私を殺して口封じを?と返し、逆に恒王が天権へ来た時 皇太子と密談し、忠誠を誓い、情報と引き換えに天煞国の王位を要求したと話す。
恒王は濡れ衣だと言うが、扶揺は恒王が数日前 殺した妓楼から身請けした第九夫人が皇太子との伝達係。その九夫人は亡くなる前重要な証拠を残したと言う?




ーつづくー





にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

posted by LINA at 12:00| 扶揺皇后 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ー只今整理中ー ー只今整理中ー

ブログ内 作成中
韓国ドラマ 一覧 こちら                                     
各話  「ハベクの新婦」                                        
✳︎中国・台湾ドラマ一覧こちら                            
各話「花千骨」「旋風少女」「旋風少女 2」 「シンデレラはオンライン中! 」「四大名捕」  「あの星空。あの海。」「三国志〜趙雲伝〜」「諍い女たちの後宮」「王女未央」「皇貴妃の宮廷」「孤高の花」「麗姫と始皇帝」「恋はドキドキ!」「瓔珞」「海上牧雲記」「独孤伽羅」「如歌〜百年の誓い〜」 「花と将軍」「三国志 Secret of Three Kingdoms」「皇帝と私の秘密~櫃中美人」「寵妃の秘密〜私の中の二人の妃〜」「カンブリア紀」「飛魚高校生」「三生三世十里桃花」「独孤伽羅」「萌妃の寵愛絵巻」「晚媚と影〜紅きロマンス〜」「霜花の姫~香蜜が咲かせし愛~」「瓔珞〈エイラク〉」「扶揺 フーヤオ~伝説の皇后~」ほか