2020年05月16日

中国ドラマ「三国志 Secret of Three Kingdoms」キャスト・あらすじ第45話〜第46話


三国志 
Secret of Three Kingdoms


2CC5F929-073D-42E9-ACB5-7372941133B7.jpg
​​©️中国 天津唐人影視股份有限公司 2018






キャスト

劉平・劉協/馬天宇 マー・テェンユー
司馬懿/韓東君 エルビス・ハン
皇后 伏壽/万茜 レジーナ・ワン
弘農王妃 唐瑛/董潔 ドン・ジェ
任紅昌・貂蟬/董璇 ドン・シュアン
曹丕/檀健次 タン・ジィエンツー
曹操/謝君豪 ツェ・クワンホウ
曹節/王玉雯 ワン・ユーウエン
郭嘉/王陽明 サニー・ワン
張宇/李建義 リー・チェンイー
荀彧/王仁君
満寵/屠楠
楊修/王萌
令寿光/史文翔     
甄宓/汪小敏
呂姫/关美








【第45話】 
郭嘉が曹操の娘 曹節に遺した『天下機密』。
曹操三男 曹丕、五男 曹植、曹節は劉平(楊平)の正体を知る。
曹丕は巾着を持ち出し、妹を案じるふりをし、騒ぎが大きくなれば父上が気づくと曹植に話し、早く陛下に知らせ節を宥めてもらわねばと言う。
曹節は部屋から巾着が失くなった事に気づく。
その後 母親 下夫人と共に皇后 伏壽に謁見した曹節はそわそわしていた。
そして皇后と二人になると陛下と夫婦ではないのですね。郭祭酒が遺した袋の中に陛下の素性が。その袋が失くなりましたと話す。
曹植は曹丕の仕掛けた罠だと気づく事なく、曹丕に言われた通り、人目のない書庫で劉平に巾着を渡す。
劉平は郭嘉の遺した文に目を通し、私は兄上の遺志を引き継がねばならぬ。漢の民を守らねば。盧龍の時と何も変わる事はない。そなたが朕ならどうする?と聞く。
あなたこそ漢の皇帝だと分かったと曹植は言う。劉平はそなたは父上とは違うと返す。
妹はこの秘密を知って心が揺れている。陛下への想いを抑えられない。秘密を守れないやも。宥めて下さいと曹植は言う。
劉平は曹節の心は純真。秘密を守ると返す。
そこへ曹操が来る。
曹操は曹植に巾着を渡すよう言うが、曹植は躊躇し、劉平が曹操に渡す。
曹丕か慌てた様子で司馬懿の屋敷へ。
父上が陛下の素性を知った。お前の家族の所にも捕り手が。全て話せば何とかしてやる。司馬家を救う最後の機会だと曹丕は言う。
司馬懿は私は嘘をつきません。願いを聞いてくれたら恩は返しますと言い、家の者と逃げろと父と兄に伝えて下さいと曹丕に頼む。
曹丕は真相を話せば司馬家は安泰なのに。命を顧みず何を隠す。それ程の者か?と怒鳴る。
司馬懿は私は死にませぬと部屋を出る。
門を開けると兵たちが司馬懿を取り囲む。
曹操は劉平の正体を知り、まんまと皇帝の座を手に入れ、余の息子や配下まで味方につけた。何食わぬ顔で欺いたと罵る。
朕は先帝の双子の弟であり漢王朝の血筋。慌しかったが先帝の詔に従った皇帝だと言う。
先帝が崩御し玉璽は皇后の手に。皇后と共に謀れば詔など都合よく書けると曹操は返す。
曹丞相は郭祭酒が書いた事を分かっていない。この書き付けだけで皇帝を貶める証しにはならないと劉平は言う。
県令 満寵が司馬懿を捕らえたと曹操従兄弟 曹仁が報告しに来る。
曹操は温県にも人を送った。楊平の兄が何を話すか聞いてみようと言う。
捕らえられた司馬懿は楊平はどこに?と聞かれると許都への道中 山賊に襲われ殺されたと答える。





広告





【第46話】
劉平の素性を曹操が知り、楊家や反曹操派の漢王朝の臣下たちは焦り始める。
太尉 楊彪の息子 楊修は父 楊彪に食事を運び、落ち着かない様子の楊彪に反曹操の者は我が家に近づかないよう知らせましたと言う。
司馬防と長男 司馬朗か来るまで3日かかる。
許都にいる曹操の兵は1万。しかし名家には遠慮するはず。儒学生達に陛下を守らせると楊彪は言う。儒学生はこの局面では役に立たぬ。曹操は儒学生など気にしませぬと楊修は返す。
そして食事をする楊彪にその米は美味ですか?それは曹操か作らせた米と言う。
楊彪は端を置く。
私は楊家が生き残る道を探っている。陛下が操り人形でいてくれたら我らはとっくに勝っていた。
だが陛下は我を通し、父上はそれを助け、好機を潰してきた。今生き延びるためには陛下を見捨てると言う。そして野心を抱く楊修は郭嘉に代わる曹操の参謀になります。曹操を助け天下を統一すれば多くを得られると話し、楊彪に激怒される。我が楊家は漢に仕える名門。まさか忠も孝も捨ててしまうとはと楊彪は呆れる。
楊修は楊家の名誉を守るため曹操と手を組む。父上は尊重される。もし漢王朝と手を組めば楊家の者は皇帝を偽造した逆賊に。父上はお年。牢に入れるわけにはいかないと持論を話す。
親不孝者と楊彪はさらに激昂し、楊家の名誉などどうでもいい。楊家は漢王朝に恩義がある。漢の栄華を取り戻したいと言う。
そんなもののため虫けらのように死ぬのは意味がないと楊修は言い返す。
楊彪は陛下のためなら意味はあると言い、楊修を部屋に閉じ込め見張るよう命じる。
皇后は尚書令 荀彧を呼び「先帝の詔を受けよ」と帯の裏地に血で認められた先帝の詔を手渡す。
荀彧は先帝?と驚愕しながら帯を受け取る。
血で認められた詔に目を通した荀彧は先帝は崩御し、双子の弟 劉平がその跡を継いだと知る。
建安4年 先帝は崩御したと皇后は明かす。
荀彧は腰を抜かす。
私は先帝が病床に伏す前この詔を受け、私は今の荀令君より心中は複雑だったと皇后は話す。
荀彧は国が定まらぬ中 先帝はまさかここまでの屈辱に耐えてこられたとはと荀彧は嘆く。
あの時の形勢を知る荀令君は先帝がなぜこの奇策を用いたか分かるはず。陛下の即位は正統。漢王室のため陛下と先帝は屈辱に耐えました。曹操は司馬家の者を捕らえるため温県に人を送った。どうすればよい?と皇后は聞く。
陛下の素性が公になれば人々はあれこれ言う。
皇后様は先帝の意志を受け継ぎ、苦難に耐えてこられた。しかし陛下と皇后様は兄嫁と義弟なのに長く一緒に暮らし、陛下が兄嫁を奪ったと疑われたら漢王朝に傷がつくと荀彧は言う。
今 陛下を救う手立ては一つだけ。私が操を、立てて漢王朝のために死ぬ。自ら命を絶ち、その遺言と先帝の詔で陛下を守るようと命じる。
荀彧は陛下は千年に一度の名君。たとえ死んでも臣下として全力を尽くすと平伏す。
2人の話しを聞いていた劉平が来る。
曹丕は荀令君は今でも漢王朝を思ってる。今 陛下と会っている。油断大敵と曹操に言う。
身分が低かった頃から長きに渡り一緒に事を成してきた。背くわけがない。荀令君は正しい事を行うため身を尽くしてきた。皇帝の素性を知れば漢王朝の血統を守るため最初に立ち上がる。心配するなと言う。しかし郭祭酒と比べたらどうです?と曹丕に聞かれると曹操は荀彧に会いに行くと立ち上がる。
弘農王妃 唐瑛が曹操を訪ねて来る。
曹丕が曹操に申し出て唐瑛に会い、司馬懿を説得するよう言うが、唐瑛は断る。
唐王妃に頼みますと言う。
劉平は皇后とは共に苦難を乗り越えてきた。まぎれもなく朕の皇后だと言い、皇后への想いを語る。曹操に皇帝の地位を明け渡す。皇后と司馬懿を犠牲するよりいい。欲しいものを与えればもう朕を脅かさないと言う。
漢王朝は終わる。長年 努力した挙句 何か得られるのです?と皇后は言う。
劉平は平定された中原と返す。
曹操は董卓と違うと分かっているはず。我々の務めは帝位を守るよりも天下の民を救う事。曹操と揉めて中原を不安定にするより曹操に天下統一を託したい。この数十年で得た平安を無にできぬと話す。
荀彧は劉平に平伏し、立派な陛下を持ち、国も民も幸い。司馬懿を解き放つよう曹丞相に掛け合います。軽々しく動かないよう劉平に言う。
しかし劉平はもう待てぬ。司馬懿は酷刑を受け命は風前の灯と言う。
荀彧は曹操に評定がやめになった事をなぜ黙っていたのです?聡明な陛下を孤立させたら曹丞相の名が傷つき天下統一の妨げにと曹操に言う。
我らの君臣は永遠の手本と余は常々思ってきた。素性の知れぬ皇帝のために動いて余を失望させるなと曹操は言う。しかし荀彧は陛下は詔を受け即位され、正当な皇帝。私は董卓が殺された後 皇帝を迎えて逆賊を討つよう進言しました。お忘れですか?曹丞相は休まず励んできたのに帝位を奪ったと言われるのは心外と訴えかけ、身分の高い人は広い心を持つべき。司馬懿を解き放ち陛下と手を握って下さい。皆がその徳を敬い天下の人心を得られますと助言するが、曹操は偽りの天子と手を握れと?長らく主君も家臣であったが長い付き合いだったがまさか今日でそれが終わるのか?と聞き入れない。
曹丕は唐瑛を投獄されている司馬懿の所へ連れて行く。拷問され司馬懿は意識がなかった。
拷問は残酷な上 満寵は焦っている。起きたら司馬懿を説得するよう話し、傷薬を渡す。
司馬懿は気がつくと唐瑛を揶揄う。
そして父と楊俊はもう逃げたと楊平に伝えてくれと言う。そしてあと一つ手伝ってくれと言い、ある家までの道のりを話す。
その家は二人で暮らすため用意した閑静な場所「ある家と竹林。
司馬懿は唐瑛が暮らしていた陽の当たらない弘農王府とは違い陽光が降り注ぐ家を用意し、竹の葉の上で朝露が陽光にきらめく。きっと気にいると二人の未来の暮らしについて語る。
唐瑛は司馬懿を抱きしめる。
司馬懿はその日が待ちきれぬと言う。
弘農王府。 太尉 楊彪と皇后の父親 伏完は劉弁がが董卓に殺された時を振り返る。
あの頃 王允の屋敷には逆賊を討つ謀議に集まり、いつも悔し涙を流していた。その謀議には曹操も来ていた。曹操は我らに対し「泣いていれば董卓は死ぬのか?」と怒り、自ら董卓を討ちに。あの時の義に燃え恐れぬ曹操は同じ志を持った忠義の士と思えたのにと楊彪は言う。
世の中は移り変わっていく。それは人も同じ。仲間の王允と袁紹は死に曹操は背いた。今となっては残った我らが漢王朝を守るのみと伏完は話す。楊彪は陛下を宮中へ送り込んだ時から死ぬ覚悟はできている。これまて長年どんな苦難に遭おうとも忠誠を尽くしてきた。日事に漢王朝が盛り返していくのを見て報われたと。しかし結局の所 それも無駄にと話す。
伏完は背水の陣をと返す。
しかし楊彪は私に任せてくれと言う。
楊彪は太尉を退き、慣例通り我が家で別れの宴を。曹操を招き入れ殺すと話し、陛下の仁徳と威光で国を立て直してくれと伏完に頼む。
我々は老い先短い。漢王朝のため最期の一滴の血まで捧げられれば悔いはないと2人は話す。
そこへ私がやると唐瑛が現れる。
楊彪は曹操を訪ね、昔のよしみで司馬家に寛大な処置を頼み、官を辞すにあたり別れの宴を開くと曹操を屋敷に誘う。




ーつづくー




にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

posted by LINA(lina.myfavorite@gmail.com) at 14:30| 三国機密之潜龍在淵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ー只今整理中ー ー只今整理中ー

ブログ内 作成中
韓国ドラマ 一覧 こちら                                     
各話  「ハベクの新婦」                                        
✳︎中国・台湾ドラマ一覧こちら                            
各話「花千骨」「旋風少女」「旋風少女 2」 「シンデレラはオンライン中! 」「四大名捕」  「あの星空。あの海。」「三国志〜趙雲伝〜」「諍い女たちの後宮」「王女未央」「皇貴妃の宮廷」「孤高の花」「麗姫と始皇帝」「恋はドキドキ!」「海上牧雲記」「独孤伽羅」「如歌〜百年の誓い〜」 「花と将軍」「三国志 Secret of Three Kingdoms」「皇帝と私の秘密~櫃中美人」「寵妃の秘密〜私の中の二人の妃〜」「寵妃の秘密 2~愛は時空を超えて~」「カンブリア紀」「飛魚高校生」「三生三世十里桃花」「独孤伽羅」「楚喬伝」「萌妃の寵愛絵巻」「晚媚と影〜紅きロマンス〜」「霜花の姫~香蜜が咲かせし愛~」「瓔珞〈エイラク〉」「「蘭陵王妃」「扶搖 ~伝説の皇后~」「 酔麗花~エターナル・ラブ~」「刺客列伝 」ほか