2020年10月17日

中国ドラマ〈 招 揺 〉キャスト・あらすじ 第19話



招 揺


977046E1-A013-4C18-9988-5CC668C10841.jpg
©️中国湖南衛視 2019




かつて魔王 厲修は世界を支配するべく秘術を得ようとした。だが正気を失い息子の厲塵瀾に魔力を注いでしまう。厲塵瀾の体内に入り込んだ魔力は成長と共に増殖していった。
魔王は厲塵瀾が魔力に侵されぬよう山中に封印し、配下の路氏に山を守るよう命じた。路氏は代々よそ者の侵入を阻み下山を許されぬ運命に。
その後 魔王は厲塵瀾を救うべく手がかりを求め異郷へ旅立ち、その消息は途絶えてしまう。
厲塵瀾が封印された山は毒気で包まれ、人々はこの山を封魔山と呼び忌み嫌った。










路招揺 /白鹿 バイ・ルー
万路門創設者。
魔王の子が封印されている封魔山を守る路一族の娘。信頼していた洛明軒に祖父を殺され、仇討ちを誓う。
万路門を開き女魔王と呼ばれ、恐れられる。

厲塵瀾/墨青 /許凱 シュー・カイ
魔王 厲修の子。
魔王により封魔山に封印される。
顔や腕に青い痣があり招揺に“ 墨青 ”という呼び名をつけられる。
軟弱で純朴だったが、魔王の剣『万鈞剣』を手にし、秘められた力が復活する。

姜武 /代旭 ダイ・シュー
新山門の門主。
極悪非道な門派。厲塵瀾を殺し万路門の門主になる野望を持つ。

琴芷嫣 /肖燕 シャオ・イエン
玄玉堂堂主 琴瑜の娘。千塵閣閣主 琴千弦の姪。
招揺の友。
鑒心門門主 柳巍に父を殺され、仇を討つため万路門に。

洛明軒/劉宇橋 リウ・ユーチアオ
宗門盟主。
不死身の体を持ち金仙と呼ばれていたが、招揺に魂を封印される。

柳蘇若 /米露 ミー・ルー
鑒心門門主 柳巍の妹。鑒心門聖主。
生きる屍となった許嫁 洛明軒を復活させるため心血を注ぐ。



広告





キャスト

路招揺/白鹿 
厲塵瀾/墨青/小醜八怪/許凱

魔道 新山門門主 姜武/代旭 
玄玉堂堂主 琴瑜 娘 琴芷嫣/肖燕 
宗門盟主 洛明軒/劉宇橋 
鑒心門 長玉聖主 柳蘇若/米露 
千塵閣閣主 琴千弦(琴芷嫣伯父)/李子峰
望星門門主 遅天明/夏添
鑒心門少主 柳滄嶺/楊澤 
万路門東山主 路十七/張鑫
万路門西山主 司馬容/丁野  
万路門南山主 顧晗光/向昊 
万路門北山主 袁桀/博迦
万路門 暗羅衛隊長 林子豫/尹雨航
万路門 暗羅衛隊員 阿大/武麟
万路門暗看守 小塌鼻子/林子幸
清音閣閣主 唐韻/王梓桐 
南月教教徒 獨孤修/劉玉翠
觀雨樓樓主 沈千錦/于潼 
天璇門門主 錦繡公子/葉思偉
宿南門門主 雄天/宮海濱
虛宗門門主 江河/金珈
新山門門徒 宋毅/阮浩棕
路招揺祖父/洪剣涛
千塵閣閣主 梓丹仙人/王徳順





あらすじ
【第19話 いちずな思い】
塵稷山 清波殿。万路門門主 厲塵瀾は肩に痛みを感じ、万鈞剣と関係が?と考え、気を整える。

かつて南月教に追い詰められた万路門西山主 司馬容と南月教教徒 月珠。海棠の花が咲き誇る木の側で月珠は息絶える。

霊停山。玄玉堂堂主 琴瑜の娘 琴芷嫣のふりをした万路門前門主 路招揺新山門門主 姜武と戦っていた。

かつて剣塚で厲塵瀾は招揺の後を追い自害しようとするが、招揺が身につけていた銀の鏡が光り手を止める。
その後 厲塵瀾は幻覚から逃れて目覚め、琴芷嫣(招揺)を捜す。

招揺と姜武の決着はつかない。
このまま続ければ洞窟が崩れる。姜武が司馬容を連れ去ったのは恐らく司馬容から情報を得るためと招揺は考え、姜武に取引を持ちかける。

私達は陣に囚われている。月が昇れば陣の威力はもっと増す。続ければ全員抜け出せなくなって死ぬ。厲塵瀾と司馬容は兄弟の間柄。裏切るはずはない。ならば厲塵瀾に恨みを持つ私が間者となって情報を渡すと招揺は言う。
姜武は了承し、仲間になれ。情報よりお前が欲しいと言い招揺の手に口づけしようとする。
二人の様子を伺っていた厲塵瀾は我慢ならず割って入る。
今の話しを厲塵瀾が聞いていた?と招揺は思う。

江州。司馬府の前で隠れていた琴芷嫣は万路門 暗羅衛隊長 林子豫に見つかり捕らえられる。
林子豫が上着を取ろうとし、琴芷嫣は顔を見られないよう必死に顔を隠す。
そこへ司馬容を救出した招揺と厲塵瀾が戻って来る。招揺は琴芷嫣を守るように前に立つ。

怪しい者を捕らえたが顔を見せようとしないと林子豫は厲塵瀾に報告。招揺は私の侍女。怯えていると言う。顔さえ見ずに侍女だと?と林子豫は言い返し、顔を見せるよう言う。
招揺は言ってあるはず。この娘に手出ししたら皮を剥ぐと。私は本気と返す。
厲塵瀾は林子豫に指示を出し、その場を収める。

部屋に戻ると琴芷嫣は軽率だったと謝るが、今回軽率だったのは私と招揺は返す。

その後 招揺は月珠を司馬容の元へ連れて行く。
万路門南山主 顧晗光が来ていた。
厲塵瀾は背中の傷が痛み、招揺に悟られぬよう下がらせる。

顧晗光は司馬容の治療を終え、厲塵瀾を治療しようとするが、厲塵瀾は瞬行術で顧晗光と万路門 無悪殿へ移動する。
顧晗光は治療しながら弟子の目を避けるためかと呆れる。厲塵瀾は霊停山で招揺が姜武に恨みがあると言っていた言葉を思い返していた。

封魔山。姜武は配下 小恩と小を連れ戻り、芷嫣が間者となり共に厲塵瀾を倒すと二人に告げ、万路門の門主になれは琴芷嫣は俺のものとほくそ笑む。

司馬府。招揺は霊停山で見た幻覚のせいで混乱していた。厲塵瀾が何も言わず先に帰ってしまい怒っていると琴芷嫣は心配する。

招揺は司馬容を助けるため間者になると言ったと琴芷嫣に話す。明らかな反逆。最悪の事態。誤解を解いた方がいいと琴芷嫣は招揺を説得し、二人は塵稷山へ戻る。

塵稷山。万路門門前に到着すると事実を伝えたら?厲塵瀾は善人だと琴芷嫣は言う。
招揺は私は善人こそ信じられないと返し、封魔山で宗門盟主 洛明軒と過ごした時を思い返し人を思う気持ちなんて煩わしいだけと言う。

鑒心門。鑒心門門主 柳巍の息子 柳滄嶺は父が病に伏せ長玉聖主が看病し代理で公務をと守衛から聞き、父の部屋へ向かう。

劉巍は昏睡していた。
鑒心門 長玉聖主 柳蘇若は父上は心労で静養中。邪魔をしないで。あなたも疲れているでしょう。次の門主はあなた。疲れが取れたら政務の代行をと柳滄嶺に怪しまれないよう気遣うふりをする。
そして琴芷嫣との縁談はなかった事に。芷嫣が万路門の弟子となった今 父上も同意見と言う。

万路門。南山主の従僕を見かけた招揺は顧晗光が来ていると知り、姿が見えない招揺は無悪殿へ。
厲塵瀾が六合島で負った背中の酷い傷を招揺は目にする。

重傷なのにこの調子じゃ当分治らない。静養していればひと月。回復を急ぐなら打坐に専念すれば10日ほどで治るやもと顧晗光は言う。

今こそその傷に水を浴びせ六合天一剣で刺すべきと招揺は思うが、今の私はそうしたくないと溜息をつく。

塵稷山 南山荘。女に弱みを見せぬため私をこき使うとは。お陰で予定が狂ったと顧晗光は腹を立てていた。
そして従僕 安思に虚宗門の薬題は出たか?と確認する。今年はまだと安思は答える。
例年より3日遅れている。今年は難題のようだと顧晗光は言う。

虚宗門。門主 江河は東屋で薬題を考えていた。 世の医者の力比べと称し、江河と顧晗光が薬題を出し、互いの腕を競い合っていた。

觀雨樓樓主 沈千錦は“恩人”が江河だと思い、虚宗門を訪れる。
門徒 李涯子が沈千錦を案内して来る。
きっと解けるのは二人だけと沈千錦は言う。
私の薬題を解けるのは顧晗光だけ。我々は互いを認め合う好敵手と江河は返し、用件を聞く。

沈千錦はお目にかかってお礼をと薬の処方を見せる。江河は私の処方ではないと言う。
でも宗門で医術に長けるのは江門主しか。心当たがありますか?と沈千錦は聞く。

江河は顧晗光の字だと分かっていたが、言えませんと返し、私に言わせれば谷精草を2銭減らし女貞子を3銭増やす方が効果が望めると言う。

觀雨樓。沈千錦は『長年 薬を頂きながらお名前も存じません。返事をお待ちしています』と文を認める。









にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

ラベル:許凱 白鹿
posted by LINA(lina.myfavorite@gmail.com) at 18:30| 招揺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ー只今整理中ー ー只今整理中ー

ブログ内 作成中
韓国ドラマ 一覧 こちら                                     
各話  「ハベクの新婦」                                        
✳︎中国・台湾ドラマ一覧こちら                            
各話「花千骨」「旋風少女」「旋風少女 2」 「シンデレラはオンライン中! 」「四大名捕」  「あの星空。あの海。」「三国志〜趙雲伝〜」「諍い女たちの後宮」「王女未央」「皇貴妃の宮廷」「孤高の花」「麗姫と始皇帝」「恋はドキドキ!」「海上牧雲記」「独孤伽羅」「如歌〜百年の誓い〜」 「花と将軍」「 三国志 Secret of Three Kingdoms」「皇帝と私の秘密~櫃中美人」「寵妃の秘密〜私の中の二人の妃〜」「寵妃の秘密 2~愛は時空を超えて~」「カンブリア紀」「飛魚高校生」「三生三世十里桃花」「独孤伽羅」「楚喬伝」「萌妃の寵愛絵巻」「晚媚と影〜紅きロマンス〜」「霜花の姫~香蜜が咲かせし愛~」「瓔珞〈エイラク〉」「「蘭陵王妃」「扶搖 ~伝説の皇后~」「 酔麗花~エターナル・ラブ~」「刺客列伝 」「春花秋月~初恋は時をこえて~」「招揺」「白華の姫」「陳情令」「春花秋月」ほか