2020年11月21日

中国ドラマ〈 招 揺 〉キャスト・あらすじ 第38話



招 揺


977046E1-A013-4C18-9988-5CC668C10841.jpg
©️中国湖南衛視 2019




かつて魔王 厲修は世界を支配するべく秘術を得ようとした。だが正気を失い息子の厲塵瀾に魔力を注いでしまう。厲塵瀾の体内に入り込んだ魔力は成長と共に増殖していった。
魔王は厲塵瀾が魔力に侵されぬよう山中に封印し配下の路氏に山を守るよう命じた。路氏は代々よそ者の侵入を阻み下山を許されぬ運命に。
その後 魔王は厲塵瀾を救うべく手がかりを求め異郷へ旅立ち、その消息は途絶えてしまう。
厲塵瀾が封印された山は毒気で包まれ、人々はこの山を封魔山と呼び忌み嫌った。










路招揺 /白鹿 バイ・ルー
万路門創設者。
魔王の子が封印されている封魔山を守る路一族の娘。信頼していた洛明軒に祖父を殺され、仇討ちを誓う。
万路門を開き女魔王と呼ばれ、恐れられる。

厲塵瀾/墨青 /許凱 シュー・カイ
魔王 厲修の子。
魔王により封魔山に封印される。
顔や腕に青い痣があり招揺に“ 墨青 ”という呼び名をつけられる。
軟弱で純朴だったが、魔王の剣『万鈞剣』を手にし、秘められた力が復活する。

姜武 /代旭 ダイ・シュー
新山門の門主。
極悪非道な門派。厲塵瀾を殺し万路門の門主になる野望を持つ。

琴芷嫣 /肖燕 シャオ・イエン
玄玉堂堂主 琴瑜の娘。千塵閣閣主 琴千弦の姪。
招揺の友。
鑒心門門主 柳巍に父を殺され、仇を討つため万路門に。

洛明軒/劉宇橋 リウ・ユーチアオ
宗門盟主。
不死身の体を持ち金仙と呼ばれていたが、招揺に魂を封印される。

柳蘇若 /米露 ミー・ルー
鑒心門門主 柳巍の妹。鑒心門聖主。
生ける屍となった許嫁 洛明軒を復活させるため心血を注ぐ。



広告





キャスト

路招揺/白鹿 
厲塵瀾/墨青/小醜八怪/許凱

魔道 新山門門主 姜武/代旭 
玄玉堂堂主 琴瑜 娘 琴芷嫣/肖燕 
宗門盟主 洛明軒/劉宇橋 
鑒心門 長玉聖主 柳蘇若/米露 
千塵閣閣主 琴千弦(琴芷嫣伯父)/李子峰
望星門門主 遅天明/夏添
鑒心門少主 柳滄嶺/楊澤 
万路門東山主 路十七/張鑫
万路門西山主 司馬容/丁野  
万路門南山主 顧晗光/向昊 
万路門北山主 袁桀/博迦
万路門 暗羅衛隊長 林子豫/尹雨航
万路門 暗羅衛隊員 阿大/武麟
万路門暗看守 小塌鼻子/林子幸
清音閣閣主 唐韻/王梓桐 
南月教教徒 獨孤修/劉玉翠
觀雨樓前樓主 沈千錦/于潼 
天璇門門主 錦繡公子/葉思偉
宿南門門主 雄天/宮海濱
虛宗門門主 江河/金珈
新山門門徒 宋毅/阮浩棕
路招揺祖父/洪剣涛
千塵閣前閣主 梓丹仙人/王徳順





あらすじ
【第38話 海棠の木
天璇門門主 錦繡公子は望星門門主 遅天明に姜武は厲塵瀾を抹殺するつもり。心は動かぬか?と琴千弦討伐を再度 持ちかけ承諾を得る。
だが失敗したらお前の名声は地に落ちるぞと遅天明は言う。錦繡は失敗などせぬと返す。

万路門 暗羅衛元隊長 林子豫が遅天明を訪ねて来る。林子豫招揺の命と引き換えに万路門の弱点を教えると話し、宗門に協力を申し出る。

塵稷山 蔵書閣。千塵閣閣主 琴千弦は古書に目を通していた。
東山主 路十七が食事を持ってくる。
二人は仲良く食事する。

琴千弦は『六道金剛陣』聖人の力で神器が持つ天の力を引き出すという記述に目を止める。

栖止地。万路門の門徒が路招揺の名で善行を積んだため招揺の栖止地の銭の残高は一気に増えていた。

空空舗。改良版 空空丸は一時的に力を増殖させた後 同じ量の力を吸収しようと炸裂が起きる。同じ量の力を補充すれば解決すると店主は話すが、特効薬はまだ出来ていなかった。
万路門門主 厲塵瀾は空空丸を持ち帰り、司馬容に相談する事に。

招揺は栖止地での夫 大元気銭舗 曹寧に離縁状を書いてもらおうとしていたが、北山主の元配下が曹寧の名で善行を沢山 積んだため曹寧は天に昇っていた。曹寧の母親 周氏はあなたの事は絶対許さないと招揺に言う。
善行を沢山 積んだら天に昇るの?知らなかったと招揺は返す。
厲塵瀾は寡婦になったから離縁状はいらないと招揺を連れ、司馬府へ。

江州 司馬府。厲塵瀾は西山主 司馬容に空空丸を見せ、事情を話し、解決法を見つけてれと言う。
招揺がお腹が空いたと席を外すと司馬容は林子豫が遅天明の元に。放った密偵がことごとく消息不明と厲塵瀾に報告する。
江州も安全ではない。万路門へと厲塵瀾は言うが、司馬容は中庭の海棠の木を眺め、海棠を置いては行けぬ。月珠は海棠の下で息を引き取った。遺体は土に還っても花は咲き続ける。唯一の形見と言う。

書斎で月珠は自分の肖像画を見つけるが、耳の形が違うと招揺に言う。

鳳山。林子豫は司馬容の密偵を見つけ、殺す。
遅天明は万路門の山主は皆 絶技を持つが中でも司馬容は厄介と言う。司馬容は厲塵瀾の目。よって最初に潰すと林子豫は返す。

封魔山 新山門。錦繡は遅天明と宿南門門主 雄天が琴千弦討伐に協力すると門主 姜武に話し、宗門大会の時 連れ去られた清音閣閣主 唐韻を解放してもらう。
唐韻は見損なったと言う。
錦繡は清音閣に戻ったら世事に関わるな。更に君を失望させるだろうから。だが分かる時が来ると言う。

司馬府。月珠は肖像画の耳が違うと機嫌が悪く、正しく書き直してと司馬容に言う。司馬容が出来ないと返すと怒る。
司馬容は万路門へ行く。留守を頼むと月珠に言うが月珠は無視する。

塵稷山。司馬容は戻って来た招揺が別人でも愛せるか?と厲塵瀾に聞く。心には招揺だけと厲塵瀾は答える。司馬容はそうだな。代わりにはなれぬと言う。
琴千弦が呼ばれて来る。

空空丸も栖止地についても琴千弦は分からなかったが蔵書閣の古書から見つけた六道金剛陣について二人に話す。

肉体を再生する六道金剛陣は法器と聖人の法力。天の力を持つ神器が必要。この三つを揃え陣を成功できれば空空丸による副作用を解決出来る。
だが絶えて久しい陣。真偽のほどは分からない。

神器なら天剣 六合天一剣。
法器と聖人は琴千弦が協力すれば揃う。
琴千弦は協力する事に。この陣には危険が伴うゆえ協力を頼みたいと厲塵瀾に言う。

司馬容が姜武は琴閣主の心魔だという噂があると琴千弦に言う。
私の一瞬の不覚と琴千弦は明かし、虚宗門の前門主から送られた薬で心魔を除いたと言う。

司馬府。林子豫は最初の標的を司馬容に定め、司馬府へ。しかし司馬容は留守だった。
林子豫は留守番していた月珠にお前は木偶。絵の女ではないと嘲笑い、屋敷に火を放つ。
海棠の木が燃える。

塵稷山。琴千弦が黙って帰ったと勘違いした路十七は機嫌が悪くなり、やけ食いする。琴芷嫣は法器を取りに戻っただけ。すぐ戻ると宥める。

司馬府が焼き討ちにと報告を受け、司馬容は急いで屋敷へ戻る。
月珠は海棠の木の根本にいた。
すぐ直すと司馬容は月珠に言うが、月珠は直さなくていいと言う。
やっと分かった。私は木偶。偽物。本物の月珠じゃない。子馬はあなた。子豚は私じゃなかった。偽物は嫌と。そしてきっともう海棠の花が舞う事はないと月珠は司馬容に別れを告げる。
司馬容は泣く。

司馬容は半分燃えてしまった月珠を絶対に直してみせると言う。そして林子豫を探っていた密偵が戻って来ぬ。どうやらやぶ蛇だった。ここを引き払って万路門に戻る事に決める。

鳳山。司馬府を焼き払ったものの司馬容を仕留め損ねたとか。無用な警戒心を抱かせただけでは?と遅天明は林子豫の失敗につけ込み、万路門の見取り図を要求する。
見取り図は既に書き終えていたが林子豫は渡すのを躊躇い、正確を期するためもう少し時間をと言う

千塵閣。琴千弦が法器を取りに戻ると「生死は縁」が口癖なのになぜ路招揺のためにそこまで?と弟子 溯言は聞く。

塵稷山南山主 顧晗光は厲塵瀾の治療をし、今の身体で陣を張るのは危険。死ぬかも知れないと忠告し、司馬容にも止めるよう言う。
閣主はこうも言っていた。虚宗門から貰った薬で心魔を除いたと。晗光。その薬を知ってるか?と司馬容は聞く。





ーつづくー



にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

posted by LINA(lina.myfavorite@gmail.com) at 10:30| 招揺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ー只今整理中ー ー只今整理中ー

ブログ内 作成中
韓国ドラマ 一覧 こちら                                     
各話  「ハベクの新婦」                                        
✳︎中国・台湾ドラマ一覧こちら                            
各話「花千骨」「旋風少女」「旋風少女 2」 「シンデレラはオンライン中! 」「四大名捕」  「あの星空。あの海。」「三国志〜趙雲伝〜」「諍い女たちの後宮」「王女未央」「皇貴妃の宮廷」「孤高の花」「麗姫と始皇帝」「恋はドキドキ!」「海上牧雲記」「独孤伽羅」「如歌〜百年の誓い〜」 「花と将軍」「 三国志 Secret of Three Kingdoms」「皇帝と私の秘密~櫃中美人」「寵妃の秘密〜私の中の二人の妃〜」「寵妃の秘密 2~愛は時空を超えて~」「カンブリア紀」「飛魚高校生」「三生三世十里桃花」「独孤伽羅」「楚喬伝」「萌妃の寵愛絵巻」「晚媚と影〜紅きロマンス〜」「霜花の姫~香蜜が咲かせし愛~」「瓔珞〈エイラク〉」「「蘭陵王妃」「扶搖 ~伝説の皇后~」「 酔麗花~エターナル・ラブ~」「刺客列伝 」「春花秋月~初恋は時をこえて~」「招揺」「白華の姫」「陳情令」「春花秋月」ほか