2020年09月17日

中国ドラマ〈白華の姫〉キャスト・あらすじ第54話



白 華 の 姫
~失われた記憶と3つの愛
(原題 白发)



D15EB538-D6C7-4D61-AB62-9B2CAB2BC0B6.jpg
©️中国 愛奇藝 2019





追っ手に追われた女は目覚めた時 西啓の皇宮にいた。目の前にいたのは西啓皇帝 容齊。
記憶をなくした彼女は嫁ぐのが嫌で逃げた西啓の長公主 容樂だと告げられる。

容樂は情勢を鑑み、北臨 第七皇子 黎王 宗政無憂との政略結婚のため北臨へ。
黎王から婚姻を頑なに拒否された容樂だったが、彼女の真の目的は西啓 皇帝 容齊のため『山河書』を手に入れる事だった。

「山河書を得る者 天下を得る」
と言われる北臨の前丞相 泰永が記した書。
各国の地形や街の様子、天然の要害、天文、地理、気象から戦の戦法まで網羅し兵書でもあった。

容樂は北臨における西啓の情報収集と間者の活動を隠蔽する “凧” の拠点の茶楼と名品を扱う唯品閣を商う攏月楼へ。
攏月楼 店主の娘 漫夭という仮の身分で活動する事になる。

原作は莫言殤の『白髮皇妃』が原作。 王女未央の監督と脚本家コンビの最新作。










キャスト


西啓 長公主 容樂張雪迎 

8B1D9A8A-6653-42C4-8186-37FB378ED3C8.jpg




北臨 七皇子 宗政無憂/李治廷 

61969C99-2F55-45B7-AB07-DA259930B2E6.jpg




北臨 大將軍 傅籌/經超 

80736306-AB66-4670-BC3D-19ED140198C8.jpg




西啓 皇帝 容齊/羅雲熙 

6C07F705-FFED-4D8A-BB00-F2570B427B02.jpg






キャスト

西啓 長公主 容樂
攏月楼 漫夭/張雪迎

北臨 第七皇子 黎王 宗政無憂/李治廷 

西啓 皇帝 容齊/ 羅雲熙 

北臨 大将軍 傅籌/經超

天仇門 痕香/陳欣予

西啓 容樂侍女 泠月/王嵛
西啓 容樂侍女 蓮心/鄒新宇
西啓 容樂護衛 蕭煞/高爽
蕭煞 妹 蕭可/米咪
西啓 太后/田海蓉
攏月楼 攏月/王純
攏月楼 沈魚/鎮北王妃 洛顔/黃燦燦
北臨皇帝 宗政允赫劉錫明
北臨 皇太子 宗政筱仁/劉瀚陽
北臨 第九皇子 陳王 宗政無郁/ 書亞信
北臨 範陽王 宗政玄明/毛凡
北臨 無憂親衛 冷炎/倪寒盡
北臨 傅籌親衛 項影/高廣澤
北臨 傅籌親衛 常堅/胡毅
北臨 中書監 孫継周/陸忠
北臨 孫継周の娘 孫雅璃/代文雯
北臨 無憂師兄 無隠楼 無相子/李思陽 
北臨 皇后 苻鳶/田海蓉
天仇門門主 申/田雷
北臨 公主府女管家 秋怡/王歌
北臨 吏部尚書 余世海の息子 余文杰/盧卓
宸國鎮北王 寧千易/徐可
宸國鎮北王妃 昭蕓/文竹



広告





【第54話 秦家の姉妹
開元23年 南北の兵は撤退し二度と争わぬと南境で告示され、南北に分断された北臨に平和がおとずれる。
しかし黎王妃 西啓 長公主 容樂は自分が毒に冒されている事を黎王 宗政無憂に隠していた。
そして容樂護衛 蕭煞の妹 蕭可の師匠 雪狐聖女が記した書『雪狐医書』から容樂が冒されている毒は天命だと判明。
天命の毒を解毒するには『出産の際 鍼にて子に毒を移すべし』産まれてくる子に毒を移すしか方法がない。その事実を知った黎王は容樂に隠そうとするが、容樂も知ってしまう。

西啓。皇太后が皇宮を離れ一年。皇帝 容齊はいつまでも自分達を追い詰める皇太后に対し、逃さなぬなら朕にも覚悟があると拳を握る。

青州王府。容樂は容齊と過ごしている夢を見る。
容樂の記憶が徐々に戻ってきていた。

第九皇子 陳王 宗政無郁が蕭可の部屋へ行くと蕭可は陳王に告白し、お嫁さんにしてと言う。
私は5歳で死ぬはずだったから毎朝朝日を拝めるだけて満足だった。でもお姉さんの事情を知ってからは人の縁は儚いものだと知った。お姉さんは子供のため犠牲になるつもり。愛する殿下と別れる覚悟。私も時間を無駄には出来ない。だから気持ちを伝えたと話す。
陳王は突然の告白に戸惑うが、蕭可を抱きしめ一緒になろうと言う。

容樂は元天仇門 項影から風鈴を手渡され、自分の出自を知る貴重な機会かもと思い、黎王に告げず一人で出かける。

北境。摂政王 宗政無籌(傅籌)は宸国で自分は苻鴛の実の息子ではなく、黎王と双子の兄弟で雲貴妃の子だと知る。

20年余り前 北臨が復興した際 先帝 宗政允赫は西啓帝の容毅と中山で会盟した。会盟後 先帝は急に皇后 苻鳶を疎み冷宮に入れた。そして皇后は冷宮で子供を産んだ。

皇后が輿入れした際の侍女で宮中を出ていたため難を逃れた女から傅籌はかつての話しを聞く。

皇后 苻鳶は宸国の公主。北臨は宸国に占領され北臨の皇族は皆 宸国の臣下に。でも公主が先帝と情を交わした事で輿入れが決まり宸帝に目をかけられ軍権を得た。その後 先帝が起こした謀反で宸国は分裂。先帝は北臨を得て容毅は西啓を得た。
苻一族が皆殺しとなった後は現在の寧氏が皇位簒奪を企て宸国の権力を手にした。
その後 先帝は盟を結ぶため容毅を中山に招いた。
雲貴妃を見た容毅が貴妃を所望。しかし先帝は別離を経て一緒になれた貴妃を手放したくない。関係悪化を避けるため先帝は皇后に毒を飲ませ容毅に贈った。元々先帝にとって皇后は侵略された屈辱の象徴でしかなかった。
その後 皇后は冷宮に入れられて醜聞を隠すため先帝は皇后に仕える者を殺し、皇后に天命の毒を飲ませ記憶を消した。

傅籌は宸国で聞いた話しは事実。自分は苻鳶の復讐のために利用されたと確証を得るが、冷宮で産んだ子が私でないとしたら一体誰なのだ?まだ他にも陰謀が?と傅籌は思う。そして宸国で容齊が心から自分に同情すると言った言葉を思い出し、真相を知るのは恐らく容齊だけ。傅籌は容齊に会おうと考え、密書を届けるよう命じる。

南境。容樂は痕香の家に案内される。
痕香は自分が西啓の丞相だった秦永の娘で本名は秦湘だと明かし、秦家には娘がもう一人いた。秦漫と言う。
容樂には記憶がない。でも北臨に来てから何度も二人の少女の夢を見ていた。
父上は女子も男も同様に学び志を持つべきだと考えていたと話し、容樂は共に学んだ記憶を取り戻し、二人は姉妹と確信し抱き合う。
そして秦氏一門の位牌に二人は共に拝礼する。

青州王府。容樂は王府を出る際 黎王に文を残していた。『一人で静かに子供の将来を考えたい。私にしか出来ない決断を下す。心配はいらない。帰るべき時 必ずあなたの元へ帰る』と。
捜さないでと容樂は認めていたが、早まった事をしないか黎王は案じ、容樂を捜すよう命じる。

容樂は痕香傅籌の娘 念児をあやしながら昔の話しを聞く。
痕香は父上が私達に望んだ事は一つも実現出来なかった。非道な人間になった上 姉上を傷つけさえした。でも敵を討てなかった。秦家を取り潰した北臨帝を。悔いが残ると言う。
容樂は君主として人の命を自由に出来ても人生は不自由。私達と同じく運命に翻弄され家族とも引き裂かれた。傅籌と無憂は雲貴妃が産んだ双子の兄弟。秦家の取り潰しは苻鳶の復讐。命じた陛下も騙されていた。全ては苻鳶と天仇門の仕業と話す。
痕香は苻鳶が真の敵と知り愕然とし、余りにも愚かすぎると言う。そして傅籌もこんな現実に向き合うなんてあんまりと泣く。
容樂は今ならまだやり直す事ができる。傅籌が心配なら子供と一緒に会いに行っては?と言う。
縁は切ったと痕香は返し、今は姉上の身体と子供を一番に考えてと痕香は容樂を休ませて、自分も容樂の隣で横になる。

西啓。皇太后が西啓へ戻って来るが容齊は皇太后に会わず、皇太后は気に入らない。

蕭可に雪狐医書が渡ったのは黎王に天命の解毒法を知らせるため苻鳶が天仇門門主 林申に命じたからだった。
この世で何よりも辛い苦しみをあの者らにも味わせると皇太后は言う。
詰めが甘いから宸国での計画を阻止されたと苻鳶に咎められた林申は容齊抜きで計画を進めるべきだったと返す。

南境。丸一日 容樂が目覚めず、項影は王府に忍び込み蕭可の元へ。
陳王に見つかってしまう。

容樂は目覚め、子がいるせいと嘘をつくが天仇門にいた痕香を騙す事が出来ず、全て打ち明ける。
痕香は子供はまた作れると言う。
私と同じ状況なら自分の命のために子供を危険に晒せる?と容樂は聞き、念児をあやす。
黎王は外から容樂を見ていた。

その後 黎王は家の周辺を守らせ、項影と蕭可に容樂を頼み立ち去る。容樂は気配を感じ振り返り黎王の後ろ姿を目にするが気弱になっては子を危険に晒すと思う。
蕭可が脈診に来たと家に入って来る。

青州王府。黎王は毒を盛ったのは容齊か?と蕭煞に聞くが蕭煞は存じませんと答え、宸国で王妃が倒れた際 西啓帝は王妃に自分の血を飲ませていたと話す。
西啓帝の目的は?秦師匠の娘 秦漫が何で西啓公主となったのか?毒を盛ったのは?と黎王は言う。

容樂の前に容齊が現れ、私と一緒に西啓へ来いと言う。




ーつづくー

posted by LINA(lina.myfavorite@gmail.com) at 20:00| 白華の姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ー只今整理中ー ー只今整理中ー

ブログ内 作成中
韓国ドラマ 一覧 こちら                                     
各話  「ハベクの新婦」                                        
✳︎中国・台湾ドラマ一覧こちら                            
各話「花千骨」「旋風少女」「旋風少女 2」 「シンデレラはオンライン中! 」「四大名捕」  「あの星空。あの海。」「三国志〜趙雲伝〜」「諍い女たちの後宮」「王女未央」「皇貴妃の宮廷」「孤高の花」「麗姫と始皇帝」「恋はドキドキ!」「海上牧雲記」「独孤伽羅」「如歌〜百年の誓い〜」 「花と将軍」「 三国志 Secret of Three Kingdoms」「皇帝と私の秘密~櫃中美人」「寵妃の秘密〜私の中の二人の妃〜」「寵妃の秘密 2~愛は時空を超えて~」「カンブリア紀」「飛魚高校生」「三生三世十里桃花」「独孤伽羅」「楚喬伝」「萌妃の寵愛絵巻」「晚媚と影〜紅きロマンス〜」「霜花の姫~香蜜が咲かせし愛~」「瓔珞〈エイラク〉」「「蘭陵王妃」「扶搖 ~伝説の皇后~」「 酔麗花~エターナル・ラブ~」「刺客列伝 」「春花秋月~初恋は時をこえて~」「招揺」「白華の姫」「陳情令」「春花秋月」ほか