2018年01月02日

中国ドラマ・王女未央[第11話〜14話]


王女未央-BIOU-


01C000A0-1F4F-440C-AAD7-445C5C73D412.jpg
©️東方衛視 / 北京衛視




キャスト
李未央(馮心児)役/唐嫣 
拓跋濬(高陽王)役/罗晋 
拓跋余(南安王)役/呉建豪 
拓跋迪 役/陳鈺琪 
李蕭然 役/白凡 
叱雲柔 役/田麗 
李敏徳 役/梁振倫 
李長楽 役/李心艾 
李常茹 役/毛曉彤 
李常喜 役/彭豆豆 




あらすじ
【第11話】逆転の勝利
太武帝は李敏峰たちを牢に入れるよう言うが、李未央は兄は領地で策を行い叱雲軍と称賛され尊敬の的ゆえに暴乱が起きるとは思いもよらなかったと話す。太武帝は叱雲軍と聞きさらに怒り、敏峰の職を解き杖刑100回、長楽は救済策を100回書き写すよう命じる。異議を求められた李蕭然は自分にも罰をと言うが李未央により罪は帳消しとなる。未央は褒美を賜り安平県主の称号を授けられ、実母 七姨娘にも三品淑人の位が与えられる。
帰って行く未央を拓跋濬は追いかけて褒める。あの日、拓跋濬が黙って去ったのではなく宿に文を残していたことを未央は知るが、私達の身分には大きな隔たりがあると言い立ち去る。
尚書府に戻った李蕭然はまた事を起こせば息子とて容赦せぬと叱雲柔に言う。
未央は裏切った紫煙を屋敷から逃がそうとするが叱雲柔は紫煙を打ち殺そうとする。しかし紫煙は敏峰の子供を身ごもっていた。未央は李蕭然に今回の褒美として紫煙を敏峰の側室にしてもらう。
拓跋濬が太武帝の詔を持ち尚書府を訪れる。感謝を述べ跪いた未央に拓跋濬は手を差し出すが未央は手をとらず、拓跋濬は一方的な想いだった縁がなかったと諦めることにする。未央は拓跋濬に対する自分の態度に悩み、出会わなければよかった思う。未央は賜った褒美で皆に贈り物をする。そして七姨娘は君蘭院へ移り住むことになる。








【第12話】復讐の序章
李未央の元侍女 紫煙が李敏峰に虐待され、衰弱し墓地に捨てられていたのを李敏徳の義母 周氏が密かに屋敷に連れ帰っていたが未央の腕の中で亡くなる。李蕭然は紫煙の死を知り敏峰に激怒する。
未央は叱雲柔と敏峰の会話を聞き、堂々たる姿で地位も名誉も失ってもらうと復讐を決意する。
未央を祝う宴が開かれ尚書府には皇子達、大勢の高官や貴人が集まる。未央は被災民が苦しむ中、歌や踊りを楽しむわけにはいかないと宴の後 灯籠を流して祈りを捧げようと提案する。夜 招待客達が灯籠を流す中、川に紫煙の遺体が乗った筏が流れて来る。未央は遺体が敏峰の側室で子を宿していたと皆の前で暴露し、侍女白芷も虐待された後を偶然見つけたように振る舞い皆に見せる。
太武帝は敏峰の行いに辟易し辺境に送り苦役を課す事を命じる。護送される敏峰の前に君桃が現れ敏峰に涼を滅ぼしたのは叱雲南と叱雲柔と聞く。
尚書府。李蕭然に叱雲柔が敏峰を助けるよう懇願している中、敏峰が護送中に殺されたと知らせが入り叱雲柔は気を失う。
未央は涼の儀式で祖母、父親に李敏峰を討ったことを報告する。




【第13話】さらなる戦いへ
李敏峰の死を嘆く叱雲柔は李未央への復讐心を募らせる。七姨娘は密かに医者を呼び、赤痣について尋ね、叱雲柔はその医師を部屋に連れて来させ未央が偽物ではとある計画を企てる。
尚書府に敏峰のお悔やみに来た拓跋濬は花を愛でる未央に見とれる。未央に話しかけるが、その時李長楽が弾く琴の音が聞こえ、挨拶しに来た長楽に誘われ拓跋濬は共に琴を奏でそれを見た未央は嫉妬する。屋敷でやきもちを焼かれた拓跋濬は笑いが止まらず、部屋に来た皇太子妃に友の話しとしてに未央のことを相談すると恋だと言われる。
叱雲柔は家で災いが多いという理由で皆を連れ、清風観へ祈祷に行く。未央は清風観で君桃と再会し、叱雲柔に君桃を紹介し仕えさせたいと話すと未央が君桃の恩人というのは嘘だと見抜いていた叱雲柔はあっさり許可し一味は近くに置き時機が来たら共に葬ると言う。未央は君桃から涼を滅ぼす企てを図ったのは叱雲南と叱雲柔だったと聞く。そして叱雲柔は何か企んでいると報告される。
清風観に尚書夫人の善行に協力すると拓跋濬と拓跋余が来る。そして炊き出しに未央に会いたいと言う女が来て未央様でないと指差して言う。
尚書府。叱雲柔は李蕭然に未央の出自には問題があると話す。そして南安王と高陽王もご存知だと言い、真相を究明するよう言う。








【第14話】真実より大切なもの
李未央は拓跋余と拓跋濬の立会いの元、尚書府の広間で真偽を問われることになる。
未央を育てた劉氏と近所に住む高氏は未央を偽物だと言い、未央の亡骸を調べることになる。
李長楽は自分が陥れたと疑う拓跋濬にもし偽物でも未央を信じるのか聞くと、そうなら何か事情があったはずだと答える。
尚書府に亡骸が運ばれ医者の見立てと亡骸が身につけていた腕輪から叱雲柔は未央だと言う。連れて行かれそうになった未央は遺体の足の指が6本あると指摘し、腕輪も見覚えがなく腕輪を管理している叱雲柔になぜ私を陥れようとするのかと聞く。そこへ死んだ李未央に瓜二つ女性が現れ窮地に陥るが、七姨娘が広間に来て本物の未央と名乗る紅羅を見て戸惑うが、紅羅が偽物だと気づき本物は左手に痣があると嘘の証言をする。
劉氏、高氏、紅羅は捕まり叱雲柔は未央に疑ったことを謝りその場を収める。そして変貌術を使っていた紅羅を逃し、替え玉に未央の面をつけ自害に見せかけ殺させる。
李蕭然は叱雲柔の部屋に来ると叱雲柔を叩きお前の仕組んだことだとわかっているが李家の女主人が悪辣だと知られては恥だと怒鳴り、叱雲家の権力を笠に着て好き放題の叱雲柔から李家の女主人の座をとりあげ義妹 温儀に任せると言う。
未央は七姨娘から未央にも痣はあったが腕ではなく耳の後ろにあったと言われる。未央は未央の玉佩を渡し真実を打ち明ける。


にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村
posted by LINA at 09:10| 王女未央 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ー只今整理中ー

ブログ内
韓国ドラマ一覧 こちら                                     
各話  「ハベクの新婦」                                        
✳︎中国・台湾ドラマ一覧こちら                            
各話「花千骨」 「シンデレラはオンライン中! 」「四大名捕」  「あの星空。あの海。」諍い女たちの後宮王女未央