2018年01月12日

中国ドラマ・皇貴妃の宮廷[第1・2話]


皇貴妃の宮廷
(原題・多情江山)


75EFA725-C703-4613-935B-147BF15B0EF2.jpg
©️浙江衛視 2015


キャスト
愛新覚羅 福臨(順治帝)/高雲翔 
董小宛/侯夢瑤 
孝庄文皇太后/袁詠儀  
索爾娜(皇后)/徐小颯
霊珠(蘭貴妃)/徐麒雯
多娜(蓉貴妃)/米露
果珍(敬妃)/劉越
佟佳(徳妃)/孫婉婷
妃/陳西貝
妃/蔡蝶
洪承疇/萬梓良
親王/劉永
愛新覚羅 済度/高仁
英格爾(侍衛統領 )/亓航









[第1話]
清朝 第3代皇帝 順治帝時代。
坤寧宮。皇后は雨上がりの階段で誤って転び、雨水をきちんと拭かなかったと言う理由で、太監 小溜子を杖刑50回とし「私に背いたり、粗相をしたものは同じ目に遭う」と見せしめとしようとするが死んでしまう。
順治帝はお忍びで初めて行く江南は女子と景色は忘れないと聞き楽しみにしていた。出発を前に妊娠している敬妃の元へ行き、不在の間 皇后や他の貴嬪に注意するよう言う。
翊坤宮。蘭貴妃は太監が死んだ話しを聞き、皇帝が皇后の命令権を奪い廃后がみえてきたと喜ぶ。
順治帝は小溜子の件を報告され死を悼み、皇后と妃嬪を集め皇后から命令権を奪うと決める。3月3日の今日は皇太后の寝宮で、妃嬪が皇太后へ蝶を献上する儀式が行われる日だった。順治帝は終わってから皆を集めるよう言う。
慈寧宮。后妃達は皇太后の健康を祈り、それぞれの蝶を披露し庭に放ち皇太后が品評する。対立する皇后と蘭貴妃は衝突し、皇太后に窘められる。放した蝶が敬妃と賢妃の周りに集まり、内務府総監 劉光才は紅の香りが蝶を集めていると言う。2人の唇に蝶が止まると皇后は数日もすれば敬妃の子も終わりだと思う。
宴が終わり妃嬪たちは乾清宮 西暖閣へ向かう。
順治帝は太監を罰し殺した皇后の言い訳を聞くが居直る皇后に腹を立て、3か月 皇后の命令権を奪い復権は反省次第とすると命じ、今後傲慢さが直らなければ廃后とすると宣言する。
決定に皇后は立腹するが蘭貴妃は鼻で笑い再び衝突し、ほかの妃嬪に蘭貴妃の頬を叩くよう皇后は命令するが誰も従わなかった。
順治帝は皇太后に皇后の件を報告するとあなたにも非があると窘められるが、順治帝は皇后に嫌悪感しかないと言う。皇太后は皇后の座から降ろそうとは考えないように、同意はできないと話す。
坤寧宮。皇后は味方の淑妃に野心家の蘭貴妃に気をつけるよう言われるが命令権が戻れば冷宮送りにしてやると言う。









[第2話]
皇太后は順治帝が江南へお忍びで行くことを心配し、劉公公を同行させることにする。そして、順治帝が漢族の女子と関わらぬよう念押す。
江南。怡清園の看板歌妓。南曲の第一人者で江南八艶の筆頭の董小宛が見事な舞を見せ店にいた遊撃将軍の息子と江寧知府の息子 宏琦が小宛に歌を歌ってもらおうとし、喧嘩になる。
長春宮。敬妃と蓉賢妃は皇后と蘭貴妃の争いの話しをし、自分たちは後宮の争いに巻き込まれず穏やかに暮らしたいと話す。その時、敬妃はわずかに腹に痛みを感じる。
済度は後宮での件を父親に話し、霊珠(蘭貴妃)が皇后になれば清の半分を掌握できると話し父親に激怒される。
江南。怡清園 呉女将は宏琦が小宛を二満両で身請けしたいと言ってきたと小宛に勧める。しかし小宛には三年の間柄の孟平鈞がいた。道楽者の宏琦が好きでない小宛は一切関わらないと断ると呉女将は小宛を脅す。
小宛は決して屈しない、命を落としてもと言う。
順治帝は漢族の絹織物商の若旦那として江南へ。
民の暮らしを知りたいと客桟を宿にする。
怡清園。宏琦は言うことを聞かない宛を脅し恋人に生き地獄を味あわせると言う。そして小宛は宏琦に襲われそうになりハサミを向け身を守る。
天地会 総舵主は皇太后、順治帝、大臣 瓜尔佳 鳌拜 を的に見事な飛刀剣を披露する。そして反清腹明という使命を果たすためこの3人が我々の最大の敵 必ず殺さなくてははならぬ標的だと言う。
慈寧宮。敬妃が皇后の仕掛けた毒で流産する。皇太后は侍女に命じて長春宮を調べさせる。



ーつづくー



にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

posted by LINA at 21:20| 皇貴妃の宮廷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ー只今整理中ー

ブログ内
韓国ドラマ一覧 こちら                                     
各話  「ハベクの新婦」                                        
✳︎中国・台湾ドラマ一覧こちら                            
各話「花千骨」 「シンデレラはオンライン中! 」「四大名捕」  「あの星空。あの海。」諍い女たちの後宮王女未央