2018年02月15日

中国ドラマ・孤高の花 ~孤芳不自賞~[第2話]


孤 高 の 花 ~General&I~
(原題 孤芳不自賞)


1A39D9FC-B6EE-4377-97B8-1D85D5D1ABA4.jpg
©️中国 湖南衛視 2017



キャスト
晋 将軍 楚北捷(鎮北王) /鐘漢良
燕 敬安王府 侍女 白娉婷 /アンジェラベイビー
燕 敬安王子 何侠/孫藝洲
白蘭 耀天皇女/甘婷婷
涼 陽鳳/麦迪娜
涼 則尹/亓航
晋 皇帝 司馬弘/于波
晋 張貴妃/鄧莎
晋 燕十三娘/劉萌萌
晋 楚漠然/魏炳樺




【第2話】運命の邂逅
五老峰。敬安王 何勝は妻の皇女 慕容和仁を逃し、数人の部下と共に待ち構えていた楚北捷と戦うが破れる。何勝は「殺せ」と言うが楚北捷は過去の英雄に用はない。命は取らぬと言い立ち去ろうとするが何勝は貸し借りはせぬたちと自害し「この敵は息子が討つ。お前にこの先 穏やかな日はない」と言い残し亡くなる。馬車で逃げた皇女と禁衛軍から逃れて来た何侠は合流するが皇女(母親)は馬車の中で自害していた。そして五老峰で『敬安王 何勝の墓』楚北捷建立と木標が建てられているのを見つけ土を掘り起こす。そこへ燕の大将軍 陸軻が現れ、何侠は私達は出会って10年互いを理解している。これは策略と話すが、陸軻は「君主を欺いた。刑に処す」と言う。部下と何侠は争い、その後 陸軻と戦う。陸軻は「私を人質にしろ」と囁き、何侠は陸軻を人質にしたふりをし、両親の遺体を馬車に乗せ逃げる。解放された陸軻は部下に追わずともよい。包囲網が張られ逃げられぬと言い何侠を逃す。そして逃げて行く何侠を見送りながら敬安王子 二度と戻るなと思う。
楚北捷は筏で川を下りながら笛を吹く。そして川岸で何侠の羽織に矢の刺さり意識のない女を見つけ、息があるのを確認する。楚北捷はその女の側に落ちていた簪に目を止め女の顔を今一度見る。
白娉婷は気がつき、起き上がろうとするが側にいる男から動くな傷が深い。治療しなければ命を落とすと言われる。そして誰にやられた?と男に聞かれるが白娉婷は答えない。楚北捷は白娉婷にお前のか?と簪を見せ聞くと白娉婷は簪を取り戻そうとする。「何者だ?」と聞かれても答えず、簪を取り戻そうとし手首を掴まれる。
楚漠然が白娉婷に話しかけるが答えないので、口が利けないのではと楚北捷に言う。楚北捷は白娉婷に近づき「面白い反抗的で気に入った。話さなくともよい。だがお前の命は恩人である私の物だ。言うとおりにしろ」と言う。 一方、何侠は自らの手で両親を埋葬し、侍従 冬灼と共にその場を後にする。
白娉婷は馬車で運ばれながら碗の水を密かに捨て楚漠然に空の器を見せる。楚漠然が楚北捷の所へ水をもらいに行った隙に白娉婷は馬車を走らせ逃げ出す。しかし馬車の屋根が木にあたり馬車は傾き壊れ馬で追いかけて来た楚北捷は白娉婷を救い出し、意識のない白娉婷を見つめる。
旅館。白娉婷を診た医師は助かるかどうかは運次第と楚北捷に言う。皇帝から帰国の命が来たと楚漠然から言われ、楚北捷は残って女に最善の治療を施せと楚漠然に命じ、何侠の羽織を着ていたゆえ真相を確かめると言う。そして「死なせてはならぬぞ私の知人かもしれぬ」と言う。
晋 太極殿。楚北捷は皇帝に拝謁すると見事な働きだったと賛辞するが、楚北捷は敬安王子 何侠は消息不明。蒲坂の戦で敗北した楚北捷は指揮官を務めた何侠を警戒し、脅威だと話す。しかし皇帝は謀反人となった何侠は軍を率いる事もないと燕を討つ準備をするよう命じる。楚北捷は北伐は民にとって不利益。民に平穏な暮らしをと皇帝に進言するが、皇帝は聞き入れず逆に蒲坂での戦い、帰国をせず蔑ろにしたと怒る。謝恒が楚北捷を庇い皇帝からひと月与えられじっくり戦略を考えろ。さもなくば死罪だと楚北捷に命じる。
白娉婷は逃げ出し楚漠然は行方を捜す。五老峰で白娉婷は壊れた墓標を見て、何が起きたのか察して王様、皇女様。必ず若様を捜し出しお守りしますと誓う。
鎮北王府。楚北捷に女を逃しましたと楚漠然が報告し謝るとあの容体でなぜ逃した?と聞く。女の逃亡した経緯を聞き、楚北捷は「蒲坂での燕の戦術を覚えているか」と言い、
私の読みでは女はあの時 何侠に琴の音で戦術を指示していた軍師だと話す。そして女は追わずともこの楚北捷が行く先に現れると言う。
白娉婷は町の飯屋で出された碗の茶を飲み、裏を見る。そこには半山寺との文字が書かれていた。
半山寺。楚北捷は 太尉 謝恒に誘われこの寺へ来て囲碁を打っていた。謝恒は健康 花家は絹の商いで財を築いた一人娘と縁談の話しをする。楚北捷は心に決めた相手がいると仄めかす。謝恒は陛下同様一途だと言い、その幸運な令嬢はどなたかと尋ねる。楚北捷は「名前も知りませぬ。一度しか会っておらぬので」と答える。
謝恒は側室を持つのも甲斐性。花家の令嬢は毎月15日 静思楼で琴を弾き、本日ご招待したのはその鑑賞のため。琴は品性を表す。まずは聞いてみて下さいと勧める。
花家の娘は琴を弾くのを嫌がるが、相手は皇帝陛下の義弟、晋の大将軍。怒らせてはいけませんと話され、早く弾くよう促される。
琴の音が聞こえ、謝恒は実に巧みな調べたと褒め楚北捷はなぜか白娉婷の事を思い浮かべる。楚北捷は異国に行った事のないという令嬢がなぜ異国の龍朔の曲を弾けるのかと興味を持つ。そして「気が合いそうだ。お嬢さんに会って来ます」と謝恒に言い、琴の音を頼りに静思楼へ。
部屋で琴を奏でているのは白娉婷だった。


にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村
posted by LINA at 13:35| 孤高の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ー只今整理中ー ー只今整理中ー

ブログ内 作成中
韓国ドラマ 一覧 こちら                                     
各話  「ハベクの新婦」                                        
✳︎中国・台湾ドラマ一覧こちら                            
各話「花千骨」「旋風少女」「旋風少女 2」 「シンデレラはオンライン中! 」「四大名捕」  「あの星空。あの海。」「三国志〜趙雲伝〜」「諍い女たちの後宮」「王女未央」「皇貴妃の宮廷」「孤高の花」「麗姫と始皇帝」「恋はドキドキ!」「飛魚高校生」ほか