2018年04月01日

中国ドラマ ・麗姫と始皇帝~月下の誓い~ あらすじ[第3話・4話]


麗姫と始皇帝~月下の誓い~
(原題:秦時麗人明月心/麗姫伝)


FA11EB2F-5052-4523-BB09-8C8012686021.jpg
©️中国 浙江衛視 2017



キャスト
公孫麗 役/迪麗熱巴
秦始皇帝 嬴政 役/張彬彬
荊軻 役/劉暢
韓申 役/李泰
嬴成蟜 役/蘇宥辰
公孫羽 役/楊哲
蓋聶 役/王同輝
蓋蘭 役/張璇
祖太后 役/廖学秋
敏夫人 役/邱意濃
楚夫人 役/王汀
李仲 役/楊彤
趙高 役/趙顧
高漸離 役/姜毅
秦舞陽 役/劉陽
蒙武 役/黃騫




【第3話】亀裂
衛王府。秦始皇帝 嬴政は自分を庇い重傷を負って意識のない公孫麗の様子を見に行き、麗の首飾りを見て幼き頃、命を救ってくれた少女(公孫麗)と少年(荊軻)を思い出す。そして公孫麗の手を取り「麗 本当に君なのか」と語りかけ、天の導きだと言う。そして自ら世話をする。
秦 相国府。相国 呂不韋はかつて自分の妾だった太后に自分の身代わりとしてあてがった嫪毐が自分の目を盗み謀反を起こし、地位が揺らいでいた。司空馬と共に次のなる手を模索する。
荊軻は『鵠落剣法』を狙う、丹頂門下の弟子達に追われるが、公孫麗と捜していた魯勾践に助けられる。魯勾践は公孫麗の事を聞き、荊軻が事情を話すと丹頂門に襲撃されたのは鵠落剣法の剣譜を奪おうとしたのだろうと言われる。荊軻は師父から託された布切れか?と思う。
秦 華陽宮。呂不韋は趙と結託した反乱軍に対抗すべく5万の兵を派遣したと祖太后に報告。成蟜には指揮官としてご参戦をと話すと祖太后は成蟜の謀反を危惧する。呂不韋は兵権を与える事で成蟜の真意が測れ、成蟜に二心あれば討つと話す。
〜呂不韋は床に伏せる先帝 荘襄王から成蟜を世継ぎにと遺詔を記すよう言われるが、長子 政に継がせるのが筋。華陽太后も政が相応しいと仰せだと言い。趙に捨て置かれていたお前が王になれたのは誰のお陰かと言い放つ〜
衛王府。公孫麗は気がつき、嬴政は公孫麗に本名を尋ねかつて出会った少女だと分かる。そこへ衛王が様子を見に来る。
公孫麗は濮陽統帥 公孫羽の孫だと挨拶し、秦軍の侵攻で濮陽が落城。祖父は秦の四大名手 風林火山に敗れ命を落としたと話す。衛王はその事を知らず驚き、趙という名の商人に扮する嬴政を見る。
公孫麗は家も家族も失い、流浪の身。せめて私の一太刀で秦への恨みを晴らしたい。私も師兄も衛人として国のために命を捧げますと言う。
そこへ李仲が嬴政を呼びに来る。上党の反乱軍に趙が加勢し、成蟜に出陣命が下されたと報告。
嬴政は呂不韋が不在を狙ったと成蟜に行くなと言うが、行かねば祖太后の機嫌を損ねると成蟜は答える。嬴政は呂不韋は失脚を恐れ実力行使に。どんな策を弄するつもりだと言う。
念のため成蟜と一緒に帰京するよう李仲が言うと人質として趙にいた頃、趙兵に殺されかけた。その恩人が公孫麗だと話す。此度も助けられて今は離れがたいと言う。成蟜は心配無用と帰京する。
公孫麗は嬴政に衛王に拝謁できた事に感謝を述べる。嬴政は公孫麗が未婚のようだとみうけ、秦を恨んでなければ秘めてきた思慕の念を打ち明けたのだがと思う。そして、嬴政は急用で出立すると話し令牌を公孫麗に手渡し、秦軍と遭遇する事があればこの令牌が役にたつと言う。
嬴政は衛王に公孫麗の世話を頼むと、衛王は公孫麗は美しく男装しても絵師の目に留まったと公孫麗が描かれたを軸を献上する。嬴政は去り際 麗のいる部屋を眺め必ず我が者にしてみせると誓う。
荊軻は公孫麗を捜し、麗は大師兄 韓申と大師父から託された剣譜の話をした事を思い出していた。その剣譜があれば敵を倒し無念が晴らせると。
荊軻が衛王府へ来て、再会する。
駐屯 成蟜陣営。成蟜の元へ趙の嘉太子が来て『成蟜を太子に政は余の子ではない』という荘襄王からの血書を見せ、紫玉夫人は成蟜の立太子を阻むべく、何者かにより事故に見せかけられ殺されたと話す。
秦 相国府。呂不韋は血書を届けた件で嘉太子に礼を伝えよと宦官 趙高に言い、私が再起できれば趙は攻めぬと約束する。
衛王府。公孫麗と荊軻は衛王に挨拶し、屋敷を後にする。衛王は秦王に見初められたなら運命は決まったなと公孫麗を見送る。
秦 正殿。成蟜からの直筆の『大王 政は王族でなく呂不韋の子。呂不韋は己の子を宿した趙の女を先王に嫁がせた』との檄文が届けられる。嬴政は本人の口から事情を聞くと出陣する。
嬴政と成蟜は対峙し、成蟜は血で書かれた遺詔を嬴政に投げ渡し「王位を私に譲れ」と怒鳴る。しかし嬴政は「余こそが全てを統べる皇なのだ」と叫ぶ。



【第4話】捜索
成蟜は呂不韋の計略に乗せられ、剣を抜き「出陣準備」と叫ぶが、秦始皇帝 嬴政は自らの軍にしばし待てと命じる。趙軍は山に隠れ、様子を伺う。嬴政が説得するも成蟜は引かず剣を向ける。嬴政は成蟜と共に天下を治めようと誓った時の事を思い出し唄を歌い、成蟜は剣を落とす。
嬴政は「嬴成蟜は秦と縁を絶つ」今生会うことはないと成蟜に言い、兵を撤収させる。
山中。荊軻は剣の修練をし、公孫麗は絵を描く。そして絵のように穏やかな日々を送りたいと荊軻に見せて話し、そんな暮らしがしたくないかと荊軻に言う。しかし荊軻は師父の教えがあり、剣譜を守り武術を極め世のために生きる。自分だけ幸せになるわけにいかないと言う。
公孫麗はただの夢と立ち上がるが、荊軻は麗の手を取る。そしてどんな道か分からないが、行ける所まで一緒にいこうと言う。
秦 王宮。嬴政は燕 丹太子と酒を飲み、余は成蟜を軽んじたかと聞く。丹太子は王族の宿命と答え、兄思いの成蟜が謀反を起こす理由はなく、何者かに教唆され二人を離間させ利を得た者がいると憶測を話す。
嬴政はこの仲父だけが味方と慰めに来た呂不韋に余が信頼していた者は次々と去る。全てはそなたが裏で糸を引いていたと言う。
呂不韋は帰国させ王位に就けた事実を忘れるな。私と共に六国併合を遂げ覇権を手に入れようではないかと言う。嬴政はそなたも、母上も祖太后も余の権力を借りて意のままにするためどんな手段も使う。成蟜は余にとって唯一の理解者、己の野心のため兄弟の情を引き裂いたと呂不韋の首を掴み、余の前から消えろと命じる。
公孫麗と荊軻は町で蓋聶の娘、蓋蘭に出会う。秦を去り追っ手に追われいると聞く。
蓋聶の所へ行くと蓋聶は秦 風林火山と争っていた。それを目にした公孫麗と荊軻は助太刀する。風林火山を追い払い、荊軻は蓋聶に弟子にして欲しいと頼むが断られるが公孫麗は友人ならいかがですかと言う。
華陽宮。祖太后は敏夫人、楚夫人にさらなる繁栄のために多くの公子が大王を補佐せねばと孫 扶蘇の弟を早く産むよう話す。楚夫人、敏夫人は大王と一度も枕を共にしていないと相談する。祖太后は子孫繁栄も大切な事と大王に進言すると話す。
祖太后は嬴政に後宮で妃と会うよう話し、立后を考えなければ。王后が決まれば国は安定し天下は平らぐ。高い気品と教養を備えていると楚夫人を嬴政に勧める。しかし嬴政は公孫麗を思い浮かべ、商王武丁の妃のような女侠を望みます。文武両道かつ徳量寛大。用兵にたけ余と共に覇業を成せる者をと言う。祖太后は婦好は特別な天命を持つ女性。そのような娘が容易に見つかるかどうかと返すと見つからなければ立后いたしませんと嬴政は答え立ち去る。
公孫麗と蓋蘭は意気投合し、義姉妹の契りを交わす。
秦 正殿。逆賊 嫪毐は100日かけて凌遅刑に処す。その一族郎党も同罪と勅旨が述べられる。そして李仲から衛人の娘を捜索せよと公孫麗の捕縛令が布告される。







にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村



posted by LINA(lina.myfavorite@gmail.com) at 16:15| 麗姫と始皇帝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ー只今整理中ー ー只今整理中ー

ブログ内 作成中
韓国ドラマ 一覧 こちら                                     
各話  「ハベクの新婦」                                        
✳︎中国・台湾ドラマ一覧こちら                            
各話「花千骨」「旋風少女」「旋風少女 2」 「シンデレラはオンライン中! 」「四大名捕」  「あの星空。あの海。」「三国志〜趙雲伝〜」「諍い女たちの後宮」「王女未央」「皇貴妃の宮廷」「孤高の花」「麗姫と始皇帝」「恋はドキドキ!」「海上牧雲記」「独孤伽羅」「如歌〜百年の誓い〜」 「花と将軍」「 三国志 Secret of Three Kingdoms」「皇帝と私の秘密~櫃中美人」「寵妃の秘密〜私の中の二人の妃〜」「寵妃の秘密 2~愛は時空を超えて~」「カンブリア紀」「飛魚高校生」「三生三世十里桃花」「独孤伽羅」「楚喬伝」「萌妃の寵愛絵巻」「晚媚と影〜紅きロマンス〜」「霜花の姫~香蜜が咲かせし愛~」「瓔珞〈エイラク〉」「「蘭陵王妃」「扶搖 ~伝説の皇后~」「 酔麗花~エターナル・ラブ~」「刺客列伝 」「春花秋月~初恋は時をこえて~」「招揺」「白華の姫」「陳情令」「春花秋月」「鳳凰伝」ほか

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。