2018年04月15日

中国ドラマ ・麗姫と始皇帝~月下の誓い~ あらすじ[第7話・8話]


麗姫と始皇帝~月下の誓い~
(原題:秦時麗人明月心/麗姫伝)


FA11EB2F-5052-4523-BB09-8C8012686021.jpg
©️中国 浙江衛視 2017



キャスト
公孫麗 役/迪麗熱巴
秦始皇帝 嬴政 役/張彬彬
荊軻 役/劉暢
韓申 役/李泰
嬴成蟜 役/蘇宥辰
公孫羽 役/楊哲
蓋聶 役/王同輝
蓋蘭 役/張璇
祖太后 役/廖学秋
敏夫人 役/邱意濃
楚夫人 役/王汀
李仲 役/楊彤
趙高 役/趙顧
燕 太子 役/白一翔
高漸離 役/姜毅
秦舞陽 役/劉陽
蒙武 役/黃騫




【第7話】契り
魏。公孫麗は荊軻と稽古をしている時、雷が鳴り2人は雨宿りするため洞窟へ。
秦王宮 本殿。秦始皇帝 嬴政は相国の位を廃すると宣言すると呂不韋は執政を通じ秦の内情に精通し他国との内通を図れば危機を招くとの忠言があり、呂不韋の邸宅に密偵を置き監視させる事に。
魏。洞窟で公孫麗と荊軻は濡れた衣を乾かしながら焚火を囲み話しをする。麗は最近「己のために生きよ」と言ったおじい様の言葉を思い出す。でも乱世では無理よねと、世を忍び静かに暮らす事を望むなら秦王の怒りを買っても逃げるのにと思いながら、荊軻の気持ちを確かめる。荊軻は高漸離に会って腕を磨きたいと言う。
衣が乾いたから行こうと立ち上がった荊軻に公孫麗は後ろから抱きつき「私の事が好き?妹ではなく女としてみて欲しい」と言う。荊軻は俺は君だけを想っていると答え、一生君を守る。君と一緒になれないなら生きる意味がないと答える。麗は「絶対生き抜いて。何が起きてもどこにいても私の心はあなたの物だから。忘れないで」と言う。
翌朝。公孫麗は荊軻と床を共にし寄り添いながら今が一番幸せだと言う。荊軻は麗の手を取り、この手を絶対 離さないと約束する。
公孫麗と田光は荊軻を見送り、麗は田光に私の事で志を曲げないように荊軻を見守って下さいと頼み、嬴政の迎えの馬車に乗り陽へ旅立つ。
燕。荊軻は高漸離に会い挨拶するが「挨拶無用 お手並み拝見」と言われ互いに剣を抜く。
秦。公孫麗は後宮へ案内され、李仲から侍衛を除き帯刀は許されないと言われ祖父 公孫羽の形見の短剣を「私が死んだ時は墓に入れて」と渡す。
燕。荊軻は高漸離にさすが公孫剣法と褒められるが高みを目指すなら情を捨てよと言われる。
華陽宮。祖太后は楚夫人から衛の陽の娘 公孫麗 が入内したと聞く。楚夫人は軍総出で捜索させ、李仲が今日後宮に連れて参りましたと話す。祖太后は滅びた国の娘が秦王の妃になるなど言語道断と立ち上がり、楚夫人は素性の分からぬ娘が入れば後宮の秩序が乱れると言う。
沐浴後、公孫麗は倒れ脈診した太医から子を宿していると告げられる。
魏。荊軻は斉へ来るよう高漸離に誘われるが断り田光の庵に戻る。そして公孫麗が解毒薬を秦王と取引し手に入れたと知る。祖父君の形見と君の襟巻きを携え行ったと田光から聞くと荊軻は家を飛び出す。洞窟で麗が話した言葉の本当の意味に気づき早駆けで咸陽へ向かう。
秦王宮。公孫麗の寝宮へ嬴政が来る。麗はなぜ私なのと嬴政に聞くと従順なだけの女となどつまらぬと答え、麗の頬に触れるが麗はその手を噛む。そこへ太医が麗が身ごもってひと月程だと報告しに来る。嬴政は麗を睨み「腹の子を殺せ」と命じると麗は「私を殺して」と言う。嬴政は殺せぬと思うのかと怒鳴り、麗の首に剣を当てる。


広告





【第8話】契り
秦始皇帝 嬴政は公孫麗の首に剣を当て「卑しい胤だ」と怒鳴るが、麗が「私の子よ」と言い返すと嬴政は剣を寝台に投げ、見張りを付けろと李仲に命じ何かあれば全員死罪と言い、部屋を出て行きながら太医にも懐妊を口外すれば命はないと告げよと言う。麗は床に座り込み涙を流す。
秦 後宮。嬴政が宴を開くと妃達を集め、公孫麗を伴って来て紹介し「公孫氏の名を麗姫とし良人の位を与える」と布告させる。公孫家の娘が秦王の妃となるなんてと楚夫人は屈辱を感じる。
楚夫人はめでたき日、麗良人の吟じる詩を拝聴したいと言う。麗は古代 楚王の后 息媯の詩を詠む。その詩は息媯が元夫 息侯への誓いを詠った詩。
楚王に身を奪われても心の中では息侯への思いを貫いたと麗は話す。さらに楚夫人は麗良人は武門出身。祖父は衛の統帥 お手並みを拝見したいと言う。嬴政は秦で一番の豪傑 蒙武将軍と手合わせさせると言うと麗は傷つけて流産させる気だと思う。その頃、咸陽門に荊軻が到着する。
楚夫人と敏夫人が牽制し合いながら会話をし、楚夫人は勝った方に金500両と馬10頭を与えると言うと公孫麗は褒賞は大王から頂きたい。私が勝ったら祖父の形見の短剣を返してと言う。嬴政は考えようと答え、手加減無用と蒙武に命じる。
2人は手合わせをするが公孫麗が勝り、蒙武は感服したと言う。麗は短剣を返すように嬴政に言うが剣を返すなどと言った覚えはないと言われ、麗の側まで嬴政は来ると「腹の子を殺さぬだけありがたく思え。図に乗るな」と囁く。
夜。荊軻は皇宮に潜入する。
公孫麗の寝宮に嬴政が来るが麗は迎えず拝礼もせず、どんな位だろうと感謝などしない。王だとも思わないと嬴政に言う。嬴政にその汚らわしい子と言われ、麗は「私と荊軻の子」だと言おうとし嬴政に首を絞められ「そいつを産むなら皆に余の子だと思わせるのだ。永遠にその男の名を言うな。永遠に秦を離れぬと誓え」これがそなたが支払う代償だと嬴政は言う。麗が誓うと嬴政は首から手を離し「分からせてやる 余こそがそなたの王だとな」と言い寝台に突き飛ばす。
荊軻は衛兵に扮し、公孫麗を捜していたが見つかり兵達に囲まれる。
公孫麗は寝台に押し倒され、嬴政に「なぜ目の敵にする?」と聞かれる。麗は祖父と両親が秦人に殺され祖国を奪われた。私は一生秦人を許せないと答え「余を殺したいのか」と聞かれ「今すぐにでも」その首を衛に持ち帰り亡国の屈辱を晴らしたいと言う。嬴政は怒って部屋を出て行く。
荊軻は兵に取り押さえられる。
麗は大師兄 韓申にいつか子供が出来たらどんなに苦労しても必ず自分の手で育てると話した事を思い出し「生きなければ」と呟く。
景良人が大王の渡りがなく溜息をつき、侍女と話している所へ嬴政が来て会話もなく景良人を乱暴に寝台へ連れて行く。
荊軻は捕まり柱に縛られる。牢守の兵士の会話から公孫麗が秦王の新しい妃になったと知り、我慢出来ずに黙れと言い、兵士達に殴られる。
楚夫人は侍女から大王が景良人の元を訪ね、深夜までいたと報告され顔色を変える。楚夫人は景良人と韓長使を呼び「あの野蛮な麗姫を排除しなければ」と話し今後は3人で協力し大王の心を満たしましよう。幸せは分かち合うものと景良人を見ながら、抜け駆けはしないでねと釘をさす。
荊軻は驪山で労役と指令が出る。
楚夫人は大王が麗良人の部屋を時々 訪れるが長居はせず夜にはご自分の寝殿へと報告され、不思議に思い公孫麗を見張るよう命じる。
公孫麗の元に来た嬴政が子を守りたければ覚悟を決め身を任せるのだと迫る。麗が返事をしないと嬴政は麗が読んでいる書を取り上げて放り投げると麗を抱き上げて寝台へ運ぶ。嬴政は麗を押し倒し、洛陽では共に寝た仲ではないかと言う。あの時 嘘に気付くべきだったと麗は返す。嬴政は微笑み「余は誰とも眠らぬ。あの日そなたと寝たのは趙だ。秦王ではない」と言う。








にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村



posted by LINA(lina.myfavorite@gmail.com) at 10:13| 麗姫と始皇帝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ー只今整理中ー ー只今整理中ー

ブログ内 作成中
韓国ドラマ 一覧 こちら                                     
各話  「ハベクの新婦」                                        
✳︎中国・台湾ドラマ一覧こちら                            
各話「花千骨」「旋風少女」「旋風少女 2」 「シンデレラはオンライン中! 」「四大名捕」  「あの星空。あの海。」「三国志〜趙雲伝〜」「諍い女たちの後宮」「王女未央」「皇貴妃の宮廷」「孤高の花」「麗姫と始皇帝」「恋はドキドキ!」「海上牧雲記」「独孤伽羅」「如歌〜百年の誓い〜」 「花と将軍」「 三国志 Secret of Three Kingdoms」「皇帝と私の秘密~櫃中美人」「寵妃の秘密〜私の中の二人の妃〜」「寵妃の秘密 2~愛は時空を超えて~」「カンブリア紀」「飛魚高校生」「三生三世十里桃花」「独孤伽羅」「楚喬伝」「萌妃の寵愛絵巻」「晚媚と影〜紅きロマンス〜」「霜花の姫~香蜜が咲かせし愛~」「瓔珞〈エイラク〉」「「蘭陵王妃」「扶搖 ~伝説の皇后~」「 酔麗花~エターナル・ラブ~」「刺客列伝 」「春花秋月~初恋は時をこえて~」「招揺」「白華の姫」「陳情令」「春花秋月」「鳳凰伝」ほか

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。