2018年11月15日

中国ドラマ「三国志 Secret of Three Kingdoms」キャスト・あらすじ第7話〜第8話


三国志 
Secret of Three Kingdoms


2CC5F929-073D-42E9-ACB5-7372941133B7.jpg
©️天津唐人影視股份有限公司 2018






キャスト

劉平・劉協/馬天宇 マー・テェンユー
司馬懿/韓東君 エルビス・ハン
皇后 伏壽/万茜 レジーナ・ワン
弘農王妃 唐瑛/董潔 ドン・ジェ
任紅昌・貂蟬/董璇 ドン・シュアン
曹丕/檀健次 タン・ジィエンツー
曹操/謝君豪 ツェ・クワンホウ
曹節/王玉雯 ワン・ユーウエン
郭嘉/王陽明 サニー・ワン
張宇/李建義 リー・チェンイー
荀彧/王仁君
/屠楠
楊修/王萌
董承/李躍民
董妃/王藝諾
令寿光/史文翔








【第7話】
劉平と皇后は曹操の屋敷へ移り、曹操息子 曹丕の監視下に置かれる。一方、司馬懿は荀彧から父 司馬防の出仕について話される。董卓に殺されかけてから父にその気はなく「諸侯でなく朝廷に仕えるべし」と息子達に言っていると言う。そこで荀彧は司馬懿に朝廷の官職 文学掾に任じる。
司空府。下夫人は戦でなくとも備えは欠かせぬ。曹家にはあなたのお爺さんと兄の2度の災いがと案じるが曹丕は私は兄のようにならないと言う。
皇后父 伏完は様子を探るために金子を届けるふりをして皇后を訪ねる。先帝の遺勅を知らない伏完は我が伏氏は漢王朝400年を超える歴史を持つ由緒ある一族。事を行う際は先帝と伏氏の家名の事をお考えにと言う。
劉平は落ち着かず皇后を呼ぶが『皇后を召す』という言葉の意味を知らず、湯浴みし床入りの支度を整えた皇后が来て動揺する。皇后は宮中の掟に従うよう話し、曹操に悟られぬよう共寝したふりをする事に。
宮中の火事騒ぎで護衛長となった楊太尉の息子 楊修は司空府で待機し、時を待つ。
劉平は博学な者10名を文学掾とし古典の修復をさせると荀彧から話され、その者達と会う。文学掾の一人として来た司馬懿は皇帝として振る舞う劉平を見て状況を推測する。
劉平が文学掾の者達に酒肉を振舞っている時、江東から尚書府へ急報を知らせる早馬が到着する。
謁見を終えた司馬懿は警備をせず、兵士と賭事に興じる楊修を見つけ声をかけ、やり込める。
劉平は江東の孫策が許都を狙っている。董承が動くべき時ではと言うが、皇后は空返事をする。そして許都は手薄。県令 満寵を押さえられればと話すがまた空返事される。そして劉平は話の核心 司馬殿が来た。司馬懿は助けになると言うが皇后は司馬懿の父 司馬防は曹操と繋がりが深い。司馬懿はともかく司馬家がそなたのために危険を冒すと思うかと問われる。劉平はけじめをつけるため司馬懿に会いたいと話す。
張家穀物店。司馬懿は乱に乗じて今夜動くと命じるが、宮中の女官を連れ出すのではと思っている番頭は司馬懿を諭そうとする。司馬懿は意中の者はただ一人だと言うと劉平を救い出すための準備を指示する。
街では兵士達が南へ急いで向かうのを見た満寵は兵士を止め、何事かと聞く。兵士は南の修兵場で給金が配られると答える。しかし、それは満寵を欺くための楊修の策だった。
太尉府。南の修兵場には王子服の兵 400人。満寵の兵は300人。曹操の屋敷には決死隊 50人。楊修の警備兵 50人が曹操の親衛隊 50人に対する。町の四方の門を押さえ、呉碩は門の明かりを消して回る。仲輯は夜回りを装い東門の灯が消えたら曹操の屋敷を攻め陛下を救い出すと楊太尉は策を話す。そして賊を討伐する。皆の者 勇敢に戦え。歴史に我らの名を刻もうぞと楊太尉の声に兵士達は漢王朝再興のためと答え、太尉府を出る。
弘農王祠。王子服は唐瑛の傷を心配し訪ねるが今はそんな時ではないと唐瑛は追い返す。王子服は事が成れば共にここを発とう。今夜 私を待っていてくれと言い立ち去る。
南の修兵場。給金が貰えず、兵士達は待ちくたびれていた。そこへ金子や反物の入った宝物が運び込まれる。王子服は許都に奸臣がはびこっている。陛下の命により討伐する。討伐後は褒美を与え官位を上げてやる。賊の財産は好きに奪うがよいと命じ兵士達の士気を上げて修兵場を出て行く。
司空府。皇后は陛下自ら戦う事はないと話すが、劉平はかつて光武帝は自ら兵を率いて敵を討ちましたと剣を眺める。
司馬懿は司空府の前で様子を伺っていたが、楊修が曹操の屋敷をこっそり出たと報告を受けると疑問を感じる。
城門の明かりが消えるのを楊太尉は楼台の上から確認し、順調に事が運ぶと思われたが、王子服が役所へ行くと中はもぬけの殻だった。








【第8話】
司空府が襲撃されるが曹丕が親衛隊と共に立ち向かう。劉平は気配で仲輯が来たと知り、助太刀しようと剣を取るが皇后にご辛抱をと言われる。劉平は兄上の遺志は私が継ぎます。私が漢王朝とあなた達を守ると言う。
王子服の前に暗闇から驃騎将軍 張繍が現れ、兵士達を一気に倒していく。王子服の勇姿を見た張繍の懐刀 宣義将軍 賈詡はさすが天下一の剣客の弟だと呟く。
董承が東門へ行くと呉碩の首が吊るされ、城壁の上に満寵が待ち構えていた。董承は逆賊討伐の詔を受けた。降伏せねば皆殺しにすると言う。すると満寵は私も詔を受けた。謀反を企てた董将軍を直ちに討ち滅ぼせと命を受けたと掲げる。
董承は偽の詔だと言い返すが、張繍が現れたと聞き、嵌められたと知る。満寵の横に楊修が現れ、楊修が裏切り許都奪還は失敗に終わる。
楊修は徐福に皇帝の正体を知った司馬懿を殺すよう命じるが、徐福はいつまで人殺しを続けるのですか?と聞く。
司空府。劉平は勝ったらどうするのかと皇后に聞く。たとえ許都を手に入れても周りは曹氏の勢力に囲まれ、どこかの諸侯と手を組むしかない。袁紹か劉表あるいは孫策。次は誰の傀儡にするつもりかと問い、曹操はどんな人かと聞く。皇后は私は徐州の生まれ。初平4年 宮中に入る前、曹操に徐州に攻め込み老若男女問わず殺された。そこにはこの世の地獄がと話す。そして私は先帝に漢王朝を守り抜く事を誓い、必ずやり遂げ、天下に太平をもたらすと言う。
董府。孔融の高弟 議郎の趙彦は董妃に菓子を届けに行く。董妃は火事の日から陛下は人が変わったみたい。調べてと頼む。そこへ王子服が来て、起きている事を話し董妃を連れて逃げる。
司馬懿は西涼 張繍が現れ、董承は敗れましたと報告を受ける。曹操は息子 曹昴を殺した敵と手を組むのかと番頭は驚く。
王子服と董妃は兵士に追われるが、司馬懿が助け
弘農王祠へ向かう。
司空府。劉平は馬の蹄の音を耳にし、いないはずの騎兵がなぜと思う。
董妃の乗った馬車を御する司馬懿を徐福が襲撃するが王子服が防ぐ。馬車の中の董妃は出血が酷く子も危険な状態になっていた。
弘農王祠。王子服は追って来た兵士達から唐瑛を守るため司馬懿と打ち合う芝居をし、唐瑛の持つ剣に自ら刺さって亡くなる。董妃は出欠多量で亡くなり、唐瑛は妃を見殺しにしたとし兵士に名を名乗らせる。兵を率いて来た兵は曹操親衛隊 虎豹騎校尉 孫儀と名乗る。
王子服と董妃の遺体は持ち去られ、今日の策は失敗するとわかっていていながら王子服にさえ伝えなかった唐瑛に無駄な犠牲を出さないのが真の策。お前達の大義は人を犠牲にして得るものなのかと司馬懿は問う。
司空府。曹丕は反乱を平定致しましたと劉平に報告しに行くが、皇后が応対する。
弘農王祠。司馬懿は本当の皇帝はどこだ?弟を身代わりにして皇帝の身を守るつもりかと唐瑛に聞く。唐瑛はこれは運命。生まれた時から決まっていたと劉平の出生の秘密を明かす。
司馬懿は皇帝が亡くなったと知ると宮中の家事、叔父上の腕。昨夜のお粗末な反乱もお前達が仕掛けたのかと聞く。
司空府。董妃の遺体が運ばれて来たのを見た趙彦は涙を流し、遺体は劉平と皇后の元へ。劉平は怒りを抑えて重臣達の前へ。
賈詡と張繍が劉平に拝謁する。劉平は曹司空の長男 曹昴は張将軍の配下の者に殺されたはずだが。曹司空に背いたと思えばまた降る。節操なく行ったり来たりと張繍に言う。
続いて賈詡に宣義将軍とは誰が任じたものなのかと問い、賈詡は興平2年に陛下にと答える。劉平は賈詡の経歴を忘れたかと話し出す。永漢元年 朕の兄上を皇帝から退位させ、董卓に討虜校尉に命ぜられた。永漢3年董卓が殺されると次は李傕と郭汜に身を寄せ、王允を殺して尚書に。興平2年 李傕と郭汜が長安に攻め込み朝廷を抑えると李傕に宣義将軍に任じられた。そなたが仕えた賊臣は皆 消え去った。そなただけが生き残っていると言う。賈詡は賊臣が国を乱しても私は漢のために耐えてきた。官職を任じる詔には陛下の玉璽がと反論する。
荀彧が話を変えるために董承と仲輯、呉碩、王子服などが反乱を企てましたと割り込む。そして賈将軍と張将軍が鎮圧したと言う。
劉平は賈詡の前まで行き、褒美を与えねばと優しく問いかける。賈詡は張将軍の功績だと張繍に褒美をと譲る。劉平はそなたは天下をかき乱してはそれを正している。何のためだと怒鳴り、賈詡に唾を吐く。



ーつづくー




にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

posted by LINA at 10:10| 三国機密之潜龍在淵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ー只今整理中ー ー只今整理中ー

ブログ内 作成中
韓国ドラマ 一覧 こちら                                     
各話  「ハベクの新婦」                                        
✳︎中国・台湾ドラマ一覧こちら                            
各話「花千骨」「旋風少女」「旋風少女 2」 「シンデレラはオンライン中! 」「四大名捕」  「あの星空。あの海。」「三国志〜趙雲伝〜」「諍い女たちの後宮」「王女未央」「皇貴妃の宮廷」「孤高の花」「麗姫と始皇帝」「恋はドキドキ!」「瓔珞」「海上牧雲記」「独孤伽羅」「如歌〜百年の誓い〜」 「花と将軍」「三国志 Secret of Three Kingdoms」「皇帝と私の秘密~櫃中美人」「寵妃の秘密〜私の中の二人の妃〜」「カンブリア紀」「飛魚高校生」「三生三世十里桃花」「独孤伽羅」「萌妃の寵愛絵巻」「晚媚と影〜紅きロマンス〜」「霜花の姫~香蜜が咲かせし愛~」「瓔珞〈エイラク〉」「扶揺 フーヤオ~伝説の皇后~」ほか