2019年04月22日

中国ドラマ・海上牧雲記(原題 九州・海上牧雲記)キャスト・あらすじ第20話


海 上 牧 雲 記
(原題 九州・海上牧雲記)



32AB19E1-BDE6-4F4B-92B1-8103E82989EF.jpg
©️中国 腾訊視頻 2017




天下九州を統べる牧雲氏の端王朝。星読みによって三つの予言が示される。

 一つ、第六皇子の牧雲笙は帝王の剣を握った時 天下に乱を起こして民を苦しめる。
一つ、穆如家の三男である穆如寒江はいずれ牧雲氏から帝位を奪う。
一つ、瀚州に生まれた碩風和葉は鉄王剣を抜き、やがて九州を統一する。

果たして誰が九州の王となるのか?




キャスト

第六皇子(後の端隐帝)  牧雲笙
黄軒ホアン・シュアン
少年時代 鄭好 

大将軍 穆如槊三男 穆如寒江
/竇驍ショーン・ドウ
少年時代 石雲鵬 

瀚州北部 碩風部族首長継承人 碩風和葉
周一囲  ジョウ・イーウェイ
少年時代 鄭偉








蘇語凝/徐璐
盼兮/文詠珊
南枯月漓/萬茜
牧雲厳霜 靖公主/張佳寧

端明帝 牧雲勤/蘆芳生
皇后 南枯明儀/蔣勤勤 
銀容(牧雲笙 母)/張鈞甯
大皇子 牧雲寒/李子峰 
第二皇子 牧雲陸/孫堅
第三皇子 牧雲合戈/彭冠英
第七皇子/于戦江
鄴王 牧雲欒/王千源 
牧雲欒次子 牧雲徳/張曉晨
牧雲欒 妻 穆如屏/張瑤 
牧雲欒配下 木原/孫正霖
南枯徳/朱輝
南枯祺(南枯月漓 父)/矢野浩二
前王朝 晟朝公主 昀璁/闞清子
天羅堂堂主 龍錦煥/杜玉明
侍女 蘭鈺児/何杜娟
中参将 孤松拓/俞灝明 
端王朝大将軍 穆如槊/曹衛宇
穆如家長子 穆如寒山/曲高位
穆如家次子 穆如寒川/張峻鳴
穆如風/張峪磊
碩風部族首長 碩風達(和葉父)/蔣毅
龍格丹珠(和葉母)李念
金珠海/熱依扎
龍格鯤/紀煥博
祈祷師 碩風蘇赫/陳炳強
黑森林女巫 和術紅玲/李心艾
辰月教 寂部の長老 墨禹辰/趙魏 
蘇嬤嬤/張棪琰
赫蘭部族首領 赫蘭鉄轅/蔡鷺
赫蘭鉄朵/王思思
速沁部族女主君 速沁紫炎/高葉
蛟族首領 湄音/侯伊荻
千鴻/顧璇
雪狼王/霍政諺
商人 阿格布/韓樸俊
河洛国国王 帆拉凱色/賈海濤








【第20話 秘めた想い
天啓 九州客桟。宛州 鄴王次子 牧雲徳は私と牧雲笙どちらの味方?だと辰月教 寂部の長老 墨禹辰に聞く。墨先生は牧雲笙と答える。
牧雲徳は本音が出たな。やはり利用していただけかと怒るが、墨先生は珠の女の力を使い牧雲笙の真の力を呼び覚ます。そして殺すと言う。
我ら辰月の使徒は数千年もの間この九州で使命を果たすべく命懸けで戦ってきた。まさか最も栄誉ある瞬間がこの時代に訪れるとは奇跡。
あれは神だ。
人として生まれた。この手で神を殺す栄誉の極みと墨先生は感極まり泣く。
牧雲徳は到底信じられない。霊珠を牧雲笙の元へ返すよう墨先生に言われる。
中州 未平斎の竹林の庵。第六皇子 牧雲笙の侍女 蘭鈺児は私は20歳になりましたと暇乞いし、牧雲徳の所へ行くと言う。
蘭鈺児は12歳で宮中に上がってから忌み嫌われていた牧雲笙の側にずっといた。
牧雲笙は戸惑う。
牧雲徳が来て、殿下から奪うつもりはない。笙殿下の身近な人が次々と不幸に襲われるのが心配だと言う。牧雲笙はその通り、行けと言う。
牧雲徳は1つずっ奪ってやると呟き、蘭鈺児は何です?と聞き返す。牧雲徳は悲しむ事はない。戻りたくなったらいつでも戻らせてやると言う。
そして蘭鈺児が霊珠を戻したと偽物を返すが、牧雲徳は竹藪に投げ捨てる。
牧雲笙の前に盼兮が現れるが、牧雲笙は彼女まで不幸にしないために、もう来るな。私はただ秘術を習いたかっただけ。秘術も習わない。本来の目的は宮中に名を残す事。もう君は必要なくなったたと言う。本心?と盼兮に聞かれると本心しか言わないと牧雲笙は答える。 
盼兮はさよなら牧雲笙と言う。
牧雲笙は少しして振り返り、行ったなら安心だと言う。
霊珠の中の世界で、盼兮はどうして?てと闇に問う。理由を問うまでもない。お前の存在理由を思い出せ。牧雲笙を目覚めさせるのがお前の役目。
盼兮はあの人は幸せになれる?と聞くとあれが本来の姿 幸も不幸もない。
私が命令に背いたらと言うと黒い煙が盼兮の体を貫く。盼兮は私は元来 肉体を持たない魂だけの存在と耐える。
お前が消えたら牧雲笙の元へ新しい奴隷を送るだけ。刃向かうな。お前がいようといまいと牧雲笙は運命を変えられぬ。
越州。大将軍 穆如槊三男 穆如寒江は第二皇子 牧雲陸と襲われた林で剣を刺しながら歩く。蘇語凝が薬草を摘みに来る。
穆如寒江はあの村は何が変だと思わないか?外部の出入りがない。どこかに別の道があると言う。穆如寒江は地下に何かあると考えて、村人に聞き回り、村は全てが均等に配分されていると知る。
蘇語凝は村の娘 小寧と穆如寒江が親しくしている事にやきもちを焼いていた。しかし穆如寒江は話しを聞いただけ。蘇語凝が一番綺麗と言う。
そして紙に書いた紋章を見せる。蘇語凝は寝室の入口にあった。おじ様の一族の紋章だと言う。
穆如寒江は同族でもない村人がなぜ同じ紋章を?村人達の姓は影、王、蘇、龍とばらばらと言う。
その他にも奇妙な事があった。村人に貧富の差がない。田畑や財産は違って当然。でも一水村はそうではなかった。
二人が一緒に王鐸と蘇真の家に戻ると牧雲陸が家から出て来て、蘇語凝に散歩しないかと誘う。
穆如寒江が俺も行くと言うが、お前は山を登れる馬を探してくれ。数日後に清余嶺に入ると言われる。穆如寒江は断り、この村は何となく怪しい。油断できないと話し、まだ傷が完治してない牧雲陸をおぶる。
三人は途中 天羅堂堂主 龍錦煥とすれ違う。
王鐸は気配を感じ、家の入口で平伏す。そして龍堂主に待ちわびました。父上が龍燦に刺され行方知れずになったと聞きもう会えぬものと。私 王鐸が天羅堂の120人を率いここ一水村へ来て6年。堂主が無事お戻りになった以上お役目を返上しますと堂主の紋章を龍錦煥に返上する。
龍錦煥が村にいるよそ者について聞く。王鐸は若者が二人。機鋒甲による傷で一人は負傷。来歴が不明のため村に足留めをと話す。龍錦煥は調べろと命じる。
川岸を歩きながら、穆如寒江は傷が癒たらすぐに村を出た方がいいと牧雲陸に言う。牧雲陸は聞き流し、蘇語凝に君は5歳から即興で詩を詠んだとか。私のために一種詠んでくれと言う。
蘇語凝は竹を牧雲陸に例えた詩を詠み、牧雲陸をまるで竹のようだと言う。
穆如寒江はやきもちを焼き文句をつけ、おれにも一種と言う。蟹をお題に詩を詠まれ、穆如寒江は腹を立てるが蘇語凝は蟹が好き。頼もしい感じかすると言い、機嫌が良くなる。
その時 王鐸は穆如寒江たちの部屋に忍び込み素性を探るため持ち物を物色していた。そして牧雲陸の玉佩を見つける。
牧雲陸は「あの予言を君は信じているのか」と聞く。信じるなら私は君のために天下を取る。信じぬなら、ただ君を守ると言う。蘇語凝は答えず立ち上がる。牧雲陸は君が好きだと告白する。蘇語凝は少し離れて座っている穆如寒江を見る。
穆如寒江は今はそんな場合じゃないと言うが、牧雲陸は私なら誰より君を幸せにできる。私と来てくれるかと聞く。蘇語凝は再び穆如寒江を見る。





ーつづくー





にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

posted by LINA at 11:00| 海上牧雲記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ー只今整理中ー ー只今整理中ー

ブログ内 作成中
韓国ドラマ 一覧 こちら                                     
各話  「ハベクの新婦」                                        
✳︎中国・台湾ドラマ一覧こちら                            
各話「花千骨」「旋風少女」「旋風少女 2」 「シンデレラはオンライン中! 」「四大名捕」  「あの星空。あの海。」「三国志〜趙雲伝〜」「諍い女たちの後宮」「王女未央」「皇貴妃の宮廷」「孤高の花」「麗姫と始皇帝」「恋はドキドキ!」「飛魚高校生」「三生三世十里桃花」ほか