2018年08月09日

月に咲く花の如く(那年花開月正圓)キャスト・あらすじ 第3話〜4話


月に咲く花の如く
(原題 那年花開月正圓)


750F80BB-AA31-4CBD-AED1-220FFD937764.jpg
©️中国 東方衛視 2017





清朝末期に実在した女性豪商 周瑩の愛と成功を描いた物語[全74話]





キャスト
周瑩/孫儷 スン・リー
沈星移/陳曉 チェン・シャオ
呉聘/何潤東 ピーター・ホー
杜明礼/俞灝明 ユー・ハオミン
胡詠梅/胡杏児 ミョーリー・ウー
趙白石/任重 レン・ジョン
呉漪/曾淇  ツォン・チー
沈月生/李解 リー・ジエ

周瑩養父 周老四/劉佩琦
呉家東院当主 呉蔚文/張晨光 
古月薬材店当主 胡志存/沈保平 
沈家当主 沈四海/謝君豪  
呉家西院 呉沢/張天陽 
呉家南院当主妻 柳婉児/萬美汐 
呉家東院当主妻 鄭氏/龔慈恩 
王世均/李澤鋒 
江福祺/高遠 
千紅/周麗淇 
玲瓏/汪蘆雲 
天石/申甲哲 
天玉/趙子默 
査坤/李藝科 
珊瑚/賈亞榮   
楊之渙/王堅定 
佟掌櫃/高海鵬  
趙白石/任重 
何雲福/李偉 










【第3話】
惇親王の次男に仕える杜明礼は呉家東院を陥れるため沈家に近づき、膏薬の入札で沈家がどんな値を出そうと呉家に落札させるよう北京に文を出すよう命じる。落札結果が出れば沈家の不満はさらに募り将来利用できると査坤に話す。
杜明礼は沈家を訪れた帰り道、古月薬材店当主 胡志存の娘 胡詠梅を見かけ馬車を止めさせる。
呉家別院。胡詠梅は呉蔚文の妻 鄭氏を訪ねる。そこへ呉家長男 呉聘が来て胡詠梅の書いた軸の字を批評し、胡詠梅はその軸を呉聘に贈る。鄭氏は2人が互いに気遣う様子を微笑ましく眺める。
周瑩は学徒房に通う王世均に養父 周老四に二日待てと伝言を頼むが、周老四は何日も前に何の伝言も残さず去ったと言われる。周瑩は行き場がなくなり学徒房の生徒になりたいと呉聘に頼み、商いを学ぶと言う。しかし呉聘に女では無理。前例がないと断られる。
沈家次男 沈星移は周瑩を取り戻すため、呉家東院の前で天石と天玉に見張りを続けさせる。
呉家東院。周瑩は下働きをしながら学徒房の外で漏れてくる声を盗み聞く。周瑩は下働きをするがまともに仕事をこなせず、厨房 薪小屋 洗い場も断られ呉聘は周瑩を学徒房の侍女にする。
周瑩は学徒達の宿題を手伝い銭を稼ぎ、文先生は学徒房の風紀が乱れると呉家東院当主 呉蔚文に訴える。数日で数百文も稼いだ。実に金を稼ぐのが上手いと話し、呉蔚文は周瑩に興味を持つ。
官府の膏薬入札締め切り日に楊之渙呉蔚文に値をどうするか聞きに来る。値を下げられるかと呉聘が聞くが、楊之渙は材料の血竭が高く無理だと答える。周瑩が杜鵑花の葉で代用すれば?効果は血竭と同じだしタダと口を挟む。もし代用できれば沈家より1割安くなり利益も見込めるが、血竭を使うのが条件だった。膏薬にすればバレないと周瑩は言い、呉蔚文の怒りを買う。呉蔚文は落札出来なくとも偽造はできんと言う。
学徒房。呉蔚文は周瑩に「私は三硬の商人と異名を取るが意味が分かるか?」と聞き、人も品物も信用も堅いから。呉家東院が繁盛したのは誠と信のおかげだと言い、周瑩に誠と信について話す。そして血竭を杜鵑花で代用し効果は同じでも捏造。私が最も嫌う事。呉家東院の者は家職 番頭であれ使用人であれ「語らず 騙さず 偽らず」の掟を守らねばならないと話し、周瑩を生徒にする事を認める。
沈家。膏薬が呉家東院に落札され、沈家長男 沈月生は不正な入札だと怒る。沈家当主 沈四海は我らにも後ろ盾があればと言う。
呉家東院。呉蔚文と呉聘は沈家より高値で入札できた事に驚く。呉聘は沈家と手を組んで利益の半分を譲り、敵を減らせば割に合うと言う。
沈家。呉聘は沈月生に大した儲けも出ないのに両家に溝ができれば割に合わないと手を組む事を提案し、月生は承諾する。そして2人は酒を飲む。月生は品を納める際 我らの屋号も使いたいと呉聘に話すが、注文を受けたのは呉家東院と断られるが、周瑩を呉家東院に譲る事で承諾する。
学徒房。周瑩は計算の速さを江福と競う。
そして呉聘から沈家と話をつけたと周瑩は言われるが、直ぐ周老四を捜しに行かず学徒房で学ぶ事に決める。
沈家。星移は周瑩を呉家東院にくれてやった事に腹をたてる。









【第4話】
沈家。沈星移は周瑩の身売り証文を探す。沈四海は膏薬の件で手を組もうと呉聘から提案された事を聞き、何かの陰謀では?陰謀でなければ呉蔚文は策士。官府と結託して落札し老舗の力を誇示。注文の半分を我らに譲る事で恩を着せ、沈家を心服させるためと沈月生に話す。月生は呉聘の話も一理ある。沈家の屋号が戸部に認知されれば次の入札に期待が持てる。呉聘は例の侍女と引き換えで了承したと話す。
古月薬材店。呉蔚文は古月薬材店当主 胡志存と受注を受けた金創膏について話す。そして呉蔚文は胡志存の娘 胡詠梅を息子の嫁にと相談し、半年後に婚礼を挙げる事に決める。
仁寿堂。沈家の膏薬と胡家の薬材が届き、佟番頭が検品する。東院では呉聘と胡詠梅の婚礼の準備が進められ周瑩は春杏から両家と胡詠梅の話を聞く。詠梅の書いた詩を字の読めない春杏に周瑩が読んであげている所へ呉聘が来る。周瑩は呉聘に祝いを述べ、残念ながら私は三月後には学業を終えここを出るから見届けられないと話す。呉聘はずば抜けて優秀だと聞いている。残って見習いをしては?上手くいけば番頭になれると周瑩に言うが、周瑩は兄を探しその後は商いをして金を貯めて行きたい所へ行きますと返す。
呉聘は周瑩が詠梅の書を乱雑すぎて目眩がすると言ったのを思い出し春杏に外すよう言う。
膏薬に問題が起き、仁寿堂へ呉聘は呼ばれる。膏薬を調べている所へ楊之渙が慌てて来て「偽造した疑いで調査するよう勅命が下りました」何者かが密奏したと報告する。今回、半分は沈家が製造し、検品したが一部。沈家の値は原価より低いと呉蔚文は沈家の製造した膏薬を疑う。
沈家。沈四海は品を検品し問題なかったと報告を受け、呉蔚文の陰謀だと考える。軍需品を偽造した罪は軽くて流刑。重ければ死罪となり財産没収だと沈四海は月生に話す。月生は奴らの不正を暴くため証拠を見つけると言う。軽率な行動はとるなと沈四海は止めるが、月生は密かに屋敷を抜け出す。
呉家東院。呉聘は明日到着する欽差大臣の質問に答えられるよう準備に追われ、蔵を確認しに行くと月生が死んでいた。
涇陽県令 趙白石が現場を検分し、沈四海は知らせを聞き仁寿堂へ駆けつける。呉蔚文は下手人の逮捕に全力を尽くすと話すが沈四海は息子殺したのはお前らだ。奴が下手人だと言う。呉聘は役所へ連行される。
趙白石は月生の検視に立ち会う。検視官は初めて見る傷痕だと趙白石に見せる。
仁寿堂。呉蔚文は楊之渙と蔵を調べ、中身が松脂を染めた物とすり替えられている袋に気づく。呉蔚文は欽差大臣が到着する前に始末を。月生の死と関係があると言う。
趙白石は見落としがないか仁寿堂周辺を密かに調べている時、楊之渙がすり替えられた袋を持ち出す所を目にし後をつける。
呉家東院。鄭氏は呉聘が濡れ衣を着せられると案じている時、呉聘が帰って来る。呉蔚文は欽差大臣到着前に偽物に気づき、ある場所へ隠したため難を逃れられたが、誰かが我らを陥れようとしていると話す。呉聘は下手人を探すため情報を集める事にする。
県令府。沈四海は呉聘を釈放した趙白石に不服を申し立てる。趙白石は月生が蔵に忍び込み泥棒と間違えて誤殺したと呉家は言い逃れする事もできた。朝まで死体を放置する必要はないと言う。沈四海は趙殿は呉家を庇うのですか?と声を荒げる。趙白石は確かに呉家が白とは言い難いが沈月生の死は不可解な点が多すぎるゆえ黒とも断言出来ないのだと返す。
沈四海は呉蔚文はいくら出しました?その倍払うので公正なお裁きをと頼む。趙白石は怒り、判決が不満なら知府にでも上訴すればいい。私は金で動く人間ではない。地位は高くないが名誉を汚せばただではおかぬと沈四海を下がらせる。
呉家東院。周瑩が春杏と話している所へ呉聘が来る。此度の件を周瑩が心配すると呉聘は大丈夫と返し、まだ身売り証文を沈家から渡されておらず両家に溝ができ侍女を返せと騒ぎ立てるやも。すぐここを去るべきだと言う。周瑩は馬車を用意し、帳場から110文受け取り10両は旅費に。残りは商いの元金に。東院の薬材や茯茶も準備させるとまで呉聘に言われ、周瑩は呉聘を騙していた自分が許せなくなり嘘をついていたと話す。



ーつづくー




にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村







posted by LINA at 19:30| 月に咲く花の如く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ー只今整理中ー ー只今整理中ー

ブログ内 作成中
韓国ドラマ 一覧 こちら                                     
各話  「ハベクの新婦」                                        
✳︎中国・台湾ドラマ一覧こちら                            
各話「花千骨」「旋風少女」「旋風少女 2」 「シンデレラはオンライン中! 」「四大名捕」  「あの星空。あの海。」「三国志〜趙雲伝〜」「諍い女たちの後宮」「王女未央」「皇貴妃の宮廷」「孤高の花」「麗姫と始皇帝」「恋はドキドキ!」「飛魚高校生」ほか